Googleアナリティクスの使い方と分析

Googleアナリティクスの主な専門用語を正しく理解する

terms-0

Googleアナリティクスにはさまざまな専門用語があります。

それらの用語の正しい意味を理解していないと、正しい分析ができないです。この記事では、基本となる用語を解説します。

「ユーザー」とは

レポートのトップ画面に「ユーザー」というのがあります。

1ユーザーというのは、1人として見ることができますが、正しい解釈は少し違います。

Googleアナリティクスは、ブラウザのCookieによって、ユーザーの状況を把握しています。

例えばGoogleChromeならGoogleChromeのCookieを判断しているわけです。

ということは、同じ人が、違うブラウザを使った場合、それは、2ユーザーということになります。

つまり、厳密にいうと、1ユーザーは「1ブラウザ」という意味合いになります。

家族で同じPCを使っていて、違う人がGoogleChromeのブラウザを使っていた場合、実際は、2人ですが、1ユーザーになってしまいます。

 

「新規ユーザー」と「リピーター」の違い

ユーザーには2種類あって、新規ユーザーとリピーターとしてわけることができます。

「レポート」>「ユーザー」>「行動」>「新規とリピーター」というのを見てください。

すると、「Nes Visitor」と「Returning Visitor」というのがあります。

これが、新規ユーザーと、リピーターを表しています。

新規ユーザーは、過去2年以内にサイトに訪問したことがないユーザーが分類され、リピーターは、過去2年以内にサイトに訪問したことがあるユーザーが分類されます。

これを言い換えると、最後の訪問から2年以上、あいだを空けて、再訪問した場合は、新規ユーザーとしてカウントされるということです。

「セッション」とは

セッションは、多くの指標の元となる値なので一番利用頻度が高いです。

セッションは、ユーザーがサイトのページを表示するところから離脱するまでの訪問回数のことを指します。

例えば、一人の人が、同じブラウザを使って2回訪れたらユーザー数は1ですが、セッション数は、2セッションとなります。

同じ人でも「何回訪問したのか」ということが計測されるのがセッションです。

次の条件に当てはまった場合1セッションとしてカウントされます。

  • ページ間の移動が30分以上ない場合(30分サイトを開きっぱなしの場合セッション終了)
  • (30分以上経過していなくても)他のサイトから再度流入するなど参照元が変化した場合
  • 日付が変わった場合

この場合、一度セッションが終了したとみなされて、また訪れた場合、再度1セッションとなって数字が追加されます。

逆にこれらの条件がなかった場合は、何度サイトに訪れてもセッションは新たに追加されません。

「ページビュー数」とは

これは、単純に1ページが表示された回数です。

1人が10ページみたら、10ページビューです。

戻るボタンなどでページを戻っても1ページビューとして加算されあす。

さらに、更新ボタンを押しても追加されます。

この指標は、どのぐらいサイトを回遊しているかを見るときの目安として利用されることがあります。

記事を読んでもらうことを目的としたメディアサイトなどでは、このページビューが多いほど、アクティブにサイトを活用してもらえてることになるので、大事な数字の一つになります。

ページビュー数はPVなどと訳されることもあります。

「ページ/セッション」とは

ためしに、「レポート」>「行動」>「サイトコンテンツ」>「ランディングページ」を開いてみてください。

terms-1

すると、赤枠の部分に「ページ/セッション」という項目があります。

これは、1セッション中に閲覧されたページビューの平均を表しています。

この数字の算出方法は、「ページビュー数」の合計を「セッション数」の合計で割った値です。

例えば、セッション1が3ページビュー。セッション2が4ページビュー。セッション3が1ページビューの場合を見てみましょう。

『(3+4+1)÷3=2.67』

という数字になります。

この数字は、「平均PV数」などと言われる場合があります。

この数字が高ければ高いほど、よくサイトが見られているということになります。

「セッション時間」を理解する

セッションは多くの数字の分母となっていることが多いので、セッションについてはより正しく理解しておく必要があります。

「セッション時間」というのは、セッションの開始と終了の時間の差として計算されます。

「レポート」>「ユーザー」>「行動」>「ユーザーのロイヤリティ」を開くと、セッション時間ごとのセッションやページビュー数を見ることができます。

ただ、ここで知っておきたいのは、最後のページのセッション時間は含まれないということです。

次のケースを見てみてください。

この場合は、セッション時間が20分になります。

  • index.htmlに9:00に表示(サイトに訪問)
  • test1.htmlに9:10に表示(2回目の訪問)
  • test2.html9:20に表示(3回目=最終訪問)

