ブロガーにおすすめ!Mac版スクリーンショットソフト【無料版4選 / 有料版2選】



こんにちは。山田どうそんです。

この記事ではMacのおすすめスクリーンショットソフトについて解説していきます。

スクリーンショットソフトを使うメリットは、素早く文章を画像に入れたり矢印や装飾を入れることができます。

特に、ブログや動画を撮影した部分を詳しく解説したいという時には、スクリーンショットソフトを使うのは非常におすすめです。

無料版4選と有料版2選のスクリーンショットソフトを解説していきます。

YouTube

無料版スクリーンショットソフト4選

無料のおすすめスクリーンショットソフト4種類を解説します。

  1. Monosnap(モノスナップ)
  2. LightShot(ライトショット)
  3. Skitch(スキッチ)
  4. Apowersoft(エーパワーソフト)

以上の4種類です。

Monosnap(モノスナップ)

特徴

スクリーンショットを撮ったあと、素早く装飾(テキストや矢印等)から書き出しができます。

Monosnapのダウンロードはこちら

ツールの利用方法

画面右上のメニューバーのアイコンをクリックします。

アイコンをクリックすると画面が表示されます。

すぐに画面が起動されますので、スクリーンショットしたい画面を選択すると、スクリーンショットが撮れます。

画面の選択はウィンドウ単位で撮る方法もあります。

スクリーンショットを撮ったあと、素早く装飾ができます。

Lightshot(ライトショット)

特徴

Macの画面がグレースケールになり選択する範囲を決めたら、選択範囲の部分へすぐに装飾(テキストや矢印等)ができます。

また、Google Chromeの拡張機能があるので、Google Chrome内に拡張機能として入れて、Google Chromeの表示がされている部分をスクリーンショットで撮り、装飾を加えたい時に便利になっています。

LightShotのダウンロードはこちら

ツールの利用方法

画面右上のメニューバーのアイコンをクリックします。

アイコンを押すと画面がグレースケールになります。

画面全体を選択すると右下に選択バーが表示されます。選択ボタンを押すと、スクリーンショットしたい部分を選択できます。

スクリーンショットしたい範囲を選択すると赤い枠で表示されます。この状態ですぐに装飾(テキストや矢印等)ができます。

Google Chrome拡張機能画面です。

Skitch(スキッチ)

特徴 

スクリーンショットを撮ったあと、素早く装飾(テキストや矢印等)から書き出しができます。

利用方法が直感的で使いやすく、おしゃれな感じで装飾を加えることができるので、利用している方も多 いです。

他のスクリーンショットソフトと大きく違うのは、Evernoteと連携していることが特徴です。

スクリーンショットしたあとに装飾を加えたあと、自動でEvernoteへ保存してくれる機能があります。パソコンの中に保存するのではなく、Evernoteのクラウド上で保存されます。

そのため、過去のデータや履歴も全て引き継がれているため、データ探しが不要です。

注意点としては、クラウド上のデータが大きくなる可能性があり、無料でEvernoteを使っている方は気をつけてご利用ください。

Skitchのダウンロードはこちら

ツールの利用方法

スクリーンショットした箇所を選択し、すぐに装飾(テキストや矢印等)することができます。

スクリーンショットへ装飾したあと、Evernoteのクラウド画面へ直接保存できます。

Apowersoft(エーパワーソフト)

特徴

基本的には他のソフトと一緒ですが、大きな特徴がカラーピッカーを使えます。

画面でこの部分の色が知りたいなと思ったとき、このカラーピッカーのツールが入っていると非常に便利です。

スクリーンショットでもできますが、カラーピッカーはすぐにカラーを調べることができます。カラーを調べる頻度が高い場合、非常におすすめのツールです。

Apowersoftのダウンロードはこちら

カラーピッカーの使い方

画面右上のメニューバーのアイコンをクリックします。すると、カラーピッカーが表示されます。

画像などの調べたいカラーを調べることができます。

有料版スクリーンショットソフト2選

有料のスクリーンショットソフト2選を解説します。

  1. Snagit(スナギット)
  2. Pixave(ピクセイブ)

以上の2種類です。

Snagit(スナギット)

