WordPressプラグイン

「Browser Shots」を使ってWebサイトのキャプチャ画像を自動生成するとキュレーション記事が作りやすい

他のサイトを紹介したい時に、普通はそのサイトのキャプチャ画像を撮影して、Photoshopでリサイズして、サイトに貼り付けて、、、という結構な手間暇をかけて作業しますよね。

正直たいへんです。でも、今日紹介するプラグインは、動的に自動でウェブサイトのキャプチャ画像を生成してくれる優れものです。

コレを使えば、ブログ更新のスピードも格段にアップします。

プラグインの特徴

  • 紹介したいウェブサイトのキャプチャ画像を自動生成してくれる

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできますしWordPress内で「Browser Shots」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「1.5.1」。

Browser Shots
Developer: various
Price: Free

プラグインの使い方

管理画面の場所

プラグインをインストールするだけで「記事投稿」からすぐに利用できるようになります。

browsershors1

プラグインの設定

ビジュアルエディターから、上の赤枠で囲んだアイコンをクリックすると次のような画面が開きます。

brlwsersnlrs2

Image Url:キャプチャ画像を取得したいサイトのURL

Image Link Url(optional);リンク先のURL

Image Width:画像の横幅

Image Height:画像の高さ

Image Caption:画像キャプション

Image Alt Text:画像のAltワード

Open Link in new Window?:チェックを入れるとリンクをクリックした時新しいタブで開きます

この状態で「OK」をクリックするとショートコードが生成されます。

browsershors3

すると、次のようにGoogleのキャプチャ画像を自動で取得してくれます。

browsershors4

 

使ってみた感想のまとめ

これを使うと、動的にキャプチャ画像を生成してくれるので、サーバーへの負担も軽減できますね。

ただ、jQueryなどで作られた動きのあるサイトでは自動生成してくれない場合もあるようなので、その場合は臨機応変に利用してください。

 

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. 短縮URLを生成してリンクのクリック数を計測できるWordPre…
  2. WordPressアクセス解析が簡単に設定できる「Jetpack…
  3. フォトギャラリーをサクッと作れるWordPressプラグイン「P…
  4. サイト表示速度改善のために画像圧縮できる「EWWW Image …
  5. WordPressの記事をIllustratorのように直感的に…
  6. 管理画面の配色や背景を自由に変更できるWordPressプラグイ…
  7. WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「Wor…
  8. WordPressにPush7の購読ボタンをショートコードで簡単…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

LPテンプレートColorful(カラフル)をおすすめする9つの理由

この記事では、LPを簡単に作ることができるLPテンプレートColorful(カラフル)がどんな人にお…

WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter でフォロー

PAGE TOP