GoogleアナリティクスでLPO対策が必要なランディングページを見つける

Google Analytics

LPOとは「Landing Page Optimization」の頭文字をとったもので、「ランディングページ最適化」という意味です。

例えば、サイト全体の直帰率を下げたいという場合に、どのサイトの直帰率が高いのかを調べ、どのページの改善が必要になるかを検討する必要があります。

その時に、課題のサイトを探しやすい機能を紹介します。

「レポート」>「行動」>「サイトコンテンツ」>「ランディングページ」にいきます。

まず赤枠の直帰率をクリックします。

すると、100%の直帰率がずらっと並んだと思います。

しかし、これはセッションが1とか2とか分母が小さい数字なので、このままでは参考にならないです。

そこで、青枠の「デフォルト」から「加重」をクリックします。

lpo-gant

すると、セッション数も多く、それでいて直帰率も高いデータを出してくれます。

これで、どのページを最適化すればいいかわかります。

LINE@でライブ配信中

下記のLINE@でスキルシェアサービスを活用したストックビジネスの作り方に関する情報を配信しています!(LINE@限定情報)
↓↓↓↓↓↓↓
下記から友達追加していただくと、スキルシェアサービスの講義を無料でご提供しています!

友だち追加

ID : @vzh4479x

ブログ更新通知を受け取る