WordPressプラグイン

ショートコードで可変グリッドレイアウトを作れるプラグイン「Lightweight Grid Columns」

WordPress内で雑誌のように横並びにテキストボックスを表示したいと思うことがあると思います。

このプラグインを使えばショートコードを差し込むだけで簡単に可変グリッドレイアウトを作ることができます。

プラグイン挿入例

このように2列でテキストボックスを並べることができます。

lgc1

プラグインの特徴

  • ショートコードで簡単に可変グリッドレイアウトを作成できる

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできますしWordPress内で「Lightweight Grid Columns」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「0.6」。

Columns
Price: Free

プラグインの使い方

管理画面の場所

管理画面での設定は特にありません。

プラグインの設定

投稿ページの下図の赤枠のアイコンから設定します。

lgc2

クリックすると次のような画面になります。

lgc3

Desktop grid percentage:パソコンなどのデスクトップで表示された時のカラムのパーセント幅

Tablet grid percentage:タブレットで表示された時のカラムのパーセント幅

Mobile grid percentage:スマホなどのモバイルで表示された時のカラムのパーセント幅

Content:ショートコードの間に表示させる文章のこと(先に挿入してから後で文章を挿入してもいいでしょう)

Last column in row?:最後のものにチェックを入れる

「OK」をすると次のようなショートコードが書き出されます。

lgc4

「テスト投稿」となっている部分に挿入したいコンテンツを記入します。

50%ずつなので、2列にしたい場合は、このショートコードを2つ記入すれば、横並びで表示されます。

使ってみた感想のまとめ

すごく簡単に、なおかつ部分的にグリッドフレームワークにできるので、すごく使いやすいです。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. 導入するだけでコメントを無効化させ投稿できなくさせるプラグイン「…
  2. 記事のIDを投稿一覧の管理画面に表示させるプラグイン「Revea…
  3. 管理画面の配色や背景を自由に変更できるWordPressプラグイ…
  4. WordPressアクセス解析が簡単に設定できる「Jetpack…
  5. ショートコードでカウントダウンタイマーを設置できるWPプラグイン…
  6. メディアのギャラリーを拡張できるプラグイン「BNE Galler…
  7. ありえないほど簡単にコンテンツスライダーが作成できるプラグイン「…
  8. インストール済みのプラグインがサイトの表示スピードに与えている影…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter

Facebookページ

Googleブランドページ

PAGE TOP