Googleアナリティクスの使い方と分析

Googleアナリティクスのピポット機能を使ってより細かい軸で分析する

サイト改善のコツとして、より集客できていてパフォーマンスの高いページにリソースをさくことは、サイト全体を向上させるうえで重要な考え方です。

その時に、より細かい軸でページを分析できるGoogleアナリティクスのピポット機能がおすすめです。

「レポート」>「集客」>「すべてのトラフィック」>「参照元/メディア」で、まずは、水色枠のセカンダリディメンションを「ランディングページ」に設定してください。

pipot

そして、赤枠部分のピポット機能をクリックし、黄色枠をユーザータイプにします。

すると、参照元メディアとランディングページと新規ユーザー、リピートユーザーをひと目で表示できました。

これを使えば、どのページに新規客が多く来ているのかわかりますし、どこから来ているのかもわかります。

こうやって、分析の軸を増やすことで、違った視点でサイトを見ることができます。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. URL生成ツールでカスタムキャンペーンのパラメータを生成する
  2. Googleアナリティクスで新しいセグメントを作成する
  3. GoogleアナリティクスでLPO対策が必要なランディングページ…
  4. Googleアナリティクスのオーガニック検索キーワードを円グラフ…
  5. Googleアナリティクスのレポートをアドバンスフィルタで絞り込…
  6. Webサイト改善の基本的な考え方
  7. Googleアナリティクスのショートカットキー
  8. Googleアナリティクスでセッション数の急激な増減の詳細をグラ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

LPテンプレートColorful(カラフル)をおすすめする9つの理由

この記事では、LPを簡単に作ることができるLPテンプレートColorful(カラフル)がどんな人にお…

WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter でフォロー

PAGE TOP