WordPressプラグイン

記事の文章やURLを一括置換できるWordPressプラグイン「Search Regex」の使い方

search-regex

例えば、記事ひとつひとつにLPへのリンクを貼っていて、そのURL先を変えたいという場合があると思います。

そんな時、手作業で一つ一つURLを変更していたらとんでもなく時間がかかってしまいますよね。

でも、「Search Regex」を使えば一括で特定の文字やURLなどを置き換えることができます。

プラグインの特徴

  • 特定のキーワードやタグやURLなどを記事やコメントの中から検索し、一括置換が可能
  • 一括だけでなく1つずつ編集していくことも可能

プラグインのダウンロード

下記からダウンロードしてWordPressのプラグインに入れ込むことも可能だし、WordPressで「Search Regex」と検索して設定も可能です。現在のバージョンは「1.4.16」。

Search Regex
Developer: John Godley
Price: Free

プラグインの使い方

英語の注意書き

WordPress管理画面の左サイドバーの「ツール」>「Search Regex」があるので、そちらをクリックします。

searchregex1

一番上に書いてある英文を翻訳すると次のようになります。

Replacements will only be saved to the database if you click ‘Replace & Save‘, otherwise you will get a preview of the results.

NOTE: No liability is accepted for any damage caused. You are strongly advised to backup your database before making any changes.

  • 「Replace&Save」をクリックすると文字が置き換えされて専用のデータベースに保存されます。もしそうでなければプレビューを取得します。注意:任意の変更を行う場合バックアップをとってください。当社では一切の責任を負いません。

だいたいこんな意味合いです。

つまり、ちゃんとバックアップを取ってから実行してくださいねという注意書きなので、そちらに関しては、自己責任で実施してください。

一つ、気になるのは、1年ほどアップデートがされていないということです。

最新のWordPressの動作テストは行っていないということですね。

その辺のリスクがあるのは注意して、自己責任でお願いします。

どれを置き換えるか

記事なのかURLなのかどの部分を置き換えるかを選択します。「Source」という部分から選択できます。

searchregex2

このようにプルダウンメニューが出てきて、選択することができます。

  • Comment author: コメント欄の著者
  • Comment author email: コメント欄のEメール
  • Comment author URL: コメント欄のURL
  • Comment content: コメント欄
  • Post content: 記事
  • Post excerpt: 抜粋
  • Post meta value: カスタムフィールド
  • Post title: 記事タイトル
  • Post URL: 記事URL

変更したい部分を選択してください。

一度に置き換える上限を決める

「Limit to」をクリックすると次のようなプルダウンメニューが出てきます。

これは、一度に置き換える上限数値です。

デフォルトでは、「NO limit」に設定してあります。

searchregex3

昇順降順の設定

「Order By」は検索を行った時に並べ替えの方法を指定できます。

「Ascending」であれば昇順、「Descending」であれば降順です。

デフォルトは「Ascending」となっています。

searchegex4

置き換えたい文字を入力

「Search pattern」に元の文字を入力し、「Replace pattern」に置き換えたい文字を入力します。

searchegex5

「Replace&Save」を押すと、確認なしで一括で変換されてしまうので、注意してください。

「Replace」を押すと一つずつ変換する文字を確認しながら置き換えができます。

置き換えたいところでReplaceを押せば変えたい場所だけ置き換わります。

「Regex」というのは、正規表現がデキる人はそちらをクリックして、「Search pattern」に正規表現を入力すればより柔軟な置き換えが可能です。

しかし、正規表現は少しむずかしいので、わからないというひとは、いじらないほうがいいでしょう。

まとめ

一括で特定の文字やURLを置換できるのは相当便利なプラグインですね。

ただ、一回やってしまうと元に戻せないので、その辺は注意が必要です。

 

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. favicon-gene0 さまざまなデバイス用のファビコン画像を自動生成してくれるWord…
  2. backwpup BackWPUpプラグインでWordPressデータをバックアッ…
  3. dnt 動く文章のニュースティッカーを差し込めるプラグイン「Ditty …
  4. shortcodes-ultimate-movie 【3分動画】Shortcodes Ultimateの使い方
  5. uji0 ショートコードでカウントダウンタイマーを設置できるWPプラグイン…
  6. tec0 WordPressにカレンダー形式のイベントページを作成できるプ…
  7. black-studio-tinymce-widget WordPressウィジェットをビジュアルエディタでカスタマイズ…
  8. admin-color0 管理画面の配色の種類を8種類増やせるWordPressプラグイン…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

colorful0 LPテンプレートColorful(カラフル)をおすすめする9つの理由

この記事では、LPを簡単に作ることができるLPテンプレートColorful(カラフル)がどんな人にお…

gtmwp0 WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

push-auto WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

cta WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

pc-weak-like パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter でフォロー

PAGE TOP