このケースでは、技術的に最後の訪問時間は取得できないので最後のセッション時間は無視されるのです。

もし、最後のページで10分しっかり読んでいたとしてもそこで離脱すると、その部分は計測されないことになります。

つまり、セッション時間が30分とはならず、20分になってしまうということです。

セッション時間の数字はあくまでも目安であって厳密な数字ではないということは知っておいてください。

「平均セッション時間」を理解する

あるレポート期間の全セッション数のセッション時間を足して、それをセッション数で割ったものが「平均セッション時間」です。

「ユーザー」>「サマリー」に表示されている主要な指標となります。

例えば次のようなセッションが3つあったとします。

  • セッション1:9:00〜9:10 最後のヒット
  • セッション2:9:00〜9:20 最後のヒット
  • セッション3:9:00〜9:30 最後のヒット

この3つの平均セッション時間は、

『(10+20+30)÷3=20分』

となります。

ただ、ここで注意が必要なのは、直帰したセッションです。

もし、これに直帰したセッションが加わるとどうなるでしょうか?

  • セッション4:9:00 最終ヒット

すると、計算式は次のようになります。

『(10+20+30+0)÷4=15分』

このように、直帰したセッションが一つ入るだけでこれほど平均セッション時間が下がってしまうのです。

つまり、直帰率が高くなると、平均セッション時間も下がってしまうので、なるべく直帰しないようなサイト作りが重要になるということがここからわかると思います。

「平均ページ滞在時間」を理解する

これは、ページに対する指標です。

特定のページが表示された時刻と、次のページが表示された時刻の差が、ページ滞在時間になります。

この数字は、全ユーザーのページ滞在時間の合計を全体のページビュー数で割ることで求められます。

ためしに、「レポート」>「行動」>「サイトコンテンツ」>「ディレクトリ」を確認してみてください。

terms-2

このように確認することができます。

この数字も、セッション時間と同じく、最後の滞在時間は計算できません。

つまり、直帰率が高いサイトの場合、この平均時間も大幅に下がってしまうということです。

「直帰率」とは

「直帰」とは、言葉のとおりですが、1セッションで1ページビューしかない訪問のことです。

サイトに来てすぐに離脱してしまうということですね。

「直帰率」は、直帰数を全体のセッション数で割った数字になり、パーセンテージで表示されます。

基本的にはこの数字は低いほうが好ましいのですが、状況によっては、高くても良い場合もあります。

例えば、メディアサイトやブログの記事ページ、ECサイトのFAQページなどの場合、1テーマが1ページで完結していて、ユーザーが目的の情報を取得出来た場合、直帰率が高くなります。

FAQページで直帰率が低いということは、問題が解決せずにウロウロ迷っている場合もあるので、FAQページなどでは直帰率が高いほうがいいのです。

直帰率の指標は、「レポート」>「行動」>「サイトコンテンツ」>「すべてのページ」で確認ができます。

その他のページにも直帰率は指標として上がっていることがたくさんあります。

基本的に50%以下の直帰率を目指すようにサイト構成をしていくのが望ましいといえます。

「離脱率」とは

「離脱」というのは、ユーザーがサイトの閲覧をやめてセッションを終了することを言います。

直帰率との違いは、直帰率は、セッションに対する指標で、離脱率は、ページに対する指標です。

ユーザーはいつか必ずサイト自体を離脱するので、セッションに対する離脱率は100%です。

つまり、これだと意味がないですよね。

しかし、ページに対してだと、「どのページで離脱が多いのか?」というサイト運営をする上で重要な指標のひとつとして見ることができます。

「離脱率」というのは、そのページで離脱した数をそのページのページビュー数で割った数値をパーセンテージで表しています。

以下のようなケースで利用される数字です。

メディアサイトで記事が複数ページから構成されている

大手ポータルサイトなどでは、一つの記事を何ページにもわたって読ませるケースがあります。

個人的には、読み手の立場に経つと面倒だなと思うのですが、計測側からすると、1ページ目がおもしろくなければ、次のページが見られていないということがわかるので、サイト改善の指標に役立てることができます。

