macの画面を自動スリープさせないように設定できるアプリ「Caffeine」

セミナーなどでプレゼンしている時に、勝手にスリープになって何度もパスワードを入力したことがあるという人にはこのアプリをおすすめします。

このアプリを使えば環境設定からわざわざ設定しなくてもワンクリックでスリープのオン、オフを切り替えることができます。

アプリの特徴

  • 自動でスリープしないように設定できる

アプリのダウンロード

ダウンロードは下記リンクからできます。無料アプリです。

The app was not found in the store. :-(

アプリの使い方

起動すると、メニューバーに次のようなアイコンが表示されます。

caffeine2

コーヒーが空の場合はオフで、入っている場合はオンになります。

アイコンにマウスを合わせて、右クリックすると次のような画面になります。

caffein3

「Preferences」から環境設定を行えます。

caffeine1

Automatically start Caffeine at login:ログイン時に自動的にアプリを起動します。

Activate Caffeine at launch:アプリを起動すると「オン」の状態で起動します。

Show this message when starting Caffeine:アプリを起動した時にこのダイアログボックスを表示させます。

Default duration:スリープまでの時間を選択できます。(Indefinitely:無制限)

メニューバーの「Activate for」からもスリープまでの時間を設定できます。

使ってみた感想のまとめ

ボタン一つでスリープ設定ができるのはすごく便利です。

シンプルなものほど使い勝手がいいものですね。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

The following two tabs change content below.

山田 どうそん

現在「電子書籍出版株式会社」というグループ会社の代表をするとともに、個人事業として「トリガーマインド」を運営しています。 法人では電子書籍の出版代行やプロダクトローンチの企画運営、メディア制作代行、などを行っています。「トリガーマインド」は個人向けの教育事業を中心として展開しており個人の方がネットから低資金で集客できるようなノウハウを提供しています。 他には仮想通貨の自動売買の販売。仮想通貨の情報配信なども行っています。

【WordPressの最適な初期設定をすべて解説した動画78個を今だけ無料プレゼント】

 

 

あなたがもしこれからWordPressをはじめようとしているならこのプレゼントをぜひお受け取りください。

 

最初の初期設定を間違えてしまうと、あとから変更することができず、せっかくのWordPressの効果を最大限に活かすことができなくなってしまいます。

 

「長時間かけて作ったブログがあとから間違っていてすべて作り直し」

 

なんてことにならないために、このプレゼントを受け取って正しい設定をしてからスタートしてください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現在「電子書籍出版株式会社」というグループ会社の代表をするとともに、個人事業として「トリガーマインド」を運営しています。 法人では電子書籍の出版代行やプロダクトローンチの企画運営、メディア制作代行、などを行っています。「トリガーマインド」は個人向けの教育事業を中心として展開しており個人の方がネットから低資金で集客できるようなノウハウを提供しています。 他には仮想通貨の自動売買の販売。仮想通貨の情報配信なども行っています。