Googleアナリティクスの使い方と分析

Googleアナリティクスでセッション数の急激な増減の詳細をグラフに表示して原因を確認する

サイト運営をしていると、ある日だけ突然セッション数が跳ね上がったりすることがあります。

その原因を調べるときに「グラフに表示」機能を使うと、どの日にどのページが見られてセッション数が増えたのかという原因を調べることができます。

「レポート」>「行動」>「サイトコンテンツ」>「すべてのページ」からグラフに下記の図の①ように、グラフに表示したいページにチェックマークを付けてみてください。

その後に、②の「グラフに表示」をチェックすると、チェックしたページのセッション数などが出てきて、比較することができます。

sessions-cause

グラフに4種類の色分けされたグラフが出てきたと思います。

それぞれにカーソルを合わせるとその日にそのページがどのぐらいのセッション数だったかを見ることができます。

セッション数が多い時や、極端に下がっている時などの原因を探るときにこの方法を使うとある程度絞り込みができるので、ぜひ活用してみてください。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. Webサイト改善の基本的な考え方
  2. Google URL Shortenerで短縮URLを生成する
  3. Googleアナリティクスのオーガニック検索キーワードを円グラフ…
  4. セールスファネルを理解してウェブサイト改善のプロセスを知る
  5. Googleアナリティクスのショートカットキー
  6. Googleアナリティクスのレポート更新頻度を知る
  7. Googleアナリティクスで新しいセグメントを作成する
  8. Googleアナリティクスでランディングページの直帰率が高いペー…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

LPテンプレートColorful(カラフル)をおすすめする9つの理由

この記事では、LPを簡単に作ることができるLPテンプレートColorful(カラフル)がどんな人にお…

WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter でフォロー

PAGE TOP