WordPress設定

2017年1月までにSSL設定をやったほうがいいのでWordPressでhttpsに変更しました(エックスサーバー環境)

こんにちは。ドーソンです。

以前からSSLの設定をしたほうがSEO的にいいという話が出ていましたが、正直よくわからなくて放置していました。

でも、Googleのあるブログ記事を目にしたことで、

「やば、これSSL設定必須じゃん。」

ということになり、僕のWordPressサイトをSSLに変更しました。

その、あるブログ記事とは、こちらです。

Moving towards a more secure web(直訳→より安全なWebに向かって移動します)>>>

英語のサイトなのでちょっとわかりずらいかもしれませんが、簡単に説明すると、

2017年1月からパスワードやクレジットカード情報を送信する場合に警告を出しますよ

という内容です。

「別にネットショップとかやってなければいいんじゃない?」

と思う人もいるかもしれませんが、どんどん警告表示を強化していくということなので、今後どうなるかわからないですよね。

普通のブログでも警告出される可能性もありえるわけです。

だから、やるなら早めがいいんですよね。

ということで、僕が実際にWordPressのサイトをSSL化させた手順について解説していきます。

そもそもSSLって何?メリットとデメリット教えて?

そもそも、SSLって何なの?という人も多いと思います。

この質問にすべて丸っとガッツリ解説してくれている「ブログマーケッターJUNICHIさん」のサイトを見るのが一番はやいので、そちらをガッツリ読んで下さい。

それだけで、ほとんどのことがわかります。

ブログ運営者必読!httpsにする事のメリットとデメリットを知らないまま今夜眠れるの?>>>

この方のブログは、初心者でもとてもわかりやすく解説しているので非常におすすめです。

RSS登録して、常に更新をチェックしておくことをオススメします。

普通はSSL設定は有料!でもエックスサーバーは無料で利用できる

ブログマーケッターJUNICHIさんのブログにも書いてますけど、普通はSSL設定をしようと思うと、SSLサーバーを別途レンタルする必要があります。

普通は有料で、結構それなりの値段がしました。

でも、エックスサーバーはこのSSLサーバーを無料で提供しました。(これってすごいことなんだよ〜〜〜)

そのせいもあって、SSLサーバーの設定のハードルがかなり低くなったんです。

ちなみに僕はエックスサーバーなので、無料でスムーズに設定することができました。

エックスサーバーのサイトはこちら>>>

エックスサーバーを使えばそうとう簡単に設定できます。

エックスサーバーを使ってWordPressをSSL設定にする手順

はじめ、WordPressのSSL設定って、

「すげー難しいんだろうな〜〜〜」

と思っていました。

すると、なんとその設定を非常にわかりやすく解説してくれているブログを発見しました。

SimplicityというWordPressの無料テーマを提供してくれている「寝ログ」さんのブログです。

WordPressをhttpからhttpsにSSL化した全手順まとめ(エックスサーバー環境)>>>

ここに書いてあると〜〜りにやったら、めちゃくちゃ簡単に終わっちゃいました。(「寝ログさん」尊敬です。)

これを読めば誰でも簡単にできます。

Googleアナリティクスとサーチコンソールの設定をしなおす必要あり

SSLの設定手順は、素晴らしいブログサイトのお陰で簡単に設定することができました。

でも、SSL設定をした後に、Googleアナリティクスとサーチコンソールを設定している人は、httpのURLの設定からhttpsに変更する必要があります。

そうしないと、正しくデータ計測ができなくなってしまいます。

ssl-set1

「管理」>「プロパティ管理」に移動し、「デフォルトのURL」を「http://」から「https://」に変更してください。

それと、サーチコンソールです。

GoogleアナリティクスのデフォルトURLを変更するとサーチコンソールのひもづけが切れてしまうので、サーチコンソールで設定をしなおす必要があります。

サーチコンソールに移動して、今までのプロパティに移動すると、新しいプロパティの作成を促されます。

そちらの設定をするとhttps://の新しいプロパティが作成され、今までのプロパティから移行されます。(前のデータは移行しません。移行したデータから改めてデータが蓄積されていきます。)

ssl-set2

まとめ

思っていたよりもスムーズに変更することができました。

ssl-set3

WordPressはプラグインがあって一括変換できるので、HTMLサイトよりもずっと簡単に移行できましたね。

気をつけたいのは、自分が貼っている外部リンクが1つでもhttpになっていると「鍵マーク」がついてくれないということです。

そのへんは注意が必要ですね。

ぜひまだの人はトライしてみてください。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. エックスサーバーでメールフォームをCGIツールから作成する方法
  2. エックスサーバーのMIME(マイム)タイプ設定って何に使うの?
  3. エックスサーバーでFTPアカウント設定をして特定のディレクトリだ…
  4. WordPressにGoogleアナリティクスとGoogleタグ…
  5. WordPressをサーバーにインストールするやり方
  6. WordPressのサイト内検索をGoogleアナリティクスでチ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

LPテンプレートColorful(カラフル)をおすすめする9つの理由

この記事では、LPを簡単に作ることができるLPテンプレートColorful(カラフル)がどんな人にお…

WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter でフォロー

PAGE TOP