エックスサーバーでメールフォームをCGIツールから作成する方法

エックスサーバーはメールフォームを簡単に作成することができます。

下図の「CGIツール」から作成します。

mail-cgi1

この記事では、エックスサーバーを使ってメールフォームを作成する手順について解説します。

メールフォームを作成する

「CGI」ツールをクリックして、「メールフォーム」>「一覧・インストール」をクリックします。

作成したいドメインを選択すると、次のような画面になるので「メールフォームインストール」をクリックしてアカウントを作成します。

mail-cgi2

図のように、「インストールURL」「ユーザーID」「パスワード」「受信メールアドレス」を入力して、「メールフォームの作成(確認)」をクリックします。

確認して間違いがなければ、確定します。

mail-cgi3

「メールフォームのURL」と「管理画面のURL」のURLが生成されます。管理画面へクリックを選択してメールフォーム管理画面に移動します。

mail-cgi4

最初に設定したIDとパスワードを入力してログインしてください。フォームの作成はコレで完成です。

mail-cgi5

  メールフォームをサイトに設定する

基本的な設定は、サイトにログインしてもらえるとすぐにわかると思います。

ここでは、メールフォームをサイトに設定するためのポイントだけ説明します。

定形スキンを利用した場合

下図の設定で定形スキンを利用した場合、ある程度決められた範囲内で変更が可能です。

mail-cgi5

横幅の設定は上記のサイズ設定から変更できます。

色の設定は、下図の配色の設定から各項目を変更可能です。

mail-cgi6

メッセージの設定も、次の3種類の文章を変えることができます。

mail-cgi7

ただ、「定形スキン」を利用するとフォーム自体をサイトに埋め込むHTMLは生成されません。

自作スキンを利用した場合

自作スキンを利用すると自由にフォーム設定が可能です。

mail-cgi8

次のように、フォームの挿入やCSSからデザインを変更することもできます。

 

mail-cgi9

HTMLやCSSの知識がある人はこちらから自由にフォーム作成が可能です。

自動返信メールの設定を忘れずに

デフォルトで自動返信メールの設定はオフになっています。

「自動返信メールの設定」から自動返信メールをオンにしておくようにしましょう。

mail-cgi10

フォームへのリンクを貼る

「設置用のHTMLタグ」からメールフォームのリンクを貼ることができます。こちらをコピーしてサイトにリンクを貼ってください。

mail-cgi11

まとめ

エックスサーバーではこんな風に簡単にメールフォームを作成することができます。

エックスサーバーを利用している人はぜひ利用してみてください。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

【WordPressの最適な初期設定をすべて解説した動画78個を今だけ無料プレゼント】

 

 

あなたがもしこれからWordPressをはじめようとしているならこのプレゼントをぜひお受け取りください。

 

最初の初期設定を間違えてしまうと、あとから変更することができず、せっかくのWordPressの効果を最大限に活かすことができなくなってしまいます。

 

「長時間かけて作ったブログがあとから間違っていてすべて作り直し」

 

なんてことにならないために、このプレゼントを受け取って正しい設定をしてからスタートしてください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。