詳細なキーワード検索ボリュームをリサーチできるキーワードツールKeyword Toolがおすすめ

クラウドサービス

@どうそんです。

オウンドメディア制作やYouTubeコンテンツ制作をするときに欠かせないのは、キーワードツールで狙ったキーワードが市場でどのぐらい検索されているかということ。

以前は、Googleキーワードプランナーを使っていましたが、Google広告を出さない人はざっくりとしたキーワード検索数しか調べられなくなりました。

たしかに、全く情報がないよりはいいのですが、あまりにざっくりしすぎて、もっと細かいデータを見たいときには困ってしまいます。

そこで、今回ご紹介したいのが、言葉そのまま「Keyword Tool」というキーワード検索サービス。

Google検索のキーワードだけではなく、YouTubeやAmazon内での検索数まで詳細にリサーチしてくれます。

非常にすぐれもののツールです。

有料サービスを利用するとここまで細かく調べられる

このサービスは、無料でも使えますが、しっかりと細かいデータまで調べたいのであれば有料にすることをおすすめします。

有料にすると次のように細かいデータを調べることができます。

これは、YouTubeで検索されている検索キーワードのデータです。

複合キーワードと検索キーワードの検索ボリュームを細かく出してくれています。

その他にもトレンドも同時に出してくれるので、前月からどのぐらいそのキーワードが伸びているか、減っているかも同時に調べることができます。

4つのコースがあって、一番安いコースは月額68ドルで利用できます。

Google、YouTube、Amazon、Bing、eBay、App Storeから検索

このサービスは、これら6つのサイトのキーワードを検索することができます。物販をやっている人はeBayやAmazonのキーワード検索ができると便利ですよね。

それに、Amazonの検索ボリュームがわかると助かるのは、Kindleで本を出版するときに参考になります。

Amazon内でどのぐらいキーワードが検索されてるのかを調べることができるので、市場でニーズのない本を出さなくてすみます。

これほど多くのサイトの情報を細かいボリュームで検索してくれるので、コンテンツづくりの参考になります。

Googleキーワードプランナーと併用

細かい粒度のキーワードを検索するときは、やはりGoogleキーワードプランナーが最もおすすめです。

僕は、まずはGoogleキーワードプランナーである複合キーワードを絞ってから、このKeyword Toolで一個一個細かく市場のニーズを調べるようにしています。

こうすることで、キーワードの漏れも少なくなりますし、思いもかけないキーワードが世の中で検索されていることも理解することができます。

キーワードを見ていて思うのは、思った以上にYouTubeで検索する人が多いということ。Googleよりも多いキーワードがたくさんあります。

でも、YouTubeは検索されているにもかかわらず、検索されたキーワードの解決策となるコンテンツが非常に少ないんです。

これから、インターネットで集客を考えているのであれば、0からオウンドメディアを作るよりも、YouTubeでコンテンツを作っていったほうが結果が出やすいと思います。

それは、キーワードを調べているとよくわかります。

まとめ

このKeyword Toolは月額ですので、使ってみて、不要になったらすぐにキャンセルすることができます。

まずは、一度使ってみて、それから不要なら解約してもいいと思います。

質の高いキーワードを見つけられるようになれば、ライバルが少ない市場で勝負できます。

ぜひ、おすすめなので、一度試してみてはいかがでしょうか?

それでは。

メルマガ登録限定Udemy全コース無料プレゼント!

Udemyの無料コースと有料コース、全9コースをすべて無料で受講できます。有料コースはすべて無料クーポンを発行しています。メールマガジンに登録するとすべてのコースを無料で受講できます。
↓↓↓↓↓↓↓
https://triggermind.com/mailmagazine-live/

ブログ更新通知を受け取る