Webマーケティング

キーワードプランナーだけでSEOキーワード選定をしてはダメな理由

SEO対策をする上でGoogleキーワードプランナーをメインに利用している人は多いと思いますが、Googleキーワードプランナーだけでキーワード選定をしようとした場合、特定の記事タイプのキーワードしか抜き出すことができないことを知っていますか?

ブログ記事のタイプは大きく分けて4種類あります。

Googleキーワードプランナーだけでは、他の、3種類の記事タイプのキーワードを効果的に見つけ出すことができないので、この記事ではGoogleキーワードプランナー以外のツールも組み合わせて、効果的にキーワードを探す方法をご案内します。

過去に、Googleキーワードプランナーでほとんど検索されていなかったキーワードが後から一番アクセスを集めたケースがいくつもあります。

この記事では、なぜGoogleキーワードプランナーだけでは効果的ではないのか?

そして、どの記事タイプにどのリサーチツールを利用するのが最適なのかについて解説してい着たいと思います。

主な4種類の記事タイプを知る

ブログ記事には大きく次の4種類の記事タイプがあります。

  1. エバーグリーンコンテンツ
  2. トレンド型コンテンツ
  3. 課題解決型コンテンツ
  4. プロフェッショナル型コンテンツ

まずはこの4種類について知ってもらいたいので詳しく説明していきます。

エバーグリーンコンテンツとは

エバーグリーンというのは、植物が常に青々と葉が茂っている様子をあらわす言葉で、「流行りすたりがない常に多くの人が知りたい情報」という意味合いがあります。

例えば、「ビジネスマンの名刺交換の基本」や「ネクタイの締め方」などがそうです。

このようなコンテンツは時間が立っても常に一定のアクセス数が集まります。

その分ライバルも多いのですが、SEO対策をしていく上で、核となるコンテンツとなります。

トレンド型コンテンツとは

エバーグリーンコンテンツが時間がたってもすたれない「ストック型」のコンテンツだとすれば、トレンド型コンテンツはその時に話題になっている、トレンドにフォーカスした「フロー型」のコンテンツといえます。

株の世界だと「LINE上場」が最近のトレンドですし、政治だと「舛添都知事」の話題がトレンドですよね。

トレンド型コンテンツは、話題が終わるとほとんどアクセスを見込めないのが難点ですが、その話題の最中であれば、大きなアクセスを集めることができ、サイトの認知度を上げることができるので、効果的なコンテンツといえます。

課題解決型コンテンツとは

ヒトの悩みは尽きることがないので、これもある意味エバーグリーンコンテンツといえますが、こちらはどちらかというと、よりニッチで今すぐ解決したいイメージが強いコンテンツです。

例えば「寝不足 解消」とか「腰痛 治し方」とか、今ある問題を解決しようとするコンテンツです。

より専門性の高いコンテンツと言えますので、エバーグリーンコンテンツより制作の難易度は高めです。

プロフェッショナル型コンテンツとは

ターゲットの読者が興味を持ちそうな、深掘りしたプロフェッショナルな記事がこの種類のコンテンツです。

例えばあなたがメンタルヘルスの専門家なら、うつ病になりやすい人の特徴をまとめて、解決策を提示するという、専門家ならではの記事がこれにあたります。

さらにその根拠としてデータや実際の経験などを伝えることで、より信頼性が増します。

専門家しか知らないような質の高いコンテンツといます。4つのコンテンツの中では一番難易度が高いコンテンツです。

あなたのブログはどの記事タイプが多い?

あなたは、この4種類の中でどのようなコンテンツをメインに作成していますか?

もし、あなたがその分野の専門家ではなく、知識も経験も浅いのに、「プロフェッショナル型コンテンツ」や「課題解決型」コンテンツで真っ向から勝負しようとしているのであれば、本物の専門家に勝つことは難しいので注意が必要ですよ。

効果が高い記事タイプと難易度の関係

ブログ記事で効果が高い順番に並べると、

  1. プロフェッショナル型コンテンツ
  2. 課題解決型コンテンツ
  3. トレンド型コンテンツ
  4. エバーグリーンコンテンツ

このようになります。

そして、同時に難易度の高さも、

  1. プロフェッショナル型コンテンツ
  2. 課題解決型コンテンツ
  3. トレンド型コンテンツ
  4. エバーグリーンコンテンツ

このようになります。

実は、パクリサイトが減らない理由がここにあると思っています。

自分にたいした専門知識がないのに、一番効果が高いからという理由で、プロフェッショナル型のコンテンツを作ろうとして、本物の専門家の記事をパクッて、さも「自分も専門家ですよ」みたいに見せようとするヒトがついつい記事をパクッてしまうのです。

