WordPressの記事投稿タイプを後から自由に変更できるプラグイン「Post Type Switcher」

固定ページとして書いた文章を後から普通の投稿ページに変更したいという時があると思います。

このプラグインを使えば、簡単に自由に投稿タイプを変更できます。

プラグイン挿入例

このように記事編集ページの「公開」に投稿タイプを変更できるメニューが表示されます。

pts1

プラグインの特徴

  • 記事投稿タイプを後から自由に変更できる

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできますしWordPress内で「Post Type Switcher」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「2.0.1」。

Post Type Switcher
Post Type Switcher
Price: Free

プラグインの使い方

管理画面の場所

管理画面での設定は特にありません。

プラグインの設定

プラグインをインストールして有効化するだけですぐに利用できます。

使ってみた感想のまとめ

このプラグインは、普通の記事だけでなく、固定ページやカスタム投稿タイプでも変更できます。

固定ページに書いたものを後で普通の投稿ページに変えたいということもあると思います。

そのようなときはこのプラグインが便利です。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう