Googleアナリティクスの設定

グーグルアナリティクス設置場所

Googleアナリティクス設置場所で推奨されているのは、</head>タグ(head要素の終了タグ)の直前とされています。

サイトのヘッドタグは上記のようになっています。

ヘッドタグの終了タグの直前に、Googleアナリティクスのトラッキングコードを挿入てください。

「アナリティクス設定」>「プロパティ」>「トラッキング情報」>「トラッキングコード」から確認することができます。

もし、WordPressなどのCMSを利用せずに、HTMLのサイトを作っている場合は、このトラッキングコードを全ページに挿入する必要があります。

WordPressを使っている人は、プラグインを使うか、header.phpの</head>タグ終了前に直接トラッキングコードを埋め込めばアクセス解析が可能です。

しかし、最近では、Googleアナリティクスのトラッキングコードを直接サイトに挿入するよりも、Googleタグマネージャーを利用することが推奨されています。

これは、HTMLなどの静的サイトでも同じです。

WordPressにGoogleアナリティクスとGoogleタグマネージャを連携して設定する方法>>>

こちらにGoogleタグマネージャをWordPressに設定する方法を記入しているので参考にしてください。

Googleタグマネージャーを使った場合は、HTMLなどの静的ページでも挿入手順は同じです。

<body>タグの直後への挿入が推奨されています。

WordPressとHTMLサイトの違いは、WordPressの場合であれば、header.phpにタグを埋め込むだけですべてのページにタグが反映される点です。

しかし、HTMLサイトの場合は、全ページに手作業でタグを埋め込んでいく必要があります。

これが、動的サイトと静的サイトの大きな違いです。

もし、静的サイトを利用している方は、今後はWordPressを積極的に使っていくことも合わせておすすめしたいです。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. Googleアナリティクスに日本の検索エンジンを追加してキーワー…
  2. Googleタグマネージャでカスタムディメンションとカスタム指標…
  3. Googleアナリティクスで自分や関係者のトラフィックを除外する…
  4. Googleアナリティクスのユーザー属性とインタレストカテゴリを…
  5. Googleアナリティクスのチャネルグループを設定して流入元のラ…
  6. Googleアナリティクスのビューを効果的に活用して解析の幅を広…
  7. Googleアナリティクスの計測でトップページがわかれないように…
  8. Googleアナリティクスのトラッキングコードが適切に動作するか…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter

Facebookページ

Googleブランドページ

PAGE TOP