WordPressプラグイン

過去の投稿記事をカレンダー形式で表示できるWordPressプラグイン「Editorial Calendar」

デフォルトの投稿一覧では、1ページ目に最大20記事しか表示できません。

Editorial Calendarを使えば、時系列で一ヶ月分の投稿をひと目で確認することができます。

使い方もいたって簡単です。

プラグインの特徴

  • 過去記事をカレンダー形式で一覧表示できる。

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできますしWordPress内で「Editorial Calendar」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「3.6.2」。

Editorial Calendar
Developer: various
Price: Free

プラグインの使い方

管理画面の場所

「投稿」>「カレンダー」に表示されます。

e-calendar1

プラグインの設定

「カレンダー」をクリックすると次のように一覧表示できます。

e-calendar2

24日に記事を投稿しているので、投稿したタイトルが表示されています。

背景がグレーの部分は、過去の日付です。

白背景は、未来の日付となります。

タイトルにマウスオーバーすると、次のように、「新規追加」「編集」「プレビュー」を選択でき、記事を追加したり編集したりすることが簡単にできます。

e-calendar3

使ってみた感想のまとめ

毎日のように記事を書く人は、過去どのような記事を書いたか一覧できるのでそういう人には便利なプラグインですね。

スクロールで、過去にどんどんさかのぼることができるので、直感的に操作できるという点でもオススメしたいです。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. WordPressアクセス解析が簡単に設定できる「Jetpack…
  2. ページの目次を自動生成してくれるWordPressプラグイン「T…
  3. ページを上に戻すスムーズスクロール機能があるWordPressプ…
  4. 短縮URLを生成してリンクのクリック数を計測できるWordPre…
  5. WordPressの記事をIllustratorのように直感的に…
  6. WordPressで記事投稿テンプレートを作れる「TinyMCE…
  7. アニメーションのカウントダウンタイマーを設置できるWPプラグイン…
  8. WordPressカテゴリー一覧のチェックボックスが移動しないよ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

LPテンプレートColorful(カラフル)をおすすめする9つの理由

この記事では、LPを簡単に作ることができるLPテンプレートColorful(カラフル)がどんな人にお…

WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter でフォロー

PAGE TOP