WordPressプラグイン

WordPressにPush7の購読ボタンをショートコードで簡単に設置する方法

WordPressの更新をプッシュ通知で配信できるようにPush7を導入しているサイトが増えてきましたね。

Push7を登録した後に、WordPressに購読ボタンを設置する方法は、大きく2種類あります。

一つは、CSSでボタンを設置する方法です。

そしてもう一つはプラグインで簡単にボタンを設置する方法です。

この記事では、Push7の登録のしかたを簡単に説明した後に、WordPressに購読ボタンを設置する「Push7 Subscribe button」というプラグインの使い方を説明します。

プラグイン挿入例

ショートコードで購読ボタンを挿入した場合です。小さな購読ボタンと大きな購読ボタンの2種類を設置できます。

こちらが小さなボタンです。

push7-1

こちらが大きなボタンです。

push7-10

Jetpackで挿入した場合。

push7-2

Push7の登録をする方法

まずは、Push7でアカウントを作る必要があります。

ここの説明は多くの方がすでに行っているので、簡単に説明します。

Push7の公式サイトから新規登録を行います。

Push7の公式サイトはこちら

メールを送って仮登録を行い、送られてきたメールで本登録を完了させます。

push7-3

ここからログイン用のメールアドレスとパスワードを設定します。

登録が終わった後に、サイトの登録を行います。

push7-4

サイト名、サイトURL、サイトアイコン、アプリケーションURLを自分のサイト情報として登録してください。

登録が完了すると、次のように表示されます。

push7-5

設定が完了したら、「アプリケーション設定」>「自動プッシュ設定」>「WordPress」に行き、「APPNO」の数字を控えておきます。

push7-6

これでPush7のアカウント作成は終了です。

次は、「Push7 Subscribe button」というプラグインを導入して購読ボタンを設置していきましょう。

プラグインの特徴

  • ショートコードでPush7の購読ボタンを設置できる
  • Jetpackの共有ボタンにPush7を設置できる

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできるしWordPress内で「Push7 Subscribe button」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「1.0.4」。

Push7 Subscribe button
Developer: Hinaloe
Price: Free

開発者の方は日本人なのでとてもシンプルで使いやすいプラグインです。下記リンクが開発者さんのサイトになります。

開発者さんのサイトはこちら

プラグインの使い方

管理画面の場所

「設定」>「Pushボタン」から初期設定を行います。

push7-7

プラグインの設定

次のような画面になりますので、「Push7のAppNO(オプション)」というところに、さきほど控えてもらった英数字をコピーアンドペーストしてください。

push7-8

これだけで設定は完了となります。

もし、購読ボタンを大きくしたい場合は「大きな購読ボタン」をチェックしてください。

すると、画面が展開されます。

push7-9

「モード」>「アイキャッチ/サイトアイコンを表示」に切り替えると、小さな購読ボタンではなく大きな購読ボタンを設置することができます。

これが大きな購読ボタンの表示です。

push7-10

メッセージを変更したい場合は、メッセージメニューの文章を変更します。\<br>は改行を意味します。

push7-11

購読ボタンをショートコードで挿入する方法

これらの設定が終わったら記事内にショートコードを貼り付けるだけでボタンが設置できます。

push7-12

このショートコードを記事内に挿入するだけで表示されます。

Jetpackの共有ボタンに挿入する方法

Jetpackにはこのプラグインを設定した時点で、すでにプッシュ通知機能を設置できるようにアイコンが作られています。

「Jetpack」>「共有設定」に行くと、次のようなボタンがあるので、そちらを「有効化済みサービス」にドラッグすれば設置できます。

push7-13

公式プラグインでWordPressから自動プッシュ通知を配信する

WordPressの公式プラグインの「Push7」を導入すればWordPressを更新したと同時に自動プッシュ通知を送る設定ができます。

詳しくは下記リンクを参照してください。

使ってみた感想のまとめ

Push7のプラグインは、もう一つ公式プラグインがあります。

公式プラグインでもJetpackでの共有が可能です。

公式プラグインは、投稿時に自動プッシュ通知ができたりします。

ただ、今回紹介したプラグインは購読ボタンを差し込むのが簡単にできるプラグインですので、もし投稿時に自動通知をしたい場合は、公式プラグインと両方入れておくといいでしょう。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. WordPressのサイドバーにウィジェットから画像を挿入できる…
  2. WordPressの記事内にソースコードをキレイに表示できるプラ…
  3. 高品質な無料画像をWordPress内で検索し直接アップロードで…
  4. 固定ページに投稿ページと同じようなタグを挿入できるプラグイン「T…
  5. WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「D…
  6. WordPress投稿一覧から投稿状況を簡単に変更できる「Adm…
  7. 自由にカスタマイズできるメンテナンスページを作成できるWordP…
  8. サイト表示速度改善のために画像圧縮できる「EWWW Image …

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

LPテンプレートColorful(カラフル)をおすすめする9つの理由

この記事では、LPを簡単に作ることができるLPテンプレートColorful(カラフル)がどんな人にお…

WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter でフォロー

PAGE TOP