【Kindle出版しました】文章が苦手な人でもWordPressブログで無料集客してビジネスを安定させられる5ステップ

電子書籍

@どうそんです。

文章がめちゃくちゃ苦手だった僕が、WordPressブログでアクセスを集められるようになった最も重要なことについてまとめた電子書籍を出版しました。

内容としては誰でもできるような当たり前のことを書いてるんですけど、実は多くの人が陥りやすい罠について書いていて、それを知って実践するだけで書けるようになるというそれほど難しくない内容になっています。

僕は文章を書くのがめちゃくちゃ苦手です。今ではこんな風に文章を書いていますけど、もともとものすごく苦手で、文章を書くのが苦痛で苦痛でしかたありませんでした。

でも、この本で書いている内容を実践したら、今では毎日苦もなく文章をかけるようになりました。そのおかげでWordPressブログをはじめて、アクセスを安定して集められるようになり、定期的に見込み客リストが入るようになりました。

ビジネスをする上で最も重要な集客。その最良の手段としてWordPressがあります。もし、これからビジネスをはじめて収益を安定させたいと考えている方。もしくは、今ビジネスをやっているけど、集客がなかなかうまくできなくてビジネスを安定させられていない方。そんな方には、この本で書いてる内容をぜひ実践してみてください。

どんなに、文章が苦手でも文章力がなくても、WordPressブログで無料集客できるようになります。

本の内容紹介

★文章が苦手な人でもブログを苦もなく書き続けられる

★WordPressブログで無料集客ができるようになる

★専門スキルと知識が身につくアウトプット

ビジネスは集客がすべて。
お金をかけずに集客をするにはWordPressブログが最適です。

でも、WordPressでブログを書こうとしてもすぐに挫折してしまう方がほとんど。
ブログを書こうとしても最初だけですぐに続かなくなってしまいます。
その多くが、「自分は怠け者で3日坊主だから」と自分のせいにしてしまいます。
しかし、実はブログが続かないのはあなたのせいではありません。
あることを知らないから続かないのです。

この秘密を知れば、今まで何をやっても続かなかった人でも継続して物事に取り組むことができるようになります。
意外と知らないブログを書き続けられない理由。
これさえわかれは、あとは行動するだけです。

ぜひ、この本でWordPressブログを継続するメソッドを学んでみてください。

■目次

一章 なぜWordPressブログで無料集客する必要があるのか?

二章 なぜ多くの人がWordPressブログを書き続けられないのか?

三章 苦痛を感じない文章術

四章 WordPressでブログを書き続けた結果

五章 これからの時代稼ぐために必要なたった1つのスキルとは?

まとめ

Kindleアンリミテッドをご利用いただいている方は読み放題で読めますので、ぜひ御覧ください。

文章が苦手な人でもWordPressブログで無料集客してビジネスを安定させられる5ステップはこちら>>>

ブログ更新通知を受け取る



ABOUT US

こんにちは。山田どうそんです。37歳未婚。現在、東京都江東区に住んでいます。出身は佐々木希と同じ、秋田県秋田市。趣味は筋トレで週3回トレーナーをつけてジム通いしています。ビジネスは、コンテンツ制作のコンサルティングを行っています。 もともと、月収15万円の借金だらけ。未来に何一つ希望を持てなかった僕ですが、インターネットのビジネスをしたことで今では値段を気にせず買い物ができるようになりました。そうなれた要因の一つに「コンテンツ制作のスキル」を身につけたことがあります。 なぜ、「コンテンツ制作のスキル」を身に着けたことで稼げるようになったのか?それは、「コンテンツの質」=「集客力」だからです。多くの方がビジネスをはじめて、うまくいかないのは集客ができないからです。集客をするために、Facebookを始めたり、インスタグラムをはじめたり、YouTubeをはじめたり・・・。いろいろ試してみても、思ったようにうまくいかない人が多いのが現状です。 そんな、集客で悩んでいる人のために、どうやってコンテンツ力を上げて集客力を身につけられるのかをコンサルしています。 僕は、ネットビジネスで人生を大きく変えることができました。一生貧乏で一生自分に自信を持てない人生を歩み続けると思っていました。それが、今では上場企業の部長クラスの人よりも稼げるようになり、自分に大きな自信を持てるようになりました。それは、正しい知識を正しく学んでいったからです。ビジネスで集客力を身に着けて自分のビジネスを成功させたいという方のために力になりたいと思っています。 そして、僕は、もっともっと成長して人生を楽しみたいと思っています。