もしあなたが、薄い記事しか書けないのに、Googleキーワードプランナーで、「アクセス数が稼げそう」という理由だけで、これらの「プロフェッショナル型コンテンツ」や「課題解決型コンテンツ」を書いてるのであれば少し記事内容を見なおしたほうがいいかもしれませんよ。

あなたの今の知識レベルに合った難易度の「エバーグリーンコンテンツ」や「トレンド型コンテンツ」の記事量を増やしたほうがいいより効果的かもしれません。

記事タイプによってSEOキーワードを選定する最適なツール

Googleキーワードプランナーから効果的なキーワードを抜き出せる記事タイプは3種類です。

エバーグリーンコンテンツ

Googleキーワードプランナーだけでこれらのキーワードを見つけることができます。

なぜなら、Googleキーワードプランナーに出ているキーワードの多くが、「顕在的なキーワード」だからです。

普遍的な悩みというのは、顕在化しているので、キーワードプランナーにそのまま現れてきます。

「◯◯の方法」や「◯◯一覧」など顕在的なニーズはGoogleキーワードプランナーだけで探すことができます。

エバーグリーンコンテンツのおすすめキーワード選定ツール

エバーグリーンコンテンツは

Googleキーワードプランナー

が一番おすすめです。

これだけでほとんどのエバーグリーンキーワードを探すことができます。

トレンド型コンテンツ

トレンド型コンテンツは、Googleキーワードプランナーには基本的に向いていません。

なぜなら、Googleキーワードプランナーは1ヶ月以上遅れて反映される傾向があるからです。

僕は株のブログもやっていますが、「VR」が話題になり始めている時、キーワードプランナーでは「VR関連銘柄」の検索数が「10」しかありませんでした。

でも、今は「480」にも増えています。

トレンド型コンテンツでキーワードを探すおすすめな方法は「Webニュース」や「Googleトレンド」を利用することです。

Googleキーワードプランナーはトレンド型コンテンツには向かないのでそこは理解しておきましょう。

トレンド型コンテンツのおすすめキーワード選定ツール

トレンド型コンテンツでおすすめなツールは、

Googleトレンド

WebニュースやWeb新聞

です。

課題解決型コンテンツ

課題解決型コンテンツは、まず最初にヒトの悩みを知る必要があり、その問題解決をする必要があります。

そこで、最初に知りたい悩みをヤフー知恵袋などのQ&Aサイトで検索します。

その後に、Googleキーワードプランナーで検索キーワードを選定し、悩み解決となるコンテンツを書いていくのが効果的なキーワード選定となります。

課題解決型コンテンツのおすすめキーワード選定ツール

課題解決型コンテンツでおすすめなツールは、

ヤフー知恵袋

Googleキーワードプランナー

です。

プロフェッショナル型コンテンツ

プロフェッショナル型のコンテンツはキーワードプランナーだけではなかなか見つけづらいのが特徴です。

なぜなら、専門的なので、普通の人がキーワード自体を認知していない場合があり「潜在ニーズ」に当たる部分だからです。

潜在ニーズは、目にみえないニーズなので専門家から指摘されて、はじめて表面化します。

一流のブログの多くが潜在ニーズを解決するプロフェッショナル型コンテンツを量産しているサイトです。

キーワードを探す方法は、リアルな現場での質問が一番効果的かもしれませんが、もしWebから探すのであれば、「はてなブックマーク(以下はてぶ)」でバズっている記事を参考にするのがおすすめです。

