WordPressプラグイン

WordPressの記事投稿タイプを後から自由に変更できるプラグイン「Post Type Switcher」

固定ページとして書いた文章を後から普通の投稿ページに変更したいという時があると思います。

このプラグインを使えば、簡単に自由に投稿タイプを変更できます。

プラグイン挿入例

このように記事編集ページの「公開」に投稿タイプを変更できるメニューが表示されます。

pts1

プラグインの特徴

  • 記事投稿タイプを後から自由に変更できる

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできますしWordPress内で「Post Type Switcher」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「2.0.1」。

Post Type Switcher
Developer: various
Price: Free

プラグインの使い方

管理画面の場所

管理画面での設定は特にありません。

プラグインの設定

プラグインをインストールして有効化するだけですぐに利用できます。

使ってみた感想のまとめ

このプラグインは、普通の記事だけでなく、固定ページやカスタム投稿タイプでも変更できます。

固定ページに書いたものを後で普通の投稿ページに変えたいということもあると思います。

そのようなときはこのプラグインが便利です。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. レスポンシブデザインに対応したLightboxプラグイン「Res…
  2. 無限スクロールを設定できるWordPressプラグイン「Ajax…
  3. サイト表示速度改善のために画像圧縮できる「EWWW Image …
  4. WordPress記事投稿時にショートコードで装飾が作成できる「…
  5. 投稿や固定ページの管理画面一覧を自由にカスタマイズできるプラグイ…
  6. WordPressでFacebookの「いいね」ボタンのようなも…
  7. アップロード済みの画像ファイル名をリネームできるプラグイン「Me…
  8. フォトギャラリーをサクッと作れるWordPressプラグイン「P…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter

Facebookページ

Googleブランドページ

PAGE TOP