Googleアナリティクスのピポット機能を使ってより細かい軸で分析する

サイト改善のコツとして、より集客できていてパフォーマンスの高いページにリソースをさくことは、サイト全体を向上させるうえで重要な考え方です。

その時に、より細かい軸でページを分析できるGoogleアナリティクスのピポット機能がおすすめです。

「レポート」>「集客」>「すべてのトラフィック」>「参照元/メディア」で、まずは、水色枠のセカンダリディメンションを「ランディングページ」に設定してください。

pipot

そして、赤枠部分のピポット機能をクリックし、黄色枠をユーザータイプにします。

すると、参照元メディアとランディングページと新規ユーザー、リピートユーザーをひと目で表示できました。

これを使えば、どのページに新規客が多く来ているのかわかりますし、どこから来ているのかもわかります。

こうやって、分析の軸を増やすことで、違った視点でサイトを見ることができます。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

The following two tabs change content below.

山田 どうそん

現在「電子書籍出版株式会社」というグループ会社の代表をするとともに、個人事業として「トリガーマインド」を運営しています。 法人では電子書籍の出版代行やプロダクトローンチの企画運営、メディア制作代行、などを行っています。「トリガーマインド」は個人向けの教育事業を中心として展開しており個人の方がネットから低資金で集客できるようなノウハウを提供しています。 他には仮想通貨の自動売買の販売。仮想通貨の情報配信なども行っています。

【WordPressの最適な初期設定をすべて解説した動画78個を今だけ無料プレゼント】

 

 

あなたがもしこれからWordPressをはじめようとしているならこのプレゼントをぜひお受け取りください。

 

最初の初期設定を間違えてしまうと、あとから変更することができず、せっかくのWordPressの効果を最大限に活かすことができなくなってしまいます。

 

「長時間かけて作ったブログがあとから間違っていてすべて作り直し」

 

なんてことにならないために、このプレゼントを受け取って正しい設定をしてからスタートしてください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現在「電子書籍出版株式会社」というグループ会社の代表をするとともに、個人事業として「トリガーマインド」を運営しています。 法人では電子書籍の出版代行やプロダクトローンチの企画運営、メディア制作代行、などを行っています。「トリガーマインド」は個人向けの教育事業を中心として展開しており個人の方がネットから低資金で集客できるようなノウハウを提供しています。 他には仮想通貨の自動売買の販売。仮想通貨の情報配信なども行っています。