ECサイトなどのFAQコンテンツで回答が個別のページにわかれている

この場合は、離脱率が高いと、問題が解決したと見ることができます。このケースでは、離脱率が高いほうがユーザビリティとしては良いということになります。

ページの読み込み速度と相関している

ページの読み込み速度が遅いと、ユーザーはそのページで離脱する可能性が高くなります。この場合、サイトの表示速度を改善するための指標になります。

「コンバージョン率」とは

コンバージョン率は、コンバージョン率を全体のセッション数で割ったものでパーセンテージで表したものです。

コンバージョン率を見る上で次の2つに注意してください。

  • 1つのセッションでは、1つの目標に対するコンバージョン数は1回しかカウントされない
  • 母数はユーザーやページビュー数ではなく、セッションである

1回のセッションでコンバージョンページに2回到達したとしても、コンバージョンは1回としてカウントされます。

「レポート」>「コンバージョン」>「目標」>「サマリー」でコンバージョン率を確認することができます。

コンバージョン率は「CVR」などと言われることがあります。(Conversion Rate)の略。

「トランザクション」とは

トランザクションというのは、eコマースタグを用いて、サイト上の購入完了計測を行っている場合に計測される数値です。

トランザクションは、コンバージョンとは違い、1セッションで複数回カウントすることが可能です。

1回の商品購入で複数購入した場合、1つのトランザクションに、購入した商品情報と、購入個数、購入金額などが紐付けられます。

すべてのトランザクションで生じた売上金額の合計が「収益」という指標で表されます。

「ディメンション」とは

Googleアナリティクスを利用していると、「ディメンション」という聞き慣れない言葉が出てきます。

ディメンションとは、日本語では、「○○ごとの」とか、「○○別の」という表現ができるでしょうか。

例えば、下図のサイト内検索キーワードのディメンションはどこかというと、「ページ」にあたります。

ためしに、「レポート」>「行動」>「サイトコンテンツ」>「すべてのページ」を開いてみてください。

terms-3

この赤枠の部分がディメンションになります。

ちなみに、それ以外の右側を「指標」です。

このレポートでは、ページ(ディメンション)ごとにセグメントされた指標を閲覧している状況と言えます。

ディメンションはセグメントごとの切り口で、指標は切り口ごとの成果といえます。

「セカンダリディメンション」とは

サイトコンテンツなどのディメンションの上に「セカンダリディメンション」という項目があります。

terms-4

ディメンション(プライマリディメンション)をセグメントの切り口とすると、セカンダリディメンションは、更に追加できるもうひとつのセグメントの切り口だと思ってください。

2つを掛けあわせて、セグメントの切り口を絞り込んだ指標を見ることができます。

セカンダリディメンションは、「クロス集計」などと呼ばれることがあります。

一度適用したセカンダリディメンションを消すには、列の見出しの横にある「☓」をクリックすると消すことができます。

「チャネル」とは

チャネルというのは、ディメンションの一つで、ユーザーの訪問経路を表します。

標準で、以下の9種類の「デフォルトチャネルグループ」が設定されています。

チャネル名 説明/定義
Direct ブラウザでのURLの直接入力やブックマーク、またはブラウザ以外のアプリからの訪問
Organic Search GoogleやYahoo!などの自然検索からの訪問
Referral 自然検索、ソーシャルメディア、カスタムキャンペーンのパラメータを付与された流入元以外で、なおかつリンクをたどって行われた訪問
Email カスタムキャンペーンのパラメータが付与されたメールからの訪問
Paid Search Google AdWordsのリスティング広告(ディスプレイ広告以外)からの訪問
Other Advertising 以下の定義に一致する、その他の広告からの訪問

メディア 正規表現一致 ^(cpv|cpa|cpp|content-text)$

Social Googleアナリティクスがソーシャルメディアと定義した参照元からの訪問
Display Google AdWordsのディスプレイ広告からの訪問
(Other) 上記以外の訪問

チャネルは、自分で自由に定義して増やすことも可能です。

「メディア」と「参照元」とは

ためしに、「レポート」>「集客」>「すべてのトラフィック」>「参照元/メディア」を開いてみてください。

terms-5

ディメンションの上に、「参照元」と「メディア」があります。

「メディア」というのは、チャネルが登場する前からあり、ユーザーの訪問経路を分類するためのディメンションです。

プライマリディメンションをメディアに切り替えると、メディアのみをディメンション指標として確認できます。

メディアには、特別な設定をしないで、Googleアナリティクスが自動的に判別して付与するものが4種類ります。

チャネル名 内容
organic 自然検索からの訪問
social ソーシャルメディアからの訪問
referral 自然検索とソーシャルメディア以外の参照元からの訪問
(none) ほかのメディアからの訪問ではない訪問

