WordPressプラグイン

WordPressウィジェットをビジュアルエディタでカスタマイズできる「Black Studio TinyMCE Widget」の使い方

WordPressのウィジェットをビジュアルエディタで簡単に操作できると便利だなと思ったことはありませんか?

普通の状態だと、HTMLを入力しないと改行などもできないので、全くHTML&CSSがわからない人には困ってしまいます。

しかし、このプラグインを使えばウィジェットでブログ記事を書くのと同じようにビジュアルエディタで文章や画像を挿入できるようになります。

プラグインの特徴

  • サイドバーを作成するウィジェットをビジュアルエディタで操作できる

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできるしWordPress内で「Black Studio TinyMCE Widget」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「2.2.10」。

Black Studio TinyMCE Widget
Developer: various
Price: Free

プラグインの使い方

このプラグインは、インストールして有効化すると簡単に利用できます。

「外観」>「ウィジェット」に移動すると次のように「ビジュアルエディター」と表示されているので、ドラッグアンドドロップで差しこむだけです。

bstw-plug1

すると、次のようにビジュアルエディタでサイドバーウィジェットに書き込みや画像の挿入が簡単に行えるようになります。

bstw-plug2

まとめ

サイドバーに自分のプロフィールなどを書き込む際に、このプラグインがあると便利です。

これがないと、わざわざHTMLを打ち込んで改行したり、pタグを挿入したりする必要があります。

このプラグインがあれば、ビジュアルエディタでウィジェットに装飾ができるので、ぜひ利用してみてください。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. メディアのギャラリーを拡張できるプラグイン「BNE Galler…
  2. レスポンシブデザインに対応したLightboxプラグイン「Res…
  3. WordPressで記事投稿テンプレートを作れる「TinyMCE…
  4. サイトの読み込み状況を視覚的に表示できるプログレスバープラグイン…
  5. 長文の記事をアコーディオン表示にして折りたためるプラグイン「Co…
  6. 記事の文章やURLを一括置換できるWordPressプラグイン「…
  7. サイドバーのウィジェットをスクロール移動(フローティング)できる…
  8. ログインフォームのページURLを簡単に変更できるプラグイン「WP…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter

Facebookページ

Googleブランドページ

PAGE TOP