自分の専門分野で話題になっている投稿は、それだけその分野で多くの人が興味を示していることになります。

「はてぶ」でバズっている話題で、少し違った角度からオリジナル性の高い、専門的な記事を書けるのであれば積極的に書くといいでしょう。

はてぶ検索とキーワードプランナーを複合してキーワード選定を行うとより効果的です。

プロフェッショナル型コンテンツのおすすめキーワード選定ツール

プロフェッショナル型コンテンツのおすすめツールは、

はてなブックマーク

Googleキーワードプランナー

専門雑誌など

です。

バズ部のマネをして大失敗した理由

ブログ集客、コンテンツマーケティングと言えば「バズ部」を知らない人はいないと思います。

おそらくほとんどの人が知っているし、記事も読み込んでいるはずです。

でも、「バズ部」で言っていることをそのまんまマネようとして一生懸命記事を書いているけどぜんぜんアクセスが集まらない、、、というヒトも多いのではないでしょうか。

僕は、以前、この罠にハマってしまったと思っています。

バズ部のような専門的な記事を書こうと、一生懸命、コンテンツマーケティングやSEOを学び記事を書いてみました。

でも、書けども書けども、全くアクセスが伸びない。一生懸命書いてるのになぜ・・・。

そう思って日々記事を書いていてやっと気づいたことがあります。それは、

専門分野で飛び抜けた知識がないのにプロフェッショナル型コンテンツを書こうとしていた

ということです。

SEOやコンテンツマーケティング、WordPressなどのWebの専門知識の分野は、ハッキリ言って、化け物ぞろいです。

ワンピースでいうところの、四皇が1000人ぐらいいるほどの、とんでもないスキルや知識をあわせもっている人たちでごったがえしています。

それを知らずに、ほんのちょっとかじった知識で挑んだものだから、えらい目に合ってしまいました。

僕は、Web関連の知識は、全般そこそこ知っていましたし、それ相応に実践もしてきたと思います。

だから、自分ではかなりできるほうだと思い込んでいたんですね。

でも、それは大きな勘違いだでした。

僕のレベルは素人よりもかなりできるレベルであって、プロの世界ではおこちゃまレベルだったんです。

それは、自分の知識がある程度ついて初めてわかったことでした。

特にプログラミングを学んで初めて気づきました。

一流の人たちは次元が違うということに・・・。

「覇気まとわなきゃ、こっから先は行けないね」

という感じです。

これは、他の分野でも当てハマることだと思いますよ。

ブログを始めようと思って、なんとなくダイエットが好きだから、とか、ちょっとダイエット成功したし、なんて理由で記事を書いても10年ダイエットの専門知識を学んできたヒトにプロフェッショナル型コンテンツで挑んでも決して勝てないんですよね。

だから、安易にそこに挑んでいくのはあまり得策ではありません。

じゃあ、「好きだけど知識が低い人はブログやってもダメじゃないか?」と思うかもしれないですが、そうではありません。

知識が乏しいなら乏しいなりの記事の書き方があるんです。

それでいてアクセスも集まるからモチベーションも続きます。

その方法は、なるべく次の2つの記事タイプに特化するということなんです。

まずはエバーグリーンコンテンツとトレンド型コンテンツを書く

エバーグリーンコンテンツの中でもいくつか種類があります。

これらはそれほどプロフェッショナルな知識がなくても役立つコンテンツを作る方法です。

それは、

  1. ノウハウ型コンテンツ(◯◯の使い方など)
  2. まとめ型コンテンツ(おすすめ本のまとめなど)
  3. 経験(実際に◯◯をやってみた・・・結果こうなったなど)

この3種類です。

これなら、知識がまだまだでもできます。

しかし、この3種類のコンテンツ制作には重大な欠点があります。それは・・・

めんどくさすぎ!

ってことです。そして、

つまんない!

クリエイティブな記事というよりも、作業的な要素がどうしても強くなるからです。

なので、どうしても、

つまらないし、めんどくさい ⇒ 続かない

ということになりがちです。

でも、この3つは自分が将来的にプロフェッショナル型の記事を書けるようになるためのとても価値が高い記事タイプといえます。

それに、多くの人の役にも立つのです。そして、ある一定数のサイト規模になると安定したアクセスも集められるというメリットもあります。

エバーグリーンコンテンツを土台としてトレンド型コンテンツでサイトアクセスを集める

エバーグリーンコンテンツをコツコツやるのもいいですが、もしアクセスのスピードアップを目指すなら、トレンド型コンテンツを書くのも効果的です。

株のメディアを作っていて、仮想通貨が話題にのぼっていました。

そこで仮想通貨関連銘柄の記事を気合を入れて書いておいたんです。

それから2ヶ月後に日経で「仮想通貨が通貨として金融庁が認可」というニュースが流れたとたん、普段の7倍近いアクセスが集りました。

その後に、他の記事の順位が大幅に上がっていたんです。

そのおかげもあり、ダイレクト検索も増え、アクセスが以前より安定しました。

今は、その記事は落ち着いていますが、一度爆発的な記事を書けたことで、サイトのレベルが上ったと思っています。

トレンド型のコンテンツを探すコツは、キュレーションアプリの「SmartNews」や「グノシー」などで話題になっているキーワードや、あなたの扱っている専門分野の参考にしておくべきポータルサイトで出てきた新しいキーワードを狙うことです。

