Googleタグマネージャー

Googleタグマネージャでクロスドメインでのトラッキング設定のしかた

ga-crosu

例えば、「http://test.com」などのような単一のドメインだけを計測する場合は、非常に簡単に設定ができますが、サブドメインや違うドメインも、一つのGoogleアナリティクスIDでリサーチしたいという場合は少し追加の設定が必要です。今回は、そちらの設定方法について解説していきます。

サブドメインはCookieドメインの設定をする

サブドメインをまとめて計測するやり方について説明します。

ユニバーサルアナリティクスというのは、ブラウザのCookieにユーザーを識別するIDを保存する仕組みになっています。

Cookieはドメインごとに作られるのでそのままだと、サブドメインごとに異なるCookieが発行されてしまいます。つまり、別々に計測されてしまうということですね。

もし、これらをまとめて計測する場合は、サブドメインが変わっても同じCookieを参照するような設定が必要になります。

Googleタグマネージャの場合、これをフィールドで設定します。

sub-dome

このように、「その他の設定」から「設定するフィールド」を開き、「フィールド名」に「cookieDomain」を設定します。

これは、プルダウンメニューとして選択できるので選択してください。

「値」は「auto」に設定して完了です。

Cookieとは?

Cookie(クッキー)とは、簡単にいうと、ブラウザがユーザー情報を一時的に保存しておく仕組みのことです。

よく、一度アカウントとパスワードを設定するとそれ以降は自動でログインできたりしますよね。

あれは、Cookieがデータ情報を保存しておいているので、それ以降訪れた場合に自動でログインできるようになっているのです。

この仕組を使って、Googleアナリティクスはアクセス情報を集めて解析していきます。

クロスドメイントラッキングはリンク設定をする

次はクロスドメイントラッキングです。

違うドメインを一つのアナリティクスIDで解析するための設定をします。

まず最初に、タグ設定の「その他の設定」から「クロスドメイントラッキング」を開きます。

その中の「自動リンクドメイン」の項目に、自分が計測したいドメインをカンマ区切りで入力します。

cros-dome

このドメイン入力の際に、「http://」は入れないように注意しましょう。

クロスドメイントラッキングはこの後にもう一つ設定が必要です。

サブドメインの場合と同じように、「設定するフィールド」でフィールドを追加し、「フィールド名」に「allowLinder」、「値」に「true」を入力します。

cros-dome2

以上でクロスドメイントラッキングの設定は完了です。

かなり簡単に行うことができました。

Googleタグマネージャを使うと、これほど簡単にクロスドメイントラッキングの設定ができるのでぜひ利用してください。

外部ECサイトを利用している場合にクロスドメイントラッキングを使う

クロスドメインのトラッキング設定はネットショップを運営している人が、決済だけ外部の決済サービスを利用している時などに利用することが多いと思います。

よくあるのが、WordPressでブログを書いていて、商品決済だけは、外部の決済サービスを利用したいというケースです。

もし、WordPressにしかアクセス解析を設定していないと、決済ページのアクセス数や、決済状況がWordPressとひも付けできません。

そういう場合にこのクロスドメイントラッキングを利用するといいでしょう。

ただ、この場合は、条件があって、外部決済サービスでGoogleタグマネージャのコンテナスニペットを設定できるようなサービスかどうかということです。

このタグを決済ページに埋め込めるのであれば、クロスドメイントラッキングは可能ですが、もし埋め込めないのであれば、クロスドメイントラッキングは利用できません。

僕は、昔、WordPressでブログを書いていた時、外部決済サービスを利用していましたが、外部決済のアクセス解析ができずに、正しい解析ができなくて、歯がゆい思いをしたことがありました。

Googleタグマネージャができる前は、Googleアナリティクスのタグに直接コードを追加して、それぞれのページに貼り付けるという、高度な設定が必要でした。

ある程度プログラミングがわからないと、難しかったのです。

でも、今は、Googleタグマネージャができたので、それらの設定をこの記事のように簡単にできるようになりました。

これは、素晴らしいことですね。

もし、ブログを書いていて決済を別でやってる人は、このクロスドメイントラッキングの設定をして正しいアクセス解析をしてください。

そして、サイト運営の向上に活かしてもらえたらと思います。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. tag-mane-three Googleタグマネージャ「タグ」「トリガー」「変数」とは
  2. ga-gtm WordPressにGoogleアナリティクスとGoogleタグ…
  3. cd-0 Googleタグマネージャでカスタムディメンションとカスタム指標…
  4. gtm-no-want Googleタグマネージャを導入しないほうがいいサイト
  5. google-tagmane GoogleタグマネージャをWordPressに設定する利点とは…
  6. virtual-0 Googleタグマネージャで仮想URLページビュー計測タグを設定…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

colorful0 LPテンプレートColorful(カラフル)をおすすめする9つの理由

この記事では、LPを簡単に作ることができるLPテンプレートColorful(カラフル)がどんな人にお…

gtmwp0 WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

push-auto WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

cta WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

pc-weak-like パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter でフォロー

PAGE TOP