この4種類以外では、ユーザーが明示的に特定の訪問経路に対してパラメータを付与した場合の値も表示できます。

例えば、メルマガに記載したリンクURLにキャンペーンのパラメータを付与した場合などです。

「参照元」とは、自社サイトへのユーザーの訪問元となった外部サイトを表すディメンションです。

メディアの下位の概念と言えますね。

これも、メディアと同じで、Googleアナリティクスが自動的に分類していて、「Google」「Yahoo!」などの参照元があります。

こちらもカスタムキャンペーンのパラメータとして明示的に設定することも可能です。

「セグメント」とは

セグメントという本来の意味は、「分割された部分」のことをいいます。

Googleアナリティクスでいう、セグメントというのは、レポートの値を特定条件で絞り込む機能としてこの言葉を使います。

さまざまな軸でサイトの分析データを絞り込める強力な機能です。

ほとんどのレポートで利用ができ、同時に4つまでセグメントを適用して、比較を行うことができます。

標準で22種類のセグメントが用意されています。

ユーザー

すべてのセッション セグメントを適用しないセッション(標準の設定)
新規ユーザー 過去2年間以内にサイトを訪問したことがないユーザー
リピーター 過去2年間以内にサイトを訪問したことがあるユーザー

デバイス

モバイルトラフィック スマートフォンからの訪問
タブレットトラフィック タブレットからの訪問
モバイルとタブレットのトラフィック スマートフォンとタブレットからの訪問
タブレットとPCのトラフィック タブレットとパソコンからの訪問

行動

シングルセッションユーザー 1回だけ訪問したユーザー
マルチセッションユーザー 2回以上訪問したユーザー
直帰セッション 直帰したセッション
直帰以外のセッション 直帰しなかったセッション
サイト内検索を実行したユーザー サイト内検索を利用したユーザー

参照元

検索トラフィック 自然検索とリスティング広告両方からの訪問
参照トラフィック 検索エンジン以外の参照元からの訪問
自然検索トラフィック 自然検索からの訪問
有料のトラフィック リスティング広告からの訪問
ノーリファラー 参照元が記録されていない訪問

コンバージョン

コンバージョンが達成されたセッション コンバージョンが発生したセッション
コンバージョンに至ったユーザー 過去の訪問でコンバージョンが発生したことのあるユーザー
コンバージョンに至らなかったユーザー 過去の訪問でコンバージョンが発生したことのないユーザー
トランザクションの発生したセッション eコマーストラッキングによる購入完了があったユーザー
購入したユーザー 過去の訪問でトランザクションが発生したユーザー

「レポート」>「行動」>「サイトコンテンツ」>「すべてのページ」から、「すべてのセッション」をクリックして、セグメントを設定できます。

terms-6

セグメントの軸は、「ユーザー」か「セッション」のいずれかです。

よく使うセグメントにはスターを付けておくといいでしょう。

「スター付き」グループに表示されます。

自分で新しいセグメントを作ることもできます。

作成したセグメントは、カスタムグループに保存されます。

まとめ

Googleアナリティクスで利用する基本的な用語はすべてまとめました。

この用語の意味がわからないと、Googleアナリティクスで分析自体ができないので、これらの用語は、基本知識として覚えておくといいでしょう。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. muryou-jyougen Googleアナリティクスの無料版で計測できるデータの上限値は
  2. short-url Google URL Shortenerで短縮URLを生成する
  3. urlseisei URL生成ツールでカスタムキャンペーンのパラメータを生成する
  4. riyoukiyaku Googleアナリティクスの重要な利用規約とポリシーを理解する
  5. mokuteki-rikai Googleアナリティクスを導入する前にWebサイトの目的を理解…
  6. IncreaseDecrease Googleアナリティクスでセッション数の急激な増減の詳細をグラ…
  7. pipotto Googleアナリティクスのピポット機能を使ってより細かい軸で分…
  8. new-segment0 Googleアナリティクスで新しいセグメントを作成する

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

colorful0 LPテンプレートColorful(カラフル)をおすすめする9つの理由

この記事では、LPを簡単に作ることができるLPテンプレートColorful(カラフル)がどんな人にお…

gtmwp0 WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

push-auto WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

cta WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

pc-weak-like パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter でフォロー

PAGE TOP