WordPressプラグイン

WordPress投稿一覧から投稿状況を簡単に変更できる「Admin Management Xtended」の使い方

WordPressの投稿一覧ページから、カテゴリーやタグなどの投稿状況を簡単に変更できたら便利ですよね。一気にカテゴリやタグなどの投稿状況を変えるのに非常に便利なプラグインです。

説明する必要がないくらい簡単に利用できるのですが、簡単に説明したいと思います。

プラグインの特徴

  • 好きな投稿をトップに固定しておくことができる
  • 投稿一覧画面から簡単に編集が可能
  • 公開日やスラッグ、コメント受け付けの有無なども簡単に変更できる

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできるしWordPress内で「Admin Management Xtended」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「2.4.0.1」。

Admin Management Xtended
Developer: wpseek
Price: Free

プラグインの使い方

このプラグインは非常にシンプルなので、簡単に使うことができます。

投稿一覧ページを表示すると、下図の赤枠の部分が追加で表示されます。

amx-1

左から順番に、

  1. アカウントの切り替え
  2. カテゴリの変更
  3. タグの変更

これらを簡単に変更することができます。

一番右の「アクション」という部分の赤枠は、左から順番に、

  1. 投稿の公開の有無
  2. 記事をトップの一番上に固定
  3. 公開日の変更
  4. スラッグ名の変更
  5. コメント許可の有無

これを簡単に変更することができます。

このなかで、特に注目の機能は、「2」の部分の「記事をトップの一番上に固定」できる機能です。

普通は投稿すると、時系列で記事が順番に表示されますが、特に読ませたい記事などをトップの一番上に固定しておくことができます。

使ってみた感想のまとめ

クイック編集よりもさらにすばやく簡単にタイトルやカテゴリを編集できるのが便利です。

入れていて損はないと思うのでより効率化を図りたい人はいいと思います。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. ページの目次を自動生成してくれるWordPressプラグイン「T…
  2. WordPressログインページのセキュリティ強化ができる「Si…
  3. 記事の上下にプロフィールを設置できるプラグイン「Fancier …
  4. 自動でリンク先にリンクボタンや新しいタブを開く設定が追加できる「…
  5. 投稿や固定ページの管理画面一覧を自由にカスタマイズできるプラグイ…
  6. サイト表示速度改善のために画像圧縮できる「EWWW Image …
  7. ありえないほど簡単にコンテンツスライダーが作成できるプラグイン「…
  8. WordPressの記事投稿タイプを後から自由に変更できるプラグ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter

Facebookページ

Googleブランドページ

PAGE TOP