Googleタグマネージャ「タグ」「トリガー」「変数」とは

Googleタグマネージャ(GTM)の3大要素と呼べる「タグ」「トリガー」「変数」というものがある。この3つはGoogleタグマネージャを設定する上でしっかりと理解しておきたい3要素だ。この記事では、この3つがどのような役割をするのかについて解説していきたいと思う。

Googleタグマネージャのタグとは

タグというのは、文字通り、Googleタグマネージャで管理するタグのことを指す。Googleアナリティクスのトラッキングコードもタグの一つだ。その他には、Googleアドワーズのコンバージョンタグなどがある。

他のツールが発行したタグを登録しておくのが「タグ」になる。

これらのタグは、それぞれ個別に登録が必要だ。
gtm-tag

「タグ」の「新規」をクリックするとこのような設定画面になる。GoogleアナリティクスはGoogleアナリティクスのタグを、GoogleアドワーズはGoogleアドワーズのタグを設定できるようになっているのがわかる。

Googleタグマネージャのコンテナスニペット(Googleタグマネージャのタグのこと)をサイトに設定しておくと、ここから新しいタグを追加するだけでサイトにタグが差し込まれたことと同様になるので、簡単にタグをどんどん追加していくことができる。

Googleタグマネージャのトリガーとは

トリガーというのは、上記で設定した「タグ」を配信する条件のことだ。例えば、Googleアナリティクスの「ページビュー計測タグ」を「一部のページのリンクをクリックされた場合」という条件の時であれば、「一部のページのリンクをクリックされた場合」といのがトリガーになる。

初期設定では、「すべてのページ」というトリガーが最初から利用できるようになっている。しかし、一部のページなどの特定の条件を指定する場合は、トリガーで設定する必要がある。

gtm-trigger

「トリガー」の「新規」をクリックするとこのようなページになる。

「ページビュー」を計測するとき。「クリック」されたとき。「フォームの送信」のとき。などとイベント選択で条件がいくつかある。

ここで、どの条件の時にタグを配信するかということをここで設定することができるのだ。

トリガーは、「◯◯というトリガーに一致したら配信しない」という例外条件なども設定することが可能だ。

どのページに「配信する/しない」という条件を設定するのがトリガーの役割になる。

Googleタグマネージャの変数とは

「変数」はこの3つの中でも一番わかりずらい項目だと思う。「変数」というのは、ひとことで言うと「動的な値」を意味しているが、よくわからないと思う。

わかりやすく言うと、ネットショップなどでお客さんが何か商品を買ったとする。そのときの金額というのは、その時々で変わる。1000円の人もいれば、2000円の人もいる。このような場合、ユーザーによってその時々で変化する。(あくまでイメージとしてなんとなくつかんでほしい)

Googleタグマネージャでは、このような動く値に対して総称して「変数」というように管理している。

この変数は、どのようなときに使うかというと、トリガーの指定をするときに利用したり、タグの中に含まれる変動する値に使われたりする。

「変数」は奥が深く、深くなるといろいろなことができてしまうので、Googleタグマネージャに初期設定されている「変数」について触れたいと思う。

gtm-hesu

Googleタグマネージャの変数をクリックするとこのような6つの項目が出てくる。「ページ」「クリック」「ユーティリティ」「フォーム」「エラー」「履歴」の6つだ。

さらに、その中でも、いろいろチェック項目がある。

トリガーを設定する時に変数を設定する流れをみながら、イメージを持ってもらうとわかりやすいと思う。

gtm-timing

例えば、「変数」のクリックの部分にすべてをチェックしたとする。その後に、トリガーの設定から「配信するタイミング」まで進んでみてほしい。チェックした部分が増えている。

このように、変数は、配信するタイミングの時に、トリガーやタグと合わせて利用することができる。

これらの変数には、意味があり、「Page URL」はURL全文を意味しているし、「Clik URL」はURLがクリックされた時を意味している。

まずは、基本的な「ページ系」「クリック系」の部分だけ覚えておくとよいだろう。よく使う、「外部リンクをクリックした時の計測」などではページ系の変数を利用することがあるので、まずは、こういうものがあるというぐらいで覚えておこう。

この変数を本当の意味で使いこなすにはJavaScriptの知識が必要になってくるので、ノンプログラマの人は、ひとまず、ページ系、クリック系だけ覚えて、トリガーとタグの時に利用してみてほしい。

まとめ

Googleタグマネージャは変数とトリガーを利用すれば、今までGoogleアナリティクスだけでやっていた面倒な設定もGoogleタグマネージャから任意で行うことができるようになる。

よく使う、「外部リンクのクリック数」や「PDFのダウンロード数」などの数値を取る程度であれば、Googleタグマネージャから簡単な操作だけで設定することができる。

今回の記事では、この3つの要素があり、それらを組み合わせて、タグ配信を行うということだけ抑えておいてほしい。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。山田どうそんです。37歳未婚。現在、東京都江東区に住んでいます。出身は佐々木希と同じ、秋田県秋田市。趣味は筋トレで週3回トレーナーをつけてジム通いしています。ビジネスは、コンテンツ制作のコンサルティングを行っています。
もともと、月収15万円の借金だらけ。未来に何一つ希望を持てなかった僕ですが、インターネットのビジネスをしたことで今では値段を気にせず買い物ができるようになりました。そうなれた要因の一つに「コンテンツ制作のスキル」を身につけたことがあります。
なぜ、「コンテンツ制作のスキル」を身に着けたことで稼げるようになったのか?それは、「コンテンツの質」=「集客力」だからです。多くの方がビジネスをはじめて、うまくいかないのは集客ができないからです。集客をするために、Facebookを始めたり、インスタグラムをはじめたり、YouTubeをはじめたり・・・。いろいろ試してみても、思ったようにうまくいかない人が多いのが現状です。
そんな、集客で悩んでいる人のために、どうやってコンテンツ力を上げて集客力を身につけられるのかをコンサルしています。
僕は、ネットビジネスで人生を大きく変えることができました。一生貧乏で一生自分に自信を持てない人生を歩み続けると思っていました。それが、今では上場企業の部長クラスの人よりも稼げるようになり、自分に大きな自信を持てるようになりました。それは、正しい知識を正しく学んでいったからです。ビジネスで集客力を身に着けて自分のビジネスを成功させたいという方のために力になりたいと思っています。
そして、僕は、もっともっと成長して人生を楽しみたいと思っています。