Googleアナリティクスで自分や関係者のトラフィックを除外する設定

サイト運営をしていると、自分や関係者がなんどもサイトに訪れることになりますよね。

その数字を除外しないと正しい解析ができなくなります。

自分のアクセスや関係者のアクセスを除外する方法がいくつかあるので、そちらについて解説していきます。

IPアドレスで除外する

IPアドレスというのは、どの回線にも割り当てられているネット上の住所のようなものです。

特定の回線からアクセスがあった場合、それらの回線からのアクセスを計測しないように設定ができます。

「アナリティクス設定」>「ビュー」>「フィルタ」を選択して、「フィルタを追加」をクリックしてください。

jyogai-1

まずは、「フィルタ名」を設定して、赤枠部分の「定義済み」から「除外」「IPアドレスからのトラフィック」「等しい」に設定します。

次に、青枠部分に、除外したいIPアドレスを入力します。

自分のIPアドレスを知りたい方は、「IPアドレス」と、Googleで検索するだけで、自分のIPアドレスを表示してくれるサイトがトップに出てくるので、そちらで確認してください。

特に、アクセスが少ないうちは、自分や関係者のトラフィックが数字に与える影響が大きいので、最初からしっかりと設定しておきましょう。

本番環境だけのアクセスを計測する

一般ユーザー向けのサイトとは別に、ベージコンテンツのリニューアルや新しいデザインの確認を目的にしたテスト環境を設置している場合もあると思います。

そういう場合、テスト環境とはいえ、本番環境と同じにしているケースもあるので、トラッキングコードが挿入されていると思います。

でも、その場合、テスト環境を誰かが見ると、その情報もアクセス解析で計測されてしまいますよね。

そういう場合に、特定のホスト名を限定してアクセスが記録されるように設定ができます。

jyogai-2

この場合、赤枠で、「右のみ含む」「ホスト名へのトラフィック」「等しい」に設定し、「ホスト名」を本番環境だけのドメインを入力しましょう。

こうすることで、それ以外のテスト環境へ挿入したトラッキングコードはフィルタで除外されます。

サイトとカテゴリでデフォルトページが違う場合

サイトのトップページは、「index.html」でカテゴリのトップページが「index.php」のように、ディレクトリによってデフォルトのページが異なる場合があります。

これだと、ビューの設定でデフォルト設定したのが「index.html」だとすると、「index.php」のほうが別ページとして計測されてしまいます。

この問題を回避してデフォルトページを統一するには、「カスタム」を利用します。

jyogai-3

赤枠のカスタムを選択します。次に、「検索と置換」を選択し、「フィルタフィールド」で「リクエストURI」を選択します。

jyogai-4

次に、その下の「検索文字列」に

と入力し、「文字列の置換」に

を入力します。

「検索文字列」に正規表現で「index」をそれに続く拡張子を指定しています。

そして、それらを「/」で統一するという設定をしています。

こうすると「.html」と「.php」の拡張子を「/」で統一して計測ができるようになります。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう