WordPressプラグイン

WordPressの過去記事をコピーできる「Duplicate Post」の使い方

duplicate-post

以前に書いた記事と同じようなレイアウトで新しい記事を書きたい時に、前の記事を複製してくれると統一感のある記事更新ができますよね。このプラグインを使えば、前の記事をまるまるコピーして、下書き保存してくれるので、新しい記事も書きやすくなります。

プラグインの特徴

  • 記事をコピーできる
  • コピーの細かい設定ができる
  • 日本語なので使いやすい

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできるしWordPress内で「Duplicate Post」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「2.6」。

Duplicate Post
Developer: Lopo
Price: Free

プラグインの使い方

インストールするとメインサイドメニューの「設定」の中に「Duplicate Post」という項目が表示されます。

dp1

ここをクリックすると、次のようにコピーの設定ができるページが表示されます。全て日本語なので、簡単です。

ここの設定は特にしなくてもデフォルトのままでも問題なく利用できるので、必要な人だけ設定してください。

dp2

ここで設定が終わったら、投稿一覧ページに、「複製」という欄が出ているので、自分の複製したい過去記事から複製できます。

dp3

使ってみた感想のまとめ

このプラグインを導入すれば、もともと書いたフォーマットから記事更新ができるので、更新が楽になります。

いつも同じようなフォーマットで記事を書いていたので、このプラグインを導入してからは記事の更新が楽になりました。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. dnt 動く文章のニュースティッカーを差し込めるプラグイン「Ditty …
  2. lpwls-0 サイトの読み込み状況をパーセント表示できるローディングバープラグ…
  3. external-links リンクにアイコンを付けるWordPressプラグイン「Exter…
  4. push-auto WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイ…
  5. uhe0 画像にホバーエフェクト効果を設定できるプラグイン「Ultimat…
  6. shortcodes-ultimate WordPress記事投稿時にショートコードで装飾が作成できる「…
  7. tcsl0 投稿画面の表示カラム数を自由に変更できるWordPressプラグ…
  8. wp-externallinks 自動でリンク先にリンクボタンや新しいタブを開く設定が追加できる「…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

colorful0 LPテンプレートColorful(カラフル)をおすすめする9つの理由

この記事では、LPを簡単に作ることができるLPテンプレートColorful(カラフル)がどんな人にお…

gtmwp0 WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

push-auto WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

cta WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

pc-weak-like パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter でフォロー

PAGE TOP