Googleアナリティクスの設定

Googleアナリティクスのチャネルグループを設定して流入元のラベルを最適化する

channel-g0

この記事ではGoogleアナリティクスを使ってどこから自分のサイトにアクセスがあったのかを知ることができるチャネルグループの使い方について解説します。

自分独自でチャネルグループを作成することも可能です。

チャネルとは?

「チャネル」というのは、ユーザーの流入元(サイトへの訪問手段)をいちばん大きな粒度で分類した単位になります。

この言葉は、アクセス解析の分野でよく使われる言葉なので覚えておくと良いでしょう。

Googleアナリティクスには、標準で「Default Channel Grouping」というチャネルグループが設定されています。

流入元によって、8種類のチャネルに分類されます。

次の8つがデフォルトで設定されているチャネルグループです。

  • Organic Search:検索エンジンからの流入
  • Direct:URLを直接入力、メール内URLなどリンクを経由しない直接的な流入
  • Referral:リンクからの流入
  • (Other):Google アナリティクスでうまく分類できなかった流入
  • Social:ソーシャルメディアからの流入
  • Email:メールマガジンからの流入
  • Paid Search:検索連動型広告からの流入
  • Display:ディスプレイ広告からの流入

※このうちPaid Search、Display、Emailはカスタムキャンペーンの設定を行わないと表示されない。

レポートの、「集客」>「すべてのトラフィック」>「チャネル」がありますので、そちらを見るとどのチャネルからどのぐらいの流入があるのかを見ることができます。

チャネルグループを自社サイト用にカスタマイズする

例えば、上記8つの条件をさらにわかりやすく、流入元を調べたい場合があると思います。

  • ブランドワードを含む自然検索のトラフィック
  • 自社が運営している他のサイトからの参照トラフィック
  • 特定キャンペーンのメルマガからのトラフィック
  • ヤフープロモーション広告からだけのリスティング広告のトラフィック

このように、自社向けによりわかりやすい、チャネルグループ設定ができれば、どこから集客できているかがより具体的になります。

それでは、チャネルグループを実際に作ってみましょう。

「アナリティクス設定」>「ビュー」>「チャネル設定」>「チャネルグループ」に進みます。

すると、標準のチャネルがすでに設定されています。

ゼロから新しくチャネルを作るのは大変なので、標準のチャネルグループをコピーして、自分用にカスタマイズします。

channel-g1

次に、チャネルグループを作りますが、ここでは、ブランド名を含むオーガニック検索をされた時のチャネルグループを設定したいと思います。

仮にブランド名を「ユニクロン」という洋服のブランド名だとして設定するやり方を解説します。

channel-g2

「新しいチャネルを定義」をクリックすると、このように展開されます。

チャネルの名前にブランド名の「ユニクロン」を入力します。

次に、キーワードで、「システム定義チャネル」をクリックしてください。

値に「オーガニック検索」を選択します。

次は、右側にある、「AND」をクリックして、「クエリタイプ」「ブランド」と設定します。

上図のように設定して、完了をクリックしてください。

しかし、このままでは、ブランド名がまだ設定されていないので、ブランド設定を行う必要があります。

「アナリティクス設定」>「ビュー」>「チャネル設定」>「ブランドキーワードを管理」をクリックします。

channel-g3

このように、ブランド名を入力して、「ブランドキーワードを追加」をします。

もし、登録したいブランドキーワードが複数ある場合は、改行で区切って設定します。

こうすることで、「アクティブなブランドキーワード」に設定されて、もし、ここで設定されたキーワードで検索された場合、チャネルグループでアクセスの推移が表示されることになります。

プライベートチャネルグループからグループを作成

チャネルグループには、プライベートチャネルグループというのもあります。

「アナリティクス設定」>「ビュー」>「プライベートチャネルグループ」というのがあります。

普通のチャネルグループとプライベートチャネルグループの違いは、普通のチャネルグループでは、Googleアナリティクスのユーザー全員が利用できますが、プライベートチャネルグループは、作成したユーザー本人だけしか利用できません。

こちらの設定も基本的には同じですが、デフォルト設定されているものがないので、ゼロから自分で作成する形になります。

まとめ

チャネルグループは、ある程度サイトが育ってきて、いろいろな流入元が増えてきたら設定していくと、より細かな解析ができて、サイト向上の手助けになるでしょう。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. ga-setting-place グーグルアナリティクス設置場所
  2. converjon Googleアナリティクスでコンバージョンの設定をする
  3. view-0 Googleアナリティクスのビューを効果的に活用して解析の幅を広…
  4. cg-0 Googleアナリティクスのコンテンツグループを設定して情報を分…
  5. ga-japan Googleアナリティクスに日本の検索エンジンを追加してキーワー…
  6. tagassistant-0 Googleアナリティクスのトラッキングコードが適切に動作するか…
  7. cd-0 Googleタグマネージャでカスタムディメンションとカスタム指標…
  8. ga-gtm WordPressにGoogleアナリティクスとGoogleタグ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

colorful0 LPテンプレートColorful(カラフル)をおすすめする9つの理由

この記事では、LPを簡単に作ることができるLPテンプレートColorful(カラフル)がどんな人にお…

gtmwp0 WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

push-auto WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

cta WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

pc-weak-like パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter でフォロー

PAGE TOP