Googleアナリティクスの使い方と分析

Googleアナリティクスのレポートをアドバンスフィルタで絞り込む

Googleアナリティクスを利用している時に特定の情報だけを絞り込みたい場合アドバンスフィルタを使うと簡単に情報を絞り込むことが可能です。

フィルタ機能で絞り込む

レポート表示をした時に、ディメンションを一定条件で絞り込みたい時にはフィルタ機能をを使うと絞りたいデータだけを表示することができます。

「レポート」>「集客」>「すべてのトラフィック」>「参照/メディア」に進んでもらうと、下図のような画面になります。

adv

赤枠のフィルタ入力フィールドに「organic」と入力すると、レポート内でメディアが「organic」だけに絞りこまれます。

これは、他のレポートでも利用可能です。

「ランディングページ」レポートや「オーガニック検索キーワード」レポートでも絞り込みができます。

アドバンスフィルタで複雑な条件で絞り込む

上図のフィルタ入力フィールドの横に、「アドバンス」がありますが、こちらをクリックすると、アドバンスフィルタを利用することができます。

アドバンスフィルタは下記のような複雑な条件を指定してディメンションの項目を絞り込むことができます。

一致または除外

条件に一致する項目だけでなく、一致しない項目にも絞り込める

対象となるディメンションと指標

プライマリディメンションだけでなくセカンダリディメンションや指標に対してもフィルタを適用することができる。セカンダリディメンションは予め適用しておく必要がある。

値のマッチタイプ

指定した値を含むだけではなく、「完全一致」「正規表現」「先頭が一致」「最後が一致」などのマッチングタイプを選ぶことができる。

複数条件

「ディメンションと指標を追加」から2つ以上の条件を追加することができる。

adv2

ためしに、上記の図にフィルタを適用しています。

一番上の「参照元/メディア」にはyahoo/organic、「セッション」100、「新規セッション率」20、などのようにしてみます。

当然、Yahoo!オーガニックの値しか出てないですが、アドバンスフィルタを適用した時は、下図の赤枠のようになります。

adv3

「アドバンスフィルタ有効」とフィルタフィールドに入力されているのがわかりますか?

このように、細かい条件指定をして、特定のデータだけを表示させることができるのがアドバンスフィルタです。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. Googleアナリティクスの重要な利用規約とポリシーを理解する
  2. URL生成ツールでカスタムキャンペーンのパラメータを生成する
  3. Googleアナリティクスを導入する前にWebサイトの目的を理解…
  4. Googleアナリティクスのレポート更新頻度を知る
  5. Googleアナリティクスの無料版で計測できるデータの上限値は
  6. Googleアナリティクスでランディングページの直帰率が高いペー…
  7. Googleアナリティクスで新しいセグメントを作成する
  8. Google URL Shortenerで短縮URLを生成する

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter

Facebookページ

Googleブランドページ

PAGE TOP