Googleアナリティクスの設定

WordPressのサイト内検索をGoogleアナリティクスでチェックするための設定

サイトを運営していてコンテンツも増えある程度育ってくるとサイト内で検索されるということが増えてきます。

Googleアナリティクスでは、サイト内検索のトラッキングがデフォルトの設定ではオフになっているので、サイト内検索をオンにしてサイト内でどのようなキーワードで検索されているのかをチェックするようにしておくといいでしょう。

サイト内検索のトラッキングをオンにする

「アナリティクス設定」>「ビュー」>「ビュー設定」に進んでください。

sitenai1

こちらを「オフ」から「オン」に変えます。

クエリパラメータを入力する

オンにすると、クエリパラメータの入力欄が出てきます。

ここに、クエリパラメータを入力しますが、この値は、サイトによってことなります。

自分のサイトのURLを見ることでクエリパラメータを確認することができます。

自分のサイトの検索窓になんでもいいので、適当に入力して検索をかけてみてください。

ためしに、「クエリ」と検索窓に打ち込んでみます。すると、

sitenai2

このように「?s=クエリ」となっています。

この「s」がクエリパラメータです。

WordPressの場合、クエリパラメータは、「s」に設定されています。

しかし、自社サイトなどでエンジニアが作ったサイトは違う場合もあるので、その場合は、担当の方に聞いてください。

聞かなくても、このようにURLに出てくるのでそちらを入力してもOKです。

sitenai3

このように、入力し、その下にあるカテゴリのサイト内検索は、カテゴリでクエリパラメータを設定している場合に利用してください。やり方は同じです。

もし、URLの種類をむやみに増やさないために、サイト内検索の結果ページのURLを1つにまとめる場合は、「URLからクエリパラメータを削除」にチェックを付けておくとよいでしょう。

まとめ

サイト内検索は、「お客さんの声」ですのでなるべくリサーチできるようにしておくとよいでしょう。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. Googleアナリティクスに日本の検索エンジンを追加してキーワー…
  2. Googleアナリティクスのトラッキングコードが適切に動作するか…
  3. Googleアナリティクスのビューを効果的に活用して解析の幅を広…
  4. グーグルアナリティクス設置場所
  5. Googleアナリティクスのユーザー属性とインタレストカテゴリを…
  6. Googleアナリティクスで自分や関係者のトラフィックを除外する…
  7. Googleタグマネージャでカスタムディメンションとカスタム指標…
  8. WordPressをサーバーにインストールするやり方

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter

Facebookページ

Googleブランドページ

PAGE TOP