Windowsカムタジア9(Camtasia)でテロップを入れる使い方

この記事では、Windows版Camtasia9でテロップを挿入する使い方について解説します。大きく2種類の方法がありますので、使いやすい方を選んでお使いください。

YouTubeで解説

YouTubeの内容を文章で解説

注釈からテロップを入れる方法

どうそんです。それではですね。

Windows版のcamtasia 9のテロップの入れ方について解説します。Windows版のcamtasia9 はですね大きく2種類のテロップの入れ方があります。

一つ目なんですけれども一つ目はこの注釈からですね。

この吹き出しを選択していただいてここからドラッグアンドドロップして頂いて、このように挿入されます。

タイムライン見ていただくと、ここに吹き出しというのが入ってると思います。そしてここに直接文字を打ち込みます。

はいこのようにしてですねテロップを入れることが可能です。

そして、ここの右側プロパティの方でフォントを変えたりとか文字のサイズを変えたりとかですね。あとスタイルを変えたり文字の配置位置を変えたりなんていうことも可能です。そしてこの右側の吹き出しの部分を選択すると、例えばこの背景の塗りつぶしの色をですね。

自分の好みのものに変えたりとか、テキストや四角形などの形を変えたり自由に色々変えることが可能です。そしてアウトラインですね。これは枠線ですけれども枠線を変えたり太さを調整したいできます。あと不透明度を調整したりなどが可能になっています。

キャプションからテロップを入れる方法

そしてもう一つなんですけれどももう一つが、その他のキャプションというところです。こちらをクリックしてください。

すると、キャプションというものを入れるところが出てきます。

キャプションというのはです、どちらかと言うと字幕的な意味になってまして、補足情報ですなどを伝えるときに使います。キャプションをクリックしていただくと、このように「+キャプションを追加」というボタンが出てきます。

「+キャプションの追加」をクリックすると、画面に覆いかぶさるようにウィンドウが出てきます。

ここに例えばPowerPointの使い方と書いたとします。すると、下の方にPowerPointの使い方というのが黒背景で白文字で出るのがわかると思います。

このようにキャプションを挿入することが可能です。

あと、トラックでクリップの長さを調整することができます。そうすると表示時間を調整することができます。

そして+ボタン押していただくとまた続きですね。続きを記入とこういう風にですねどんどんどんどん文章を入れてことができるんです。

このようなテロップの入れ方がありますのでご自身で動画の内容に合わせて調整して使っていただけたらと思います。

まとめ

以上がWindows版カムタジア9で動画にテロップを入れる手順でした。

【Udemy講座】はじめての人のためのWindows版カムタジア9(Camtasia)の使い方

動画でWindows版カムタジア9のすべての使い方を学びたい方はこちら>>>

ブログ更新通知を受け取る



ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。山田どうそんです。37歳未婚。現在、東京都江東区に住んでいます。出身は佐々木希と同じ、秋田県秋田市。趣味は筋トレで週3回トレーナーをつけてジム通いしています。ビジネスは、コンテンツ制作のコンサルティングを行っています。 もともと、月収15万円の借金だらけ。未来に何一つ希望を持てなかった僕ですが、インターネットのビジネスをしたことで今では値段を気にせず買い物ができるようになりました。そうなれた要因の一つに「コンテンツ制作のスキル」を身につけたことがあります。 なぜ、「コンテンツ制作のスキル」を身に着けたことで稼げるようになったのか?それは、「コンテンツの質」=「集客力」だからです。多くの方がビジネスをはじめて、うまくいかないのは集客ができないからです。集客をするために、Facebookを始めたり、インスタグラムをはじめたり、YouTubeをはじめたり・・・。いろいろ試してみても、思ったようにうまくいかない人が多いのが現状です。 そんな、集客で悩んでいる人のために、どうやってコンテンツ力を上げて集客力を身につけられるのかをコンサルしています。 僕は、ネットビジネスで人生を大きく変えることができました。一生貧乏で一生自分に自信を持てない人生を歩み続けると思っていました。それが、今では上場企業の部長クラスの人よりも稼げるようになり、自分に大きな自信を持てるようになりました。それは、正しい知識を正しく学んでいったからです。ビジネスで集客力を身に着けて自分のビジネスを成功させたいという方のために力になりたいと思っています。 そして、僕は、もっともっと成長して人生を楽しみたいと思っています。