サーチコンソールの検索クエリでユーザーの検索キーワードをチェックする

検索クエリを使うことでユーザーがどのようなキーワードで自分のサイトに訪問しているのかをチェックすることができます。サーチコンソールの検索クエリの使い方を見ていきましょう。

検索クエリとは

Googleサーチコンソールには、「検索クエリ」という機能があります。

クエリとは質問するとか問い合わせる、尋ねるという意味があり、ユーザーがどのようなキーワードであなたのサイトを訪れているかをチェックできるデータを「検索クエリ」と言います。

kueri-1

サーチコンソールのページに行き、赤枠をクリックすると、検索クエリの情報を見ることができます。kurei-2

赤枠の部分にチェックを入れると、それぞれの値を見ることができます。

最初は、「表示回数」「CTR」「掲載順位」は載っていないので、確認したい場合は、こちらにチェックを入れましょう。

そうすると、ピンクの枠が出てきて、その下に、キーワードごとの、数値を見ることができます。

クリック率を見よう

クリック数というのは、そのワードで検索されて実際にあなたのサイトがクリックされた数字です。

表示回数というのは、検索された時に、あなたのサイト記事が表示された数字です。

CTRというのは、「クリックスルーレート」の略で、どのぐらいの割合でクリックされたかを出す値になります。

計算式は、

『クリック数 ÷ 表示回数』

となります。

例えば、「ヤマダタロウ」という名前のサイトを運営しているとして、その名前で検索した人がいて100回あなたのサイトが表示されたとしましょう。

そのうち、20回クリックされたとしたら次の式が成りたちます。

『20 ÷ 100 = 20%』

つなり、CTRは20%です。

この数字は、サイト改善に重要な数字の一つなので、チェックしておきましょう。

もし、表示回数が多いのに、CTRが低ければ、あなたの記事のタイトルに問題があることがわかります。

せっかく表示されているのに、クリックしてもらえるような興味の湧くタイトルにできていないということになります。

掲載順位

一番右側にある掲載順位は、そのキーワードで検索された時のあなたのサイトの平均掲載順位を表しています。

ここの平均数字を10位以内にもってくることがひとつの目安となるでしょう。

まとめ

検索クエリは、Googleアナリティクスでも見ることができます。

Googleサーチコンソールと連動させると、Googleアナリティクスでも見ることができるので、ぜひ設定をしておきましょう。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。山田どうそんです。37歳未婚。現在、東京都江東区に住んでいます。出身は佐々木希と同じ、秋田県秋田市。趣味は筋トレで週3回トレーナーをつけてジム通いしています。ビジネスは、コンテンツ制作のコンサルティングを行っています。
もともと、月収15万円の借金だらけ。未来に何一つ希望を持てなかった僕ですが、インターネットのビジネスをしたことで今では値段を気にせず買い物ができるようになりました。そうなれた要因の一つに「コンテンツ制作のスキル」を身につけたことがあります。
なぜ、「コンテンツ制作のスキル」を身に着けたことで稼げるようになったのか?それは、「コンテンツの質」=「集客力」だからです。多くの方がビジネスをはじめて、うまくいかないのは集客ができないからです。集客をするために、Facebookを始めたり、インスタグラムをはじめたり、YouTubeをはじめたり・・・。いろいろ試してみても、思ったようにうまくいかない人が多いのが現状です。
そんな、集客で悩んでいる人のために、どうやってコンテンツ力を上げて集客力を身につけられるのかをコンサルしています。
僕は、ネットビジネスで人生を大きく変えることができました。一生貧乏で一生自分に自信を持てない人生を歩み続けると思っていました。それが、今では上場企業の部長クラスの人よりも稼げるようになり、自分に大きな自信を持てるようになりました。それは、正しい知識を正しく学んでいったからです。ビジネスで集客力を身に着けて自分のビジネスを成功させたいという方のために力になりたいと思っています。
そして、僕は、もっともっと成長して人生を楽しみたいと思っています。