macで目的地がわかりやすい地図を作成できるアプリ「Map Editor」

地図と言えばGoogle Mapですが、目的地をより詳しく説明するようなもっとわかりやすい地図を作りたいという人もいると思います。

そんな人には、この「Map Editor」が使えますよ。

地図を作成することに特化したアプリで、簡単な操作で簡易的でわかりやすい地図を作成することができます。

アプリの利用例

このような目的地周辺をわかりやすく案内できる簡易的な地図を簡単に作成できます。

mapeditor1

アプリの特徴

  • わかいやすい地図を簡単に作成できる

アプリのダウンロード

ダウンロードは下記リンクからできます。有料アプリです。

マップエディタ
マップエディタ
Developer: デベロッパ:NOKKEUSI Inc.
Price: ¥360
  • マップエディタ Screenshot
  • マップエディタ Screenshot
  • マップエディタ Screenshot
  • マップエディタ Screenshot
  • マップエディタ Screenshot

アプリの使い方

起動すると、下図のような画面になり、サンプルから選択する方法と、新規で作成する方法を選べます。

mapeditor2

「新規ドキュメント」から作成すると、真っ白なキャンバスにツールを使って作成していくことができます。

mapeditor3

上のメニューバーかで選択してドラッグするとキャンバスに配置できます。

mapeditor4

オブジェクトをカーブさせたいときは、オブジェクトの上で右クリックをして選択するとハンドルが出てくるのでそちらで操作します。

mapeditor5

このようにピンクのハンドルが出てきてカーブさせることができます。

mapeditor6

使ってみた感想のまとめ

直感的に簡単に操作できるのでいじってて楽しかったです。

お店などの実店舗を経営している人は、Google Mapとプラスしてこのような地図を作ってあげるとよりお客さんが迷わずにたどり着けるとおもうので、このアプリで作ってみてください。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう