WordPressプラグイン

リンクにアイコンを付けるWordPressプラグイン「External Links」の使い方

external-links

External Links」は、リンクにアイコンをつけてリンクをわかりやすくしたり、「nofollow」タグを付けてリンク先の影響を受けないようにできるプラグインです。

プラグインの特徴

  • 外部リンクに「nofollow」タグを埋め込める
  • リンクにアイコンを付けてわかりやすくできる

外部リンクに「nofollow」設定をする理由

このプラグインの一番のメリットはすべてのリンクに「nofollow」タグを埋め込めることです。

もし、「nofollow」タグを設定せずに外部にリンクを貼った場合、そのリンク先のサイトレベルが低いと、自分のサイトもその影響を受けてランキングが下がる可能性があると言われています。

しかし、「nofollow」タグを入れることで、外部リンクの影響を一切受けなくすることができます。

SEO対策の基礎知識として覚えておきたい内容です。

このプラグインがなければ、リンクを貼るたびに、HTMLでタグ打ちして「nofollow」を入れ込まなくてはならないですが、その手間が省けます。

リンクにアイコンを付けてわかりやすくする

リンクはWordPressのテーマによって、表示が異なります。

テーマによっては、リンクがはられてるのかわかりずらいものもあります。

externallinks1

右上に青く矢印が付いています。このアイコンが差し込まれることでリンクがついているかどうか人目でわかるようになります。

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできるしWordPress内で「External Links」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「6.7」。

External Links
Developer: various
Price: Free

「External Links」の使い方を3分動画で見る

プラグインの使い方

プラグインをインストールすると「設定」>「External Links」が出るのでそちらをクリックします。

externalinks2

このプラグインはこの画面のみの設定だけなので非常にシンプルで簡単に設定ができます。

それぞれの項目について説明していきます。

Apply Globally

サイト上の外部リンクすべてに設定が反映されます。これにチェックを入れるとソーシャルボタンなどにもアイコンが表示されるので、ここは外しておいたほうがいいでしょう。

Apply to Text Widgets

すべてのテキストウェジットに設定が反映されます。

サイドバーも対象になるのでソーシャルアイコンなどにテキストを使っている場合はアイコンが出てしまいます。
こちらも必要ない場合はチェックをはずしたほうがいいでしょう。

Treat Subdomains as Local

サブドメインを内部リンク扱いにします。ここも特に必要なければチェックを外しておくといいでしょう。

Auto Convert Text Urls

通常テキストで書かれたURLをリンク付きテキストに変換します。

つまり、http://abcdefg.comなどが書かれていて、リンクが貼られていない場合、これらにリンク自動で貼れる機能です。

Add No Follow

外部リンクに対して「rel=”nofollow”」の設定をすることが可能です。ここは、基本的にチェックをしておくといいでしょう。

Add Icons

外部リンクがされている文字の横にアイコンを表示できます。

Open in New Windows

外部リンクを開くときに別ウィンドウで開く「target=”_blank”」がつくようになります。

Domains to Exclude

このプラグインの処理を除外したい外部サイトのドメインをフォームの中に入力します。

※最後の英文は重要なので翻訳します

Domains and subdomains should be separated by a comma, space or carriage return.  http://, https://, www. should not be included and will be stripped off.  Example: domain.com, domain.net, sub.domain.com, somesite.com, external.org.

ドメインとサブドメインは、カンマ、スペースまたは改行で区切ってください。 http://、https://で、WWW。含めるべきではないと取り除かれます。例:domain.com、domain.net、sub.domain.com、somesite.com、external.org。

このような意味なので、「nofollow」タグを解除したいサイトなどがあればこちらのフォーム内にドメインを入れておきましょう。

まとめ

簡単なリンク設定をしたい場合はこのプラグインで事足ります。

シンプルにリンク設定をしたい場合はこのプラグインがいいでしょう。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. photo-gallery-by-supsystic フォトギャラリーをサクッと作れるWordPressプラグイン「P…
  2. crayon WordPressの記事内にソースコードをキレイに表示できるプラ…
  3. apn WordPressの記事編集画面でナビゲーションボタンを表示でき…
  4. admin-color0 管理画面の配色の種類を8種類増やせるWordPressプラグイン…
  5. black-studio-tinymce-widget WordPressウィジェットをビジュアルエディタでカスタマイズ…
  6. bab0 管理バーを半透明にしたり消したりできるプラグイン「Better …
  7. meta-slider WordPressにコンテンツスライダーを作成できる「Meta …
  8. mwt0 WordPressの海外テーマと英語のプラグインを日本語翻訳でき…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

colorful0 LPテンプレートColorful(カラフル)をおすすめする9つの理由

この記事では、LPを簡単に作ることができるLPテンプレートColorful(カラフル)がどんな人にお…

gtmwp0 WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

push-auto WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

cta WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

pc-weak-like パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter でフォロー

PAGE TOP