WordPressプラグイン

インストール済みのプラグインがサイトの表示スピードに与えている影響を測定できる「3P(Plugin Performance Profiler)」

「WordPressのプラグインってどのぐらい入れていいんだろう?」と思ったことありませんか?

よく、「プラグインは入れ過ぎるとよくない」と言われますけど全く目安がわからないと判断のしようがありませんよね。

プラグインを入れ過ぎるとサイト表示スピードが遅くなるからあまり入れないほうがいいと言われますが、その表示スピードを計測してくれるプラグインが今回紹介する、「3P(Plugin Performance Profiler)」です。

プラグインの特徴

  • 導入しているプラグインがサイト表示スピードにどの程度影響を与えているかチェックできる

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできますしWordPress内で「「3P(Plugin Performance Profiler)」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「1.5.3.9」。

P3 (Plugin Performance Profiler)
Developer: various
Price: Free

プラグインの使い方

管理画面の場所

「ツール」>「3P Plugin Profiler」から利用します。

3p-1

プラグインの設定

使い方は簡単で、「P3 Plugin Profiler」をクリックして次のページを表示します。

p32

そこで、「Start Scan」をクリックします。

p33

すると、このような画面になるのでそのまま「Auto Scan」をクリックします。

p34

しばらくスキャンされているので、終わったら「View Results」をクリックします。

p35

終わると、「Plugin Load Time」というのが表示されます。この場合だと、「0.037」秒プラグインの読み込みに時間がかかっていることになります。

1秒以内であれば、問題ないのでこれだと大丈夫ですね。

もし、これが1秒を超えるようだとプラグインの調整が必要になります。

使ってみた感想のまとめ

このプラグインを導入してから、読み込みスピードを気にする必要がなくなったので、積極的にプラグインを導入できるようになりました。

絶対に入れておきたいプラグインの一つです。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. 過去の投稿記事をカレンダー形式で表示できるWordPressプラ…
  2. 投稿や固定ページの管理画面一覧を自由にカスタマイズできるプラグイ…
  3. サイト表示速度改善のために画像圧縮できる「EWWW Image …
  4. サイトのリンク切れをチェックできるリンク切れチェッカーWPプラグ…
  5. クリップボードに保存した画像をそのまま投稿記事に貼り付けることが…
  6. WordPressアクセス解析が簡単に設定できる「Jetpack…
  7. WordPressでプロフィール設定ができるプラグイン「Soci…
  8. 管理画面の配色の種類を8種類増やせるWordPressプラグイン…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter

Facebookページ

Googleブランドページ

PAGE TOP