ダミー画像を簡単に生成できるクラウドツール「Placehold.jp」

WordPressでサイト制作をしているときに、仮の画像を入れ込んでサイト全体の雰囲気を確認したい時がありますよね。

わざわざPhotoshopを立ち上げて作るのもいいのですが、もっと簡単に作ることができるクラウドツールがあります。

それが、「Placehold.jp」というサイトのサービスです。

とても簡単にダミー画像が作れますよ。

Placehold.jpの使い方

「BASIC」プリセットからダミー画像を作成する

幅、高さを自由に設定して任意の画像サイズを生成することができます。

よく使う正方形

以下のプリセットから選択することができます。

バナーによくあるサイズ

以下のプリセットから選択することができます。

Web制作でよく使うサイズ

以下のプリセットから選択することができます。

「Advanced」ダミー画像を装飾する

幅、高さを任意の設定にできると同時に、以下の設定も可能です。

  • 画像フォーマットを選択できる
  • 文字サイズを設定できる
  • 文字色、背景色を設定できる
  • 任意のテキストを挿入できる
  • CSSで自由な装飾ができる

こんな風に自由な装飾が可能です。

「URL」で直接打ち込んで画像を変更できる

このように、URLに直接テキストを打ち込むことでもダミー画像を作成することができます。

サイトページ内に詳細が書いてあるので参考にしてください。

「Example」で使用例を確認

こちらはダミー画像の使用例を確認することができます。

まとめ

簡易的なダミー画像やダミーバナーを即座に作ることができるサービスです。

画像サイズが自動で挿入されるのも非常にありがたいですね。

便利なクラウドツールです。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

The following two tabs change content below.

山田 どうそん

現在「電子書籍出版株式会社」というグループ会社の代表をするとともに、個人事業として「トリガーマインド」を運営しています。 法人では電子書籍の出版代行やプロダクトローンチの企画運営、メディア制作代行、などを行っています。「トリガーマインド」は個人向けの教育事業を中心として展開しており個人の方がネットから低資金で集客できるようなノウハウを提供しています。 他には仮想通貨の自動売買の販売。仮想通貨の情報配信なども行っています。

【WordPressの最適な初期設定をすべて解説した動画78個を今だけ無料プレゼント】

 

 

あなたがもしこれからWordPressをはじめようとしているならこのプレゼントをぜひお受け取りください。

 

最初の初期設定を間違えてしまうと、あとから変更することができず、せっかくのWordPressの効果を最大限に活かすことができなくなってしまいます。

 

「長時間かけて作ったブログがあとから間違っていてすべて作り直し」

 

なんてことにならないために、このプレゼントを受け取って正しい設定をしてからスタートしてください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現在「電子書籍出版株式会社」というグループ会社の代表をするとともに、個人事業として「トリガーマインド」を運営しています。 法人では電子書籍の出版代行やプロダクトローンチの企画運営、メディア制作代行、などを行っています。「トリガーマインド」は個人向けの教育事業を中心として展開しており個人の方がネットから低資金で集客できるようなノウハウを提供しています。 他には仮想通貨の自動売買の販売。仮想通貨の情報配信なども行っています。