Googleアナリティクスのピポット機能を使ってより細かい軸で分析する

サイト改善のコツとして、より集客できていてパフォーマンスの高いページにリソースをさくことは、サイト全体を向上させるうえで重要な考え方です。

その時に、より細かい軸でページを分析できるGoogleアナリティクスのピポット機能がおすすめです。

「レポート」>「集客」>「すべてのトラフィック」>「参照元/メディア」で、まずは、水色枠のセカンダリディメンションを「ランディングページ」に設定してください。

pipot

そして、赤枠部分のピポット機能をクリックし、黄色枠をユーザータイプにします。

すると、参照元メディアとランディングページと新規ユーザー、リピートユーザーをひと目で表示できました。

これを使えば、どのページに新規客が多く来ているのかわかりますし、どこから来ているのかもわかります。

こうやって、分析の軸を増やすことで、違った視点でサイトを見ることができます。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう