グーグルアナリティクス設置場所

Googleアナリティクス設置場所で推奨されているのは、</head>タグ(head要素の終了タグ)の直前とされています。

サイトのヘッドタグは上記のようになっています。

ヘッドタグの終了タグの直前に、Googleアナリティクスのトラッキングコードを挿入てください。

「アナリティクス設定」>「プロパティ」>「トラッキング情報」>「トラッキングコード」から確認することができます。

もし、WordPressなどのCMSを利用せずに、HTMLのサイトを作っている場合は、このトラッキングコードを全ページに挿入する必要があります。

WordPressを使っている人は、プラグインを使うか、header.phpの</head>タグ終了前に直接トラッキングコードを埋め込めばアクセス解析が可能です。

しかし、最近では、Googleアナリティクスのトラッキングコードを直接サイトに挿入するよりも、Googleタグマネージャーを利用することが推奨されています。

これは、HTMLなどの静的サイトでも同じです。

WordPressにGoogleアナリティクスとGoogleタグマネージャを連携して設定する方法>>>

こちらにGoogleタグマネージャをWordPressに設定する方法を記入しているので参考にしてください。

Googleタグマネージャーを使った場合は、HTMLなどの静的ページでも挿入手順は同じです。

<body>タグの直後への挿入が推奨されています。

WordPressとHTMLサイトの違いは、WordPressの場合であれば、header.phpにタグを埋め込むだけですべてのページにタグが反映される点です。

しかし、HTMLサイトの場合は、全ページに手作業でタグを埋め込んでいく必要があります。

これが、動的サイトと静的サイトの大きな違いです。

もし、静的サイトを利用している方は、今後はWordPressを積極的に使っていくことも合わせておすすめしたいです。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。山田どうそんです。37歳未婚。現在、東京都江東区に住んでいます。出身は佐々木希と同じ、秋田県秋田市。趣味は筋トレで週3回トレーナーをつけてジム通いしています。ビジネスは、コンテンツ制作のコンサルティングを行っています。
もともと、月収15万円の借金だらけ。未来に何一つ希望を持てなかった僕ですが、インターネットのビジネスをしたことで今では値段を気にせず買い物ができるようになりました。そうなれた要因の一つに「コンテンツ制作のスキル」を身につけたことがあります。
なぜ、「コンテンツ制作のスキル」を身に着けたことで稼げるようになったのか?それは、「コンテンツの質」=「集客力」だからです。多くの方がビジネスをはじめて、うまくいかないのは集客ができないからです。集客をするために、Facebookを始めたり、インスタグラムをはじめたり、YouTubeをはじめたり・・・。いろいろ試してみても、思ったようにうまくいかない人が多いのが現状です。
そんな、集客で悩んでいる人のために、どうやってコンテンツ力を上げて集客力を身につけられるのかをコンサルしています。
僕は、ネットビジネスで人生を大きく変えることができました。一生貧乏で一生自分に自信を持てない人生を歩み続けると思っていました。それが、今では上場企業の部長クラスの人よりも稼げるようになり、自分に大きな自信を持てるようになりました。それは、正しい知識を正しく学んでいったからです。ビジネスで集客力を身に着けて自分のビジネスを成功させたいという方のために力になりたいと思っています。
そして、僕は、もっともっと成長して人生を楽しみたいと思っています。