Googleアナリティクスの設定

Googleタグマネージャでカスタムディメンションとカスタム指標を設定し自由に情報を取得する

cd-0

アクセス解析をする上でディメンションと指標という言葉はよく利用する言葉なのでその意味合いをしっかりと理解しておくのは大切です。

ここでは独自にディメンションを作成するカスタムディメンションとカスタム指標の設定の仕方について解説します。

カスタムディメンションとカスタム指標とは?

GoogleタグマネージャとGoogleアナリティクスの両方を使って、標準のトラッキングでは計測できない情報を自由に取得することができます。

それは、「カスタムディメンション」と「カスタム指標」を設定することで取得が可能です。

カスタムディメンションは「文字列」を、カスタム指標は「数値」を持たせることができます。

ちょっと、こう言われてもよくわからないと思います。

「ディメンションって何?」「カスタム指標?」となるでしょう。

僕も最初わけがわからなかったです。

わかりやすくいうと、サイトをリサーチする時というのは、

『◯◯について□□したい』

という場合がほとんどです

例えば、

『一番アクセスがあるページのコンバージョン率を知りたい』

こんな感じですね。

では、これをカスタムディメンションとカスタム指標に入れ込むと、

『◯◯は、カスタムディメンションにあたり、□□はカスタム指標』

になります。

こうすると少しわかりやすくなったのではないでしょうか?

これをGoogleアナリティクスのページで説明するともう少しイメージが湧くと思います。

試しに、Googleアナリティクスの「行動」>「サイトコンテンツ」>「すべてのページ」を開いてみてください。

cd-1

赤枠の部分を押すと、URLではなくサイトのページタイトルに切り替わります。

この部分でいくと、緑枠がカスタムディメンションに当たる部分で、青枠が、カスタム指標に当たる部分です。

このGoogleアナリティクスのページは、◯◯(ページタイトル)についての□□(ページビュー数)が知りたいということになるわけです。

Googleアナリティクスには、これらのディメンションや指標が標準で設定されています。

カスタムディメンションの設定というのは、標準で設定されている以外で自分で知りたい任意の情報を取得したい時に設定します。

例えば、会員サイトを運営していて、「ユーザーに会員フラグを持たせたい」などという時です。

そういう時に、これらの設定ができれば、より細かい自分が知りたい情報を取得することができるようになります。

先にGoogleアナリティクスで設定が必要

Googleタグマネージャで設定する前に先にGoogleアナリティクスで基本的な設定を行う必要があります。

「アナリティクス設定」>「プロパティ」>「カスタム定義」を選択すると、カスタムディメンションとカスタム指標のサブメニューが表示されます。

cd-2

では、まずは、カスタムディメンションをクリックしてください。

すると、「新しいカスタムディメンション」というのが出てくるので、そちらをクリックします。

すると次の画面になります。

cd-3

名前の部分には、好きな名前をつけてください。

範囲の部分でそれぞれの値を持たせることができます。

ヒット ページビュー単位で値をもつ
セッション セッション単位で値を保持する
ユーザー セッションを越えて、ユーザー単位で値を保持する
 商品 値は、設定されている商品(拡張 e コマースのみ)に適用される

アクティブはチェックをしておきましょう。

チェックを外すと、カスタムディメンションがアクティブではなくなります。

cd-4

作成をすると、このような画面になります。

赤枠で囲っている数字を覚えておきます。

では、カスタム指標の設定もおこなっていきます。

cd-5

これも、基本的にはディメンションと同じです。

フォーマットタイプで、どの値を見るのかを決めます。

整数なのか通貨なのか時間なのか。

通貨は、Googleアナリティクスで設定してある通貨単位になるので、日本円にしていない場合は、変更が必要です。

その下に、オプションで最大値、最小値がありますが、特に範囲指定が必要でなければ空欄で大丈夫です。

アクティブはチェックを入れておきます。

cd-6

すると、さきほどと同じようになるので、こちらの数字を覚えておきます。

Googleタグマネージャでカスタムディメンションを設定する

では、Googleタグマネージャに戻って、カスタムディメンションの設定をおこないましょう。

cd-7

タグの設定から、「Googleアナリティクス」>「ユニバーサルアナリティクス」>「タグの設定」>「その他の設定」>「カスタムディメンション」をクリックするとこのようになります。

先ほど、自動生成された、「覚えておこう」と言った数字をインデックスの方に、ディメンションには、任意の値を入れます。

こちらで事前に設定してある変数を入れても大丈夫です。

カスタム指標も、基本的にはこの設定と同じです。

このようにして、自分で計測したい任意の値を取得することができます。

まとめ

サイトにアクセスがたくさん集まって、より細かい特定のジャンルを設定して数値を見たい時に利用してみてください。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. ga-crosu Googleタグマネージャでクロスドメインでのトラッキング設定の…
  2. jyogai-0 Googleアナリティクスで自分や関係者のトラフィックを除外する…
  3. ga-gtm WordPressにGoogleアナリティクスとGoogleタグ…
  4. tagassistant-0 Googleアナリティクスのトラッキングコードが適切に動作するか…
  5. channel-g0 Googleアナリティクスのチャネルグループを設定して流入元のラ…
  6. InterestCategory0 Googleアナリティクスのユーザー属性とインタレストカテゴリを…
  7. virtual-0 Googleタグマネージャで仮想URLページビュー計測タグを設定…
  8. gtm-no-want Googleタグマネージャを導入しないほうがいいサイト

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

colorful0 LPテンプレートColorful(カラフル)をおすすめする9つの理由

この記事では、LPを簡単に作ることができるLPテンプレートColorful(カラフル)がどんな人にお…

gtmwp0 WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

push-auto WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

cta WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

pc-weak-like パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter でフォロー

PAGE TOP