Googleアナリティクスの設定

WordPressにGoogleアナリティクスとGoogleタグマネージャを連携して設定する方法

この記事ではWordPressに最近利用され始めている、GoogleタグマネージャとGoogleアナリティクスを連携させて設定する方法を紹介します。

こちらを紹介する理由は、あなたのサイトがどんどん成長していったときに、Googleタグマネージャで設定していたほうが将来的にメリットが大きいからです。

それでは、Googleアナリティクスの設定からGoogleタグマネージャを連携し、WordPressに設定するまでの手順をお伝えしていきたいと思ます。

Googleアナリティクスにアカウントを作ってログインする

Google検索でGoogleアナリティクスと検索した後に、図の「ログイン」からGoogleアカウントでログインをしてください。

もし、アカウントがない人は、隣の「アカウントを作成」から作成してログインします。

at-gt1

yajirusi

 

ログインすると次のページになるので、「お申し込み」をクリックします。

at-gt2

yajirusi

次のページで、アカウント名とあなたのウェブサイトの名前、ドメインを設定する場所がありますので、そちらを設定します。

トラッキングタイプは「ウェブサイト」でOKです。

at-gt3

ドメイン名を設定する際は、http://は省いて入力します。

すでに左側に設定されているので、それ以下の部分を入力してください。

そのまま、画面を下にスクロールしていくと、「トラッキングIDを取得」というボタンがあるのでそちらをクリックします。

すると、「Googleアナリティクス利用規約」という画面が出てきます。

「同意する」をクリックしましょう。

次の画面に以降できればアカウント作成は成功です。

at-gt4

Googleアナリティクスのアカウント、プロパティ、ビューの違い

Googleアナリティクスを設定した時、アカウントというのを作りました。

実際出来上がって、アナリティクス設定を確認してみると、このように3つの構成があることがわかります。

at-gt5

Googleアナリティクスには、アカウントとプロパティとビューという3つの考え方があります。そちらについてわかりやすく解説します。

yajirusi

最初に作ったアカウントというのは、「誰のものか」というのを意味しています。

そして、プロパティというのは、「どのサイトか」を表し、ビューは「何を見るか」を設定することができます。

at-gt6-01

このような階層でGoogleアナリティクスは成り立っています。

一つのアカウントに対して作れるプロパティは最大50個までです。

50サイトまでを一つのアカウントで管理することができます。

GoogleアナリティクスをGoogleタグマネージャに設定する

Googleアナリティクスのアカウントができました。

次は、Googleタグマネージャのアカウントを作成して、そこにGoogleアナリティクスをひも付けする設定をしていきます。

「Googleタグマネージャ」と検索エンジンで検索してGoogleタグマネージャのサイトからログインしてください。

すると次のような画面になります。

tagmane1

Googleタグマネージャの場合は、アカウントとコンテナという概念があります。

これもGoogleアナリティクスの考え方と似ています。

tagmane2-01

アカウントは「誰の」にあたるりますし、コンテナは「どのサイト」にあたります。

ここを理解したうえで次の設定をしてください。

yajirusi

tagumane3

アカウントに自由な名前を設定します。

後で変更することが可能です。

次に、コンテナ名を決めます。

tes.comなどのようにサイトドメインなどを設定してもOKです。

こちらも自由に設定してください。

後で変更が可能です。

そして、ウェブにチェックを入れて、「作成」を押します。

yajirusi

すると、「Googleタグマネージャの利用規約」が出てくるので、そちらで「はい」をクリックします。

「Googleタグマネージャをインストール」というHTMLのタグが生成されます。

tagumane4

とりあえず「OK」をクリックして閉じておきます。

こちらを後でWordPressのサイトにコピーアンドペーストします。

yajirusi

「OK]を押すと次の画面になります。

赤枠の部分をクリックして新しいタグを生成します。

tagumane5

yajirusi

次の画面で赤枠のGoogleアナリティクスをクリックします。

tagumane6

yajirusi

「タグの種類」で「ユニバーサルアナリティクス」を選択すると、「タグの設定」のところに、トラッキングIDを設定する場所が出てきます。