特徴

動画編集ソフトのCamtasia(カムタジア)はご存知でしょうか?このソフトを作っている会社、テックスミス(TechSmith)で作られているソフトです。

特徴は、他のスクリーンショットソフトとほぼ同じですが、作ったデータをソフト内で自動で全部保存されることが大きな特徴です。スクリーンショットして編集したものを取り出したいときに、素早くデータを取り出せる機能があります。

Skitch(スキッチ)は、Evenoteと連携しないとできませんが、Snagit(スナギット)はソフト内で全て保存されるという特徴があります。

料金は約5700円です。

Snagitのダウンロードはこちら

ツールの画面表示

Snagit(スナギット)の申込みサイトです。

編集画面ですが、他のソフトと使い方はほぼ同じです。

スクリーンショットを装飾したあと、こちらの画面で保存することができます。過去のデータも全てソフト内に保存されています。

Pixave(ピクセイブ)

特徴

Macのデフォルトで入っているスクリーンショットのショートカットキーを押すと、すぐにスクリーンショットの画面が立ち上がり、すぐに装飾できるという特徴があります。

このツールが入っていると、毎回スクリーンショットのツールを立ち上げる手間を省くことができます。

日常Macを使っている場合は、装飾できるというメリットもあるため、大変便利です。

料金は1840円です。

Pixaveのダウンロードはこちら

ツールの画面表示

デフォルトのスクリーンショットキーを押すと装飾できる画面がすぐに立ち上がります。

僕がメインで使っているスクリーンショットのソフト

Snagit(スナギット)

使っている理由

僕が主に使っているスクリーンショットのツールはSnagit(スナギット)です。

なぜなら、有料で買ってしまい5700円以上もしたからというのが一番の理由です。

どんなツールなのか?と思い購入して使ってみたのですが、他のツールとほとんど変わらないので、別に必要なかったというのが率直な感想です。便利なところは、FTPや他データをサーバーにあげることができたり、豊富な機能はありますが、正直、あまり使わない機能もあります。

メリットは、たまに間違ってデータを削除してしまう場合があるのですが、その時は過去のデータをすぐに呼び出せるので、リスクヘッジという意味で利用しています。

最後に

この記事では、ブロガーにおすすめのMac版スクリーンショットのソフト、無料版4選と有料版2選を解説しました。

僕が個人的におすすめするソフトは、スクリーンショットの立ち上がりから装飾(テキストや矢印等)や書き出しが素早くできるMonosnap(モノスナップ)です。

特に有料版で購入しなくても、無料版でも高機能で大変便利に使えます。あとは用途や好みということになりますが、是非、無料で使ってみて下さい。

サブスクリプションモデルを構築し安定収入の仕組みを作りませんか?

自分の得意なスキルで会員サイトを作りサブスクリプションモデルを構築して安定収入を作りませんか?

もう、来月の売上を心配しなくてはならないビジネスモデルとはおさらばして、毎月安定的に収益を上げることができる新しいビジネスモデルを構築しませんか?

あなたが、サブスクリプションモデルを構築するために必要なリソースを学ぶことができる無料オンライントレーニングをご用意しました。

今回、この無料オンライントレーニングを視聴してくれた方に僕の有料コース5コース(合計12万円分)を無料でプレゼントさせていただきます。

今すぐ登録してプレゼントを受け取ってください。

それでは、無料オンライントレーニングでお待ちしております。

今すぐサブスクリプションモデルで安定収入を作る男の「無料オンライントレーニング」を視聴する>>>

ブログ更新通知を受け取りたい方はこちら



ABOUT US

サブスクの会員制サイト『どうそんオンラインスクール(DOS)』を運営。Udemyベストセラー講師。マーケティングからセールス、商品提供までを自動化して時間の自由を作り出しています。毎月安定した収益を上げることが最も大事だと思っているのでビジネスをオートメーション化し毎月自動で売上が上がる仕組みを構築しています。