Googleタグマネージャー

Googleタグマネージャ「タグ」「トリガー」「変数」とは

tag-mane-three

Googleタグマネージャ(GTM)の3大要素と呼べる「タグ」「トリガー」「変数」というものがある。この3つはGoogleタグマネージャを設定する上でしっかりと理解しておきたい3要素だ。この記事では、この3つがどのような役割をするのかについて解説していきたいと思う。

Googleタグマネージャのタグとは

タグというのは、文字通り、Googleタグマネージャで管理するタグのことを指す。Googleアナリティクスのトラッキングコードもタグの一つだ。その他には、Googleアドワーズのコンバージョンタグなどがある。

他のツールが発行したタグを登録しておくのが「タグ」になる。

これらのタグは、それぞれ個別に登録が必要だ。
gtm-tag

「タグ」の「新規」をクリックするとこのような設定画面になる。GoogleアナリティクスはGoogleアナリティクスのタグを、GoogleアドワーズはGoogleアドワーズのタグを設定できるようになっているのがわかる。

Googleタグマネージャのコンテナスニペット(Googleタグマネージャのタグのこと)をサイトに設定しておくと、ここから新しいタグを追加するだけでサイトにタグが差し込まれたことと同様になるので、簡単にタグをどんどん追加していくことができる。

Googleタグマネージャのトリガーとは

トリガーというのは、上記で設定した「タグ」を配信する条件のことだ。例えば、Googleアナリティクスの「ページビュー計測タグ」を「一部のページのリンクをクリックされた場合」という条件の時であれば、「一部のページのリンクをクリックされた場合」といのがトリガーになる。

初期設定では、「すべてのページ」というトリガーが最初から利用できるようになっている。しかし、一部のページなどの特定の条件を指定する場合は、トリガーで設定する必要がある。

gtm-trigger

「トリガー」の「新規」をクリックするとこのようなページになる。

「ページビュー」を計測するとき。「クリック」されたとき。「フォームの送信」のとき。などとイベント選択で条件がいくつかある。

ここで、どの条件の時にタグを配信するかということをここで設定することができるのだ。

トリガーは、「◯◯というトリガーに一致したら配信しない」という例外条件なども設定することが可能だ。

どのページに「配信する/しない」という条件を設定するのがトリガーの役割になる。

Googleタグマネージャの変数とは

「変数」はこの3つの中でも一番わかりずらい項目だと思う。「変数」というのは、ひとことで言うと「動的な値」を意味しているが、よくわからないと思う。

わかりやすく言うと、ネットショップなどでお客さんが何か商品を買ったとする。そのときの金額というのは、その時々で変わる。1000円の人もいれば、2000円の人もいる。このような場合、ユーザーによってその時々で変化する。(あくまでイメージとしてなんとなくつかんでほしい)

Googleタグマネージャでは、このような動く値に対して総称して「変数」というように管理している。

この変数は、どのようなときに使うかというと、トリガーの指定をするときに利用したり、タグの中に含まれる変動する値に使われたりする。

「変数」は奥が深く、深くなるといろいろなことができてしまうので、Googleタグマネージャに初期設定されている「変数」について触れたいと思う。

gtm-hesu

Googleタグマネージャの変数をクリックするとこのような6つの項目が出てくる。「ページ」「クリック」「ユーティリティ」「フォーム」「エラー」「履歴」の6つだ。

さらに、その中でも、いろいろチェック項目がある。

トリガーを設定する時に変数を設定する流れをみながら、イメージを持ってもらうとわかりやすいと思う。

gtm-timing

例えば、「変数」のクリックの部分にすべてをチェックしたとする。その後に、トリガーの設定から「配信するタイミング」まで進んでみてほしい。チェックした部分が増えている。

このように、変数は、配信するタイミングの時に、トリガーやタグと合わせて利用することができる。

これらの変数には、意味があり、「Page URL」はURL全文を意味しているし、「Clik URL」はURLがクリックされた時を意味している。

まずは、基本的な「ページ系」「クリック系」の部分だけ覚えておくとよいだろう。よく使う、「外部リンクをクリックした時の計測」などではページ系の変数を利用することがあるので、まずは、こういうものがあるというぐらいで覚えておこう。

この変数を本当の意味で使いこなすにはJavaScriptの知識が必要になってくるので、ノンプログラマの人は、ひとまず、ページ系、クリック系だけ覚えて、トリガーとタグの時に利用してみてほしい。

まとめ

Googleタグマネージャは変数とトリガーを利用すれば、今までGoogleアナリティクスだけでやっていた面倒な設定もGoogleタグマネージャから任意で行うことができるようになる。

よく使う、「外部リンクのクリック数」や「PDFのダウンロード数」などの数値を取る程度であれば、Googleタグマネージャから簡単な操作だけで設定することができる。

今回の記事では、この3つの要素があり、それらを組み合わせて、タグ配信を行うということだけ抑えておいてほしい。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. ga-gtm WordPressにGoogleアナリティクスとGoogleタグ…
  2. ga-crosu Googleタグマネージャでクロスドメインでのトラッキング設定の…
  3. cd-0 Googleタグマネージャでカスタムディメンションとカスタム指標…
  4. google-tagmane GoogleタグマネージャをWordPressに設定する利点とは…
  5. gtm-no-want Googleタグマネージャを導入しないほうがいいサイト
  6. virtual-0 Googleタグマネージャで仮想URLページビュー計測タグを設定…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

colorful0 LPテンプレートColorful(カラフル)をおすすめする9つの理由

この記事では、LPを簡単に作ることができるLPテンプレートColorful(カラフル)がどんな人にお…

gtmwp0 WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

push-auto WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

cta WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

pc-weak-like パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter でフォロー

PAGE TOP