グーグルアナリティクス設置場所

Googleアナリティクス設置場所で推奨されているのは、</head>タグ(head要素の終了タグ)の直前とされています。

サイトのヘッドタグは上記のようになっています。

ヘッドタグの終了タグの直前に、Googleアナリティクスのトラッキングコードを挿入てください。

「アナリティクス設定」>「プロパティ」>「トラッキング情報」>「トラッキングコード」から確認することができます。

もし、WordPressなどのCMSを利用せずに、HTMLのサイトを作っている場合は、このトラッキングコードを全ページに挿入する必要があります。

WordPressを使っている人は、プラグインを使うか、header.phpの</head>タグ終了前に直接トラッキングコードを埋め込めばアクセス解析が可能です。

しかし、最近では、Googleアナリティクスのトラッキングコードを直接サイトに挿入するよりも、Googleタグマネージャーを利用することが推奨されています。

これは、HTMLなどの静的サイトでも同じです。

WordPressにGoogleアナリティクスとGoogleタグマネージャを連携して設定する方法>>>

こちらにGoogleタグマネージャをWordPressに設定する方法を記入しているので参考にしてください。

Googleタグマネージャーを使った場合は、HTMLなどの静的ページでも挿入手順は同じです。

<body>タグの直後への挿入が推奨されています。

WordPressとHTMLサイトの違いは、WordPressの場合であれば、header.phpにタグを埋め込むだけですべてのページにタグが反映される点です。

しかし、HTMLサイトの場合は、全ページに手作業でタグを埋め込んでいく必要があります。

これが、動的サイトと静的サイトの大きな違いです。

もし、静的サイトを利用している方は、今後はWordPressを積極的に使っていくことも合わせておすすめしたいです。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう