【ビジネス心理学#14】アイブローフラッシュについて



【 最新の更新日は 2022年2月27日 です】

今回のビジネス心理学のテーマは「アイブロウフラッシュ」について記事にしたいと思います。

初めて耳にする方が多いのではないでしょうか。

これは初対面で活用できるテクニックです。

この記事を読んでいるあなたも、初対面の印象はとても大事であるということは聞いたことあると思います。

有名なのはメラビアンの法則といって、人は初対面でその人の印象を一瞬で決めてしまうというもので、初対面で会った瞬間の印象を取るのはすごく大変だとも言われています。

例えば、ボロボロの服を着ていたり、ボサボサの髪型で人に会い「この人は不潔だ…」という印象を与えてしまうと、その印象を取るのは非常に大変であるということです。

そのくらい初対面の印象は大事なんです。

その際に使えるテクニックとして活用できるのがアイブロウフラッシュというテクニックです。

アイブロウフラッシュについて

簡単にお伝えすると、会った時に目を開き、眉毛を上げるというテクニックです。

これによって初対面の人が良い印象を受けてくれます。

人は会った時にその人の雰囲気やいろんな要素でその人の印象が決まると思うのですが、分かりやすい人というのは少ないんです。

上記で例に挙げたボロボロの服を着ていたりボサボサの髪をしている人を見るとすぐに「この人は不潔である」と分かるかと思いますが、大体世の中でそこまであからさまな人はいません。

では、どこで判断しているのかというと、ちょっとしたところでその人の印象を決めているんです。

顔の表情や話し方、服装、立ち振る舞いなど細かい部分でその人の印象を決めています。

初めて会った時に笑顔ができれば良いのですが、笑顔が苦手な人はいると思います。

僕もあまり得意ではありません。

そういう人にもおすすめなテクニックで、話しているときに眉毛を上げるだけでプラスの印象を与えることができます。

好印象を与えるために

日本人というのは目元で相手の印象を判断していると言われています。

逆に米国人は口元で相手の印象を判断していると言われています。

このことから、あなたが日本人に対して好印象を与えたい場合は、話をしている際に眉毛を上げて話すことによってプラスの印象を与えることができるんです。

不自然な活用は注意していただきたいので、苦手な方は鏡の前で練習してみて下さい。

これで好印象を与えられるのであれば、やらない手はないですよね。

また、このテクニックは営業でも、恋愛でも活用できます。

相手と話す際に目を開くように眉毛を上げることを意識してみて下さい。

笑うという動作も口を開く動作であるように、表情を開くという動作は相手に良い印象を与えることができます。

例えば、すごく暗くて表情を閉じてしまうと、口をすぼめるという言葉があるように、心を閉じるマイナスな印象を与えてしまいます。

基本的に腕組みというのも心理的にブロックという印象を与えてしまいます。

最後に

もしあなたが、営業など初対面で良い印象を与えられなかったり、見た目の顔が生まれつき怖いという人も、上記のようなことを意識するだけで、プラスの印象を与えられる率が上がると思います。

髪型や洋服などは変えられますが、見た目が怖い印象を与えがちの人もいると思います。

僕もそのようなタイプなんですが、そんな方に非常におすすめなテクニックです。

これはすぐに活用できると思いますのでぜひ実践で活用してみて下さい。

ABOUT US
山田 どうそん
Udemy受講生2万人以上の自動化マーケティング講師。ビジネスはオンラインで完全に自動化させることが最も重要だと思っている。偽の自動化ではなく本物の自動化しか興味がない。Udemy→海外ツールを使ったマーケティングファネル→サブスク。自動化にはこの3つのスキルが重要でそれ以外のスキルは不要。何より優先すべきは時間。