Googleアナリティクスの使い方と分析

GoogleアナリティクスでLPO対策が必要なランディングページを見つける

LPOとは「Landing Page Optimization」の頭文字をとったもので、「ランディングページ最適化」という意味です。

例えば、サイト全体の直帰率を下げたいという場合に、どのサイトの直帰率が高いのかを調べ、どのページの改善が必要になるかを検討する必要があります。

その時に、課題のサイトを探しやすい機能を紹介します。

「レポート」>「行動」>「サイトコンテンツ」>「ランディングページ」にいきます。

まず赤枠の直帰率をクリックします。

すると、100%の直帰率がずらっと並んだと思います。

しかし、これはセッションが1とか2とか分母が小さい数字なので、このままでは参考にならないです。

そこで、青枠の「デフォルト」から「加重」をクリックします。

lpo-gant

すると、セッション数も多く、それでいて直帰率も高いデータを出してくれます。

これで、どのページを最適化すればいいかわかります。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. Googleアナリティクスの重要な利用規約とポリシーを理解する
  2. Googleアナリティクスのショートカットキー
  3. Webサイト改善の基本的な考え方
  4. セールスファネルを理解してウェブサイト改善のプロセスを知る
  5. Googleアナリティクスを導入する前にWebサイトの目的を理解…
  6. Googleアナリティクスのオーガニック検索キーワードを円グラフ…
  7. Googleアナリティクスの主な専門用語を正しく理解する
  8. Googleアナリティクスのレポートをアドバンスフィルタで絞り込…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter

Facebookページ

Googleブランドページ

PAGE TOP