Googleアナリティクスの使い方と分析

Webサイト改善の基本的な考え方

bunkai

Googleアナリティクスを導入する一番の理由は、サイト改善をするための指標を集めることにあります。

でも、ただ、漠然とセッション数やコンバージョン数を見ていても、どこを改善していいのか見えてこないですよね。

どのような考え方でサイト改善のためにGoogleアナリティクスを利用すればいいのかについて、まとめていきたいと思います。

サイト全体だけではなくセグメントを見る

ECサイトなどでは、目標売上100万円などというように、ある程度目標が決まっていると思います。

そうなると、売上は「セッション数✕コンバージョン率✕平均単価」となるわけですから、セッション数とコンバージョン率をあげようということになります。

オウンドメディアなどは、セッション数やPV数をあげようということになるでしょう。

でも、このような指標ばかりを見ているだけでは、サイト改善のために何をしたらいいのかがなかなか見えてこないです。

Googleアナリティクスには、セグメントという機能があり、ある項目に分けて数字を抜き出すことが可能になっています。

例えば「自然検索」のセッション数やコンバージョン率などのような、ある特定の条件の数字を見ることができるのです。

このように、セグメントごとに数字をみると、ユーザーの動向はより具体的に見やすくなります。

ちょっと、例を上げてみましょう。

サイト全体の売上が100万円から80万円に下がったとします。

全体のセッション数を見ると、数字は変わってこないですが、コンバージョン率を見ると、数字が下がっていました。

もし、この数字だけを見ると、単純に、「コンバージョン率をあげよう」となるだけなのですが、ここにセグメントで数字を見る考え方を取り入れてみます。

セグメントで自然検索の数字とリスティング広告の数字を見てみます。

すると、自然検索のセッション数が大幅に下がっていて、リスティング広告のセッション数が上がっていたとします。

すると、セッション数は、リスティング広告からの流入が増えたけど、リスティング広告は自然検索よりもコンバージョン率が下がるということが見えてきます。

このように、数字が出ると、改善点がいくつか見えてきます。

一つは、自然検索が減った理由を見つけ出し改善策を考える。

そして、もう一つは、リスティング広告のコンバージョン率を上げるためにセールスページを改善する。

このように、具体的に問題解決のための施策を考えることができます。

セグメント機能の使い方は、ここでは説明しないので、機能の活用の部分で確認してもらえたらと思います。

ただ、今回は、このような考え方があるということを覚えておいておいてもらえたらと思います。

大きなセグメントと小さなセグメントの両方を見る

マクロな視点とかミクロな視点などというように、大きな数字と小さな数字は分けて見るとより数字を分解して見ることができます。

Googleアナリティクスは、その気になればかなり細かい数字まで見ることができます。

でも、あまりに小さな数字ばかりにとらわれていても、サイト改善が進まないケースがあります。

そういう場合は、大きなセグメントから見ていくことをおすすめします。

そのヒントとして、小さなセグメントを見るというような考え方が大事ですね。

大きなセグメントの例

  • 自然検索
  • リスティング広告
  • ダイレクトトラフィック
  • 参照トラフィック

小さなセグメントの例

  1. 指名系のキーワード(ブランド名、商品名)
  2. 商品アイテム系キーワード
  3. 悩み系キーワード
  4. その他など

これらは、ECサイトを運用しているという過程で上げてみました。

このように、大きなセグメントで、大事な改善点の大枠を捉えて、小さなセグメントで具体的な改善施策を検討するというふうに、見ていくと、具体的な改善策を導き出すことができるでしょう。

まとめ

サイト全体の数字をただ漠然と見るのではなく、細かく分解して見ることの重要性を説明しました。

特にセグメント機能はとても便利なので積極的に利用して、サイト改善の仮説づくりに役立ててみてください。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. pie-chart Googleアナリティクスのオーガニック検索キーワードを円グラフ…
  2. urlseisei URL生成ツールでカスタムキャンペーンのパラメータを生成する
  3. new-segment0 Googleアナリティクスで新しいセグメントを作成する
  4. IncreaseDecrease Googleアナリティクスでセッション数の急激な増減の詳細をグラ…
  5. lpo-kaeru GoogleアナリティクスでLPO対策が必要なランディングページ…
  6. tyokiritu-lp Googleアナリティクスでランディングページの直帰率が高いペー…
  7. short-url Google URL Shortenerで短縮URLを生成する
  8. shortcutkey Googleアナリティクスのショートカットキー

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

colorful0 LPテンプレートColorful(カラフル)をおすすめする9つの理由

この記事では、LPを簡単に作ることができるLPテンプレートColorful(カラフル)がどんな人にお…

gtmwp0 WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

push-auto WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

cta WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

pc-weak-like パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter でフォロー

PAGE TOP