トレンド型コンテンツのポイントは、スピードです。

いかに早く質の高いコンテンツを投稿できるかによってある程度順位が決まってくる傾向があります。

スピードの重要性を感じたのは、LINE上場の記事を書いた時です。

年明けにLINE上場の噂があり、すぐに、かるーく記事を書いたんです。

1500文字ぐらいですかね。

その後2ヶ月後にロイターでLINE上場の噂が現実化したニュースが流れました。

そこで、「これは来る」と思い、気合を入れて「LINE上場」の記事を書いたんです。

3000文字ぐらいです。

間違いなく後で書いた記事のほうが内容が濃かったんですよね。

でも、いつまでたっても一回目の記事よりランキングが上がることはなかったんですよ。

いまだに最初の記事のほうが上位にいるのでそちらからのアクセスのほうが多いです。

この時わかったことは、同じような条件で同じようなキーワードで記事を書いた場合、早く投稿しているところにはなかなか勝てないということです。

トレンド型コンテンツはスピードが重要だと感じた体験でした。

まとめ

あなたはGoogleキーワードプランナーで、どの記事タイプも関係なく一律キーワード選定をしていませんか?

自分がたいした専門知識もないのに、プロフェッショナル型コンテンツや課題解決型コンテンツばかり書こうとしていないですか?

あなたがもし10年その専門分野に携わっていたなら、迷わず、プロフェッショナル型コンテンツや課題解決型コンテンツで自分独自のオリジナルコンテンツを書いていくといいでしょう。

でも、もし、そうでないのであれば、エバーグリーンコンテンツやトレンド型コンテンツの投稿からはじめて、知識を深めていき、その後にプロフェッショナル型コンテンツや課題解決型コンテンツを書けるようになっていくのがいいと思いますよ。

できないことを無理にしようとすると、ウソになるし、苦しくなるので・・・。

それで最悪の場合、パクりサイトを作るハメになるかもしれないんですよね。

成功しているサイトを参考にするのはいいと思うし、学ぶことは大事だだと思います。

引用するのもいいでしょう。

でも、コピペしてパクっても何も得られるものはないんです。

だから、今の自分のレベルにあった今できることに集中して記事を書いていくことが大事だと思っています。

そして、その自分でどうやったら役立つ記事を書けるかを真剣に考えて投稿することが一番重要です。

アクセスを集めるために書くのではなく、ヒトの役に立つ記事を書くほうが重要なんですよね。

この記事は、僕が実際に実践して気づいたことです。

このやり方がすべての人に役立つとは限らないし、人によっては、「違う」という意見もあるかもしれません。

ただ、このやり方で全くのゼロから3万PVを超えることができたやり方です。

まだまだPVは少ないですが、少なからず、この記事で投稿したことを意識してコンテンツを作るだけで、3万PVは超えられるでしょう。

ブログをやり始めたけど、いくらキーワード選定して一生懸命に記事を書いても、なかなか結果が出ないという人は参考にしてもらえたらと思っています。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. パーソナルブランディングを効果的にするための3つの方法
  2. 起業本おすすめの神田昌典著「成功者の告白」まとめ
  3. 一人のクライアントの顧客生涯価値(LTV)を算出する
  4. マーケティング入門書おすすめの重要メソッドのまとめ
  5. 人の心を動かす6つのマーケティングエッセンス
  6. セールストークで成功するために不可欠な5つの質問のコツ
  7. 消費者心理8つの躍動と9つの欲求の法則
  8. オリジナル商品制作のコツ

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

LPテンプレートColorful(カラフル)をおすすめする9つの理由

この記事では、LPを簡単に作ることができるLPテンプレートColorful(カラフル)がどんな人にお…

WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter でフォロー

PAGE TOP