WordPressプラグイン

テンプレート階層がわかるWordPressプラグイン「show current template」の使い方

WordPressのことがある程度わかるようになってWordPressのカスタムを考えてる方にはテンプレート階層がひと目で分かるこの「show current template」プラグインは入れておくといいかもしれません。

導入するだけですぐに利用できます。

プラグインの特徴

  • サイトに利用されているテンプレート階層がひと目で分かる
  • 今自分がいるページのテンプレート階層がひと目で分かる

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできるしWordPress内で「show current template」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「0.2.2」。

Show Current Template
Developer: JOTAKI Taisuke
Price: Free

プラグインの使い方

このプラグインは導入するだけですぐに利用できます。子テーマかどうかもみることができます。

showcurrenttemp

このように、サイト上部に表示されるので、マウスオーバーすればすぐに確認できます。

まとめ

これだけのシンプルなプラグインです。

今後WordPressの制作やカスタムを考えている人には便利なプラグインです。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. サイトの読み込み状況をパーセント表示できるローディングバープラグ…
  2. WordPressで記事投稿テンプレートを作れる「TinyMCE…
  3. WordPressの記事投稿タイプを後から自由に変更できるプラグ…
  4. 自由にカスタマイズできるメンテナンスページを作成できるWordP…
  5. 記事の下に関連のある記事を自動で表示してくれるWordPress…
  6. 記事の公開期限を設定して期限が過ぎたら下書きやゴミ箱に自動で移動…
  7. サイト表示速度改善のために画像圧縮できる「EWWW Image …
  8. WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter

Facebookページ

Googleブランドページ

PAGE TOP