ここで、一度Googleアナリティクスのページに行ってトラッキングIDを確認しましょう。

tagumane7

yajirusi

「Googleアナリティクス設定」の「プロパティ」から「プロパティ設定」をクリックします。

すると、次のようなページになり、「トラッキングID」という「UA-」から始まる数字が記入されています。

tagumane8

この数字をコピーして、先ほどの、GoogleタグマネージャのトラッキングIDのところにコピーアンドペーストします。

yajirusi

「トラッキングタイプ」は「ページビュー」でOKです。

そのまま、「続行」を押します。

tagumane9

そして、「配信するタイミング」を「すべてのページ」に設定します。

「タグを配信するトリガー」というのが出てきますが、それは、「All Page」で大丈夫です。

そして、「タグを作成」をクリックします。

「タグの名前を変更」するダイアログボックスがでてくるので、自由な名前に設定して「保存」を押します。

これで、GoogleアナリティクスとGoogleタグマネージャが連携されました。

GoogleタグマネージャをWordPressに設定する

では、今度はGoogleアナリティクスでWordPressのアクセスを計測するために、GoogleタグマネージャをWordPressに設定していきます。

yajirusi

コンテナページの次の赤枠の部分をクリックします。

tagumane10

yajirusi

すると、再度、Googleタグマネージャを差し込むための「タグ」がでてきます。

これを全部コピーします。

tagumane4

yajirusi

では、あなたのWordPressのダッシュボードから「外観」→「テーマの編集」をクリックします。

そして、赤枠の「ヘッダー」というところをクリックします。

tagumane11

yajirusi

WordPressにGoogleタグマネージャを設定する場所は、

という部分があるので(赤枠)、このタグの下にGoogleタグマネージャのタグを(青枠)コピーアンドペーストします。

tagumane12

これで更新をすると、Googleタグマネージャのタグが差し込まれたことになります。

Googleタグマネージャが設定されているかプレビューでチェックする

Googleタグマネージャを公開する前に、WordPressに差し込んだ「タグ」がしっかりと設定されているか確認ができました。

「公開」をするまえに先にそちらの設定を確認してください。

tagumane13

公開の横にあるプルダウンメニュー(緑枠)をクリックします。そして、「プレビュー」をクリックします。

yajirusi

プレビューモード(赤枠)に変更になります。

tagumane14

yajirusi

この状態にした後に、自分がGoogleタグマネージャを設定したサイトをブラウザで開きます。

すると、サイトの下部に次のような画面が自動で表示されます。

これが表示されると、設定が正しくできているという証拠です。

tagumane15

yajirusi

これが終わったら、「プレビューモードを終了」させて「公開」を押してください。

そうすると、Googleアナリティクスでアクセス解析ができることになります。

tagumane16

まとめ

以上がWordPressにGoogleアナリティクスとGoogleタグマネージャーを設定する方法でした。少し長かったと思いますが、この設定を行っておくことで、正しくアクセス解析を行うことができますので、大変かもしれませんがやっておきましょう。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. Googleアナリティクスのユーザー属性とインタレストカテゴリを…
  2. Googleタグマネージャでクロスドメインでのトラッキング設定の…
  3. Googleタグマネージャを導入しないほうがいいサイト
  4. Googleタグマネージャで仮想URLページビュー計測タグを設定…
  5. WordPressをサーバーにインストールするやり方
  6. グーグルアナリティクス設置場所
  7. Googleアナリティクスに日本の検索エンジンを追加してキーワー…
  8. Googleアナリティクスのビューを効果的に活用して解析の幅を広…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

LPテンプレートColorful(カラフル)をおすすめする9つの理由

この記事では、LPを簡単に作ることができるLPテンプレートColorful(カラフル)がどんな人にお…

WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter でフォロー

PAGE TOP