Googleタグマネージャを導入しないほうがいいサイト

Googleタグマネージャは非常に便利で、一つのタグで、すべてのタグを管理できるのでできればすべてのサイトに導入できたらいいですよね。

でも、ある条件のサイトでは、逆に導入しないほうがいいサイトも少なからずあります。

次のようなサイトは、導入しないほうが懸命かもしれません。

『静的サイトですでに大規模なサイトとして育っていてページ数が大量にあるサイト』

例えば、WordPressのような、動的なサイトはヘッダーというフォルダにGoogleタグマネージャを記述することですべてのページにそのタグを反映させることができます。

これは、WordPressがテンプレート階層という仕組みでできているからです。

しかし、一昔前のWebサイトの主流は、静的サイト。

いわゆる、HTMLとCSSだけで記述されたサイトが多く見られました。

このようなサイトは、HTMLやCSSの知識がある専門家が専門的なコードを打ち込んで作るサイトでした。

このようなHTMLで作られたサイトは、すべてのページにGoogleアナリティクスのタグを入れ込んでいます。

100ページのサイトであれば、100ページ分のタグが差し込まれているわけですね。

そうなると、このタグをすべてGoogleタグマネージャのタグに入れ替える作業が必要になります。

100ページぐらいならなんとかがんばればできそうですが、これがもし500ページともなると、途方も無い作業に追われることになります。

だから、もし、このような条件に当てはまるサイトをすでに運営しているのであれば、わざわざタグマネージャのタグを差し替える作業は、かえって、逆効果になる可能性があります。

もし、GoogleアナリティクスのタグだけをGoogleタグマネージャで管理するだけであれば、わざわざタグの差し替えは必要ありません。

今後Googleアドワーズ広告やYahoo!広告などをガンガン使うということであれば、差し替えたほうが、長期的にみても楽かもしれません。

だから、自分の今後のサイト運用のプランと、今の現状を踏まえて、Googleタグマネージャの導入を決めるといいでしょう。

サイトリニューアルの時や、サイトを新規開設の時が一番おすすめです。

ということで、Googleタグマネージャのタグを差し替えるときは、ご注意を!

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

The following two tabs change content below.

山田 どうそん

現在「電子書籍出版株式会社」というグループ会社の代表をするとともに、個人事業として「トリガーマインド」を運営しています。 法人では電子書籍の出版代行やプロダクトローンチの企画運営、メディア制作代行、などを行っています。「トリガーマインド」は個人向けの教育事業を中心として展開しており個人の方がネットから低資金で集客できるようなノウハウを提供しています。 他には仮想通貨の自動売買の販売。仮想通貨の情報配信なども行っています。

【WordPressの最適な初期設定をすべて解説した動画78個を今だけ無料プレゼント】

 

 

あなたがもしこれからWordPressをはじめようとしているならこのプレゼントをぜひお受け取りください。

 

最初の初期設定を間違えてしまうと、あとから変更することができず、せっかくのWordPressの効果を最大限に活かすことができなくなってしまいます。

 

「長時間かけて作ったブログがあとから間違っていてすべて作り直し」

 

なんてことにならないために、このプレゼントを受け取って正しい設定をしてからスタートしてください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現在「電子書籍出版株式会社」というグループ会社の代表をするとともに、個人事業として「トリガーマインド」を運営しています。 法人では電子書籍の出版代行やプロダクトローンチの企画運営、メディア制作代行、などを行っています。「トリガーマインド」は個人向けの教育事業を中心として展開しており個人の方がネットから低資金で集客できるようなノウハウを提供しています。 他には仮想通貨の自動売買の販売。仮想通貨の情報配信なども行っています。