Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールの初期設定の方法

この記事ではGoogleサーチコンソールというGooglebotに自分のサイト情報を伝えることができるツールの初期設定のやり方について解説していきます。

いくつか設定方法の種類があるので、自分のやりやすい設定を選んでください。

Googleサーチコンソール(旧名Googleウェブマスターツール)の特徴

以前はGoogleウェブマスターツールという名前でしたが、2015年5月20日、Googleは「Google ウェブマスターツール」の名称を「Google Search Console(Google サーチコンソール)」という名前に変更したことを発表しました。

Googleが提供するサーチコンソールは、簡単に言うと「Webサイトの運営者がWebサイト情報を共有するためにGoogleBot(ボット)と会話(やり取り)をするツール」です

GoogleBotというのは、Googleがあなたのサイトがどのようになっているかを見に来る機械のことです。

この機械は、自動でWeb情報を回って、どのサイトが良いサイトで、どういう順位にしようかな?と決めているロボットだと思ってもらえるといいでしょう。

サーチコンソールというのは、そのグルグル回ってるロボットに、「私のサイトはここですよーー。今こういう状況ですよーー。」というように、コミュニケーションを取るためのツールだと思ってもらえるとわかりやすいです。

サーチコンソールはGoogleアナリティクスと同じような項目を見れる部分もありますがその役割は違います。

  • Googleアナリティクス ⇒ ユーザーの動きを計測するツール
  • Googleサーチコンソール ⇒ GoogleBotの動きを計測するツール

このような違いがあります。

Googleサーチコンソールの登録方法

Googleサーチコンソールの登録方法は、とても簡単です。

Googleアカウントがあれば誰でも設定ができます。

Googleの検索エンジンで「サーチコンソール」と検索をして一番上のサイトをクリックしましょう。

そうすると下のようなサイトにログインできます。

sc-1

あなたのサイトURLを入力して、プロパティを追加をクリックしてください。

そうすると、次のようなサイトになります。

sc-2

HTMLファイルをアップロードする登録方法

あなたのWebサイトとサーチコンソールをひもづける方法はいくつかありますが、「おすすめ方法」は上の図の赤枠をクリックしてダウンロードしたファイルをあなたのサイトの同じサーバーにダウンロードしたファイルをアップロードする方法です。

「サーバー大丈夫!」というひとは、この方法が簡単だと思います。

アップロードしたら、「確認」ボタンを押すとサイトとサーチコンソールがひもづきます。

でも、「は?サーバーって何?」みたいな人は、「別の方法」で登録も可能です。

HTMLタグで登録

sc-3

まずは、HTMLタグでの登録方法です。

①をクリックして、別の方法というプルダウンメニューを出し、HTMLタグをクリックすると、②が出てきます。

このメタタグをサイトの<head>内に記入して、確認を押せばOKです。

ドメイン名プロバイダ名で登録

ドメイン名プロバイダ名で登録というのをクリックすると、「ドメインレジストラまたはプロバイダを選択」というプルダウンメニューが出てくるのでそちらをクリックします。

すると、次のようにたくさんの、レジストラ、プロバイダが表示されます。

 

sc-4

その中で、GMO.jpというのがあります。

日本の場合ほとんどのドメインが「GMO.jp」です。

僕はムームードメインですが、ムームードメインも、「GMO.jp」になっています。

もし、不明な場合は、「DNSプロバイダやレジストラが不明な場合」というリンクがあるのでそちらで詳しく詳細を確認できます。

気軽に検索する方法として、自分の登録したドメインサイトで、「ムームードメイン レジストラプロバイダ」などと検索すると情報が出てくるのでそちらのほうが早いでしょう。

そして、画像の赤枠をクリックすると、

sc-5

このように「TXTレコードを追加する」という画面が出るのでクリックします。

sc-6

DNSレコードが生成されます。

これをコピーします。

僕の場合は、ムームードメインでの設定になるのでそちらで説明します。

お名前ドットコムなどの人も、画面のインターフェースは違っても基本的には同じです。

ムームードメインでの設定手順

  1. https://muumuu-domain.com で ドメインのアカウントにログイン。
  2. サイドメニューより [ムームー DNS セットアップ] を選択。
  3. セットアップするドメインの [利用する] ボタン、(すでに利用設定されている方は [変更] ボタン)をクリック。
  4. [ムームー DNS のセットアップ情報変更 ]の [カスタム設定] にて [カスタム設定] ボタンをクリック。
  5. [種別] より TXT を選択。
  6. コントロールパネルに表示される固有のセキュリティ トークンをコピーして、[内容]フィールドに貼り付ける。このトークンは、google-site-verification で始まり、後ろに 43 文字が続く 68 文字の文字列だ。
  7. [サブドメイン]は空白にする。
  8. [セットアップ情報変更] ボタンをクリック。
  9. 「カスタム設定のセットアップ情報確認」の画面が表示されれば、設定完了。

DNS 設定の変更がインターネット上に反映されるまでには最大 24 時間かかりますが、ホストによってはすぐに反映されることがあります。

もしも、この手順で問題が発生した場合は、「CNAMEレコードを追加する」で、さきほどのTXTレコードのように登録してみるとよいでしょう。

sc-7

もし、これでもダメな場合は、ドメインプロバイダに連絡して確認してください。

Googleアナリティクスで登録

Googleアナリティクスにログインしている状態でGoogleアナリティクスのタグをサイトに差し込んでおいて、確認を押せば登録が完了します。

sc-8

Googleタグマネージャで登録

Googleタグマネージャにログインしている状態で、Googleタグマネージャのタグをサイトに差し込んでいれば、登録できます。

「コンテナスニペットを使用してください。」となっていますが、これはGoogleタグマネージャのタグのことです。

sc-9

登録完了

登録が完了すると次のようなページになって、Googleサーチコンソールを利用できるようになります。

sc-10

まとめ

以上がGoogleサーチコンソールの登録方法の種類です。

ただ、一番おすすめなのは、Googleアナリティクスか、Googleタグマネージャでの設定です。

Googleのサービスをすべてひもづけたほうがいいからです。

どのみちGoogleアナリティクスで、「検索クエリ」でどのキーワードでサイトが検索されているかを調べる場合に、Googleサーチコンソールとの連携が必要になりますので、できれば最初からGoogleアナリティクスかGoogleタグマネージャでひもづけておくと二度手間にならないのでおすすめします。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. GoogleサーチコンソールでGooglebotのクローリングと…
  2. サーチコンソールにXMLサイトマップを生成して登録しインデックス…
  3. サーチコンソールの検索クエリでユーザーの検索キーワードをチェック…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

LPテンプレートColorful(カラフル)をおすすめする9つの理由

この記事では、LPを簡単に作ることができるLPテンプレートColorful(カラフル)がどんな人にお…

WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter でフォロー

PAGE TOP