WordPressでFacebookの「いいね」ボタンのようなものを挿入できる「DW Reactions」

もし、WordPressにFacebookの「いいね」ボタンのような共有ボタンがあると気軽に反応してくれる人が増えそうですよね。

そんな「あったらいいな」と思えるようなプラグインを発見しました。

プラグイン挿入例

dw-r1

このように気軽に反応をしてもらえるボタンを設置できます。

「はてブ」や「Pocket」をしてもらうのは少しハードルが高いですが、このぐらいなら反応してくれるひとも多そうですよね。

プラグインの特徴

  • Facebookのような共有ボタンを簡単に設置できる

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできるしWordPress内で「DW Reactions」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「1.0.1.3」。

DW Reactions
DW Reactions
Developer: DesignWall
Price: Free

プラグインの使い方

管理画面の場所

プラグインをインストールするとメインサイドメニューの「設定」>「Rections」という項目が表示されます。

dw-r2

プラグインの設定

このプラグインの使い方は大きく2つあります。

自動的に設定するする方法と、PHPのコードを差し込んで手動で設定する方法です。

ここでは、より簡単な自動的に設定する方法について解説します。

dw-r3

こちらで自動挿入に関する設定を行います。

初期設定では、すべてにチェックが入っています。

それでは、上から順番に一つずつ見ていきましょう。

1. Automatically display on the content of each post(自動的に各記事の内容を表示する設定)

Show reactions button

ボタンの表示非表示を切り替えます。ここのチェックを外すとボタンが表示されなくなります。

Show reactions count

ボタンがどのぐらいクリックされたかの表示非表示を切り替えます。ここのチェックを外すと反応数が表示されなくなります。

Users must be registered and logged in to add reaction

ここにチェックが入っているとログインしているユーザーしかボタン表示されなくなります。より多くの反応を取りたいのであればチェックは外しておきましょう。

Positions

Show the reactions button above the post content

ここにチェックが入っていると記事の上部に反応ボタンが表示されます。

Show the reactions button below the post content

ここにチェックが入っていると記事の下部に反応ボタンが表示されます。

Pages

Show on Homepage

ここにチェックが入っているとトップページに反応ボタンが表示されます。チェックを外すと非表示になります。

Show on Archive pages

ここにチェックが入っているとアーカイブページに反応ボタンが表示されます。チェックを外すと非表示になります。

Show on all Posts

ここにチェックが入っているとすべての投稿ページに反応ボタンが表示されます。チェックを外すと非表示になります。

Show on all Pages

ここにチェックが入っているとすべての固定ページに反応ボタンが表示されます。チェックを外すと非表示になります。

使ってみた感想のまとめ

WordPressはFacebookなどと違ってよほどいい記事を書かないと反応を得るのは難しいですよね。

特に初期のころはアクセスも集まりづらいですから、何も反応がないとモチベーションも続きにくくなります。

でも、このプラグインならFacebookのように気軽に反応を得られやすいですから、モチベーション維持にも役立ちそうですね。

特に難しいことは必要なくて、すごく簡単に設定できますよ。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう