WordPressプラグイン

WordPressの海外テーマと英語のプラグインを日本語翻訳できる「My WP Translate」

WordPressは非常に使いやすいですが、テーマの多くは海外テーマですし、素晴らしいプラグインも英語がほとんどです。

どうしても英語が苦手、使いづらいと思う方も多いと思います。

そんなとき、このプラグインを使うと英語を日本語に翻訳して利用することができます。

自動で翻訳してくれるわけではないですが、一度設定すると英語を日本語にしてくれるので非常に便利です。

プラグインの特徴

  • 海外テーマを日本語に変更できる
  • 英語のプラグインを日本語に変更できる

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできますしWordPress内で「My WP Translate」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「1.0.2」。

My WP Translate
Developer: MyThemeShop
Price: Free

プラグインの使い方

管理画面の場所

「メインサイドメニュー」>「My WP Translate」に表示されます。

mwt1

プラグインの設定

「My WP Translate」をクリックすると「+Add Plugin」がアクティブになっています。

mwt2

まずは、テーマの翻訳から設定しますので、自分が現在設定しているテーマをアクティブにしてください。僕の場合は「Hexa」が現在のテーマですが、ここは人によって使っているテーマ名が違いますのでよろしくお願いします。

テーマを翻訳する

テーマをアクティブにすると、おそらく次のような表示になると思います。

mwt3

We couldn’t find language file, please enter the path to your theme/plugin language file relative to wp-content folder.

⇒(言語ファイルを見つけることができませんでした、あなたのテーマ/プラグイン言語ファイルの相対パスを入力してください。)

このようになっていますので、下にあるテキストボックスに言語ファイルの相対パスを任意で設定する必要があります。

このファイルの探し方は、FilezillaなどのFTPソフトを使って自分のWordPressが入っているフォルダを開きます。

僕のサイトであれば、(レンタルサーバーの方)

triggermind.com(あなたのドメイン) ⇒ public_html ⇒ wp-content ⇒ themes ⇒ hexa(テーマ名) ⇒ languages(言語フォルダ) ⇒ hexa.pot(言語ファイル)

となります。

なので、これをそのままスラッシュで区切って入力します。

/themes/hexa/languages/hexa.pot

このように入力して、「変更を保存」をすると次のように

「Enable translation panel」

と出てくるのでチェックを入れるとその下に翻訳するべき英語が一覧で表示されます。

mwt4

あとは次のようにGoogle翻訳などで翻訳して日本語を入力していきます。

mwt5

結構大変な作業ですけど、一度やってしまうと後は楽なのでがんばってやってみてください。

ちなみに、保存などは特に必要なくて入力するとそのまま反映させることができます。

ただ、テーマがアップデートされた場合に、言語ファイルのバックアップを取っておかないとすべてが水の泡になってしまうので、日本語入力がすべて終わったら、

「Create and Download .po file」

をクリックしてファイルをバックアップしておきましょう。

mwt6

プラグインの日本語翻訳

次はプラグインの日本語翻訳ですがこれも基本的にテーマの翻訳と同じです。

「+Add Plugin」をアクティブにして「Select Active Plugin」で翻訳したいプラグインを選択します。

mwt7

次のように選択できるので翻訳したいプラグインを選んでください。

mwt8

翻訳プラグイン自体を翻訳してみましょう。

mwt9

選択した「My WP Translate」がタブ表示になるのでそちらをクリックしてアクティブにします。

そして、「Enable translation panel」にチェックを入れると、テーマのときと同じように日本語の翻訳を入力できるようになります。

プラグインもよくアップデートされるので、こちらもしっかりとバックアップをとっておきましょう。

ちゃんと反映しているか確かめる

ちゃんと日本語訳になってるか見てみましょう。

「Add」を「加える」に翻訳しました。

mwt10

はい。この通り「加える」に変更になってますね。

mwt11

使ってみた感想のまとめ

プラグインだけでなくテーマも翻訳できるのは素晴らしいですね。

無料の海外テーマでかっこいいのはたくさんありますけど、どうしても英語が苦手で敬遠していた人でもこのプラグインがあれば、どんなテーマでも使えますよね。

ぜひ、利用してみてください。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. ページの目次を自動生成してくれるWordPressプラグイン「T…
  2. 短縮URLを生成してリンクのクリック数を計測できるWordPre…
  3. 画像をクリックするとフワッと大きく表示されるLightboxプラ…
  4. 長文の記事をアコーディオン表示にして折りたためるプラグイン「Co…
  5. WordPressにスライドショーを設置できるスライダープラグイ…
  6. 投稿一覧やカスタム投稿で記事の並べ替えができるWordPress…
  7. 固定ページに投稿ページと同じようなタグを挿入できるプラグイン「T…
  8. WordPressで記事投稿テンプレートを作れる「TinyMCE…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

LPテンプレートColorful(カラフル)をおすすめする9つの理由

この記事では、LPを簡単に作ることができるLPテンプレートColorful(カラフル)がどんな人にお…

WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter でフォロー

PAGE TOP