macアプリ

画像加工エフェクトに特化したmacアプリ「Filters for Phots」

「Filters for Phots」は画像にエフェクト効果をほどこすことに特化したエフェクトアプリです。

ちょっと画像にエフェクト効果をつけてプロっぽい画像をすぐに作りたいという時に便利です。

アプリの利用例

例えばこんなふうに普通の写真を鉛筆で描いたようにエフェクト効果をかけることもできます。コレ以外でも様々な効果を適用できます。

ffphoto1

アプリの特徴

  • 画像にさまざまな効果のエフェクトをかけることができる

アプリのダウンロード

ダウンロードは下記リンクからできます。無料アプリです。

Filters for Photos
Developer: デベロッパ:MacPhun LLC
Price: Free
  • Filters for Photos Screenshot
  • Filters for Photos Screenshot
  • Filters for Photos Screenshot
  • Filters for Photos Screenshot
  • Filters for Photos Screenshot

アプリの使い方

使い方は非常に簡単です。

アプリを立ち上げるとこのような画面になるのでここにエフェクトをかけたい画像をドラッグアンドドロップします。

ffphoto2

あとは、アプリの下のほうで効果を選んで選択していきます。

ffphoto3

効果の強弱やマスクをかけることもできます。

ffphoto4

「Mask」をクリックすると次のようにマスクの設定ができますので、設定したら写真をブラシでなぞります。

ffphoto5

マスクがかかっている部分だけにエフェクト効果をかけることができます。

ffphoto6

使ってみた感想のまとめ

あっという間にひと味違った写真にすることができました。

エフェクト効果だけに特化しているので使い方もいたってシンプルです。

作業効率をよくするのにも最適なアプリです。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. macアプリのセール情報を取得できるmacアプリ「Apps on…
  2. macのデスクトップ画像を変更できる「Pimp Your Scr…
  3. シネマグラフのような動く画像を簡単に作れるmacアプリ「GIPH…
  4. macの起動中アプリを一度にまとめて終了できるアプリ「cmdQu…
  5. タイポグラフィアートをボタンひとつで作れちゃうmacアプリ「Wo…
  6. 【動画】Lightshot Screenshotの使い方
  7. 選んでるウインドウ以外を薄暗くできるハイライトアプリ「HazeO…
  8. mac画面キャプチャ後すぐに矢印画像を挿入できる「monosna…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter

Facebookページ

Googleブランドページ

PAGE TOP