WordPressプラグイン

WordPressにカレンダー形式のイベントページを作成できるプラグイン「The Events Calendar」

よくセミナーを開催する方や、イベントを開催する方はWordPressにイベント専用のページを作りたくなりますよね。

このプラグインを使えば、イベントという新しいカスタム投稿タイプでイベント専用の記事を投稿することができます。

ワンクリックでカレンダー表示に切り替えることもできるし、閲覧者がGoogleカレンダーを使っていればワンクリックでGoogleカレンダーにイベントを登録してもらうこともできます。

プラグインの特徴

  • カレンダー形式のイベントページを設置できる
  • Googleカレンダーにイベントを同期させることができる
  • macのiCal用のファイルをダウンロードさせることができる

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは下記のリンク先からもできますしWordPress内で「The Events Calendar」と検索してもダウンロードが可能です。現在のバージョンは「4.2.2」。

The Events Calendar
Developer: various
Price: Free

プラグインの使い方

管理画面の場所

「メインサイドメニュー」>「イベント」という欄が表示されます。

tec1

プラグインの設定

「イベント」>「新規追加」をクリックしてイベント専用のページを作成します。

tec2

一般の投稿ページとほとんど同じ表示ですが、画面の下の方に行くと「The Events Calender」という項目があります。そちらでイベントの情報を設定していきます。

tec3

表示は日本語なので特に迷うことはないと思いますのでイベント情報を入力して更新してください。

tec4

このようにイベントページが作成されました。

「Googleカレンダー」「ICALエクスポート」をクリックするとユーザーが自分のGoogleカレンダーやICALにイベント情報を登録することができます。

「イベント一覧」をクリックするとカレンダー形式でイベントを一覧することができます。

tec5

使ってみた感想のまとめ

非常に簡単にイベントページを作ることができるのでリアル店舗を経営している方やよくイベントを開催する人におすすめなプラグインです。

非常に簡単ですので使ってみてください。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. 記事編集ページでタグ切り替えの設定を追加できるプラグイン「Tab…
  2. 過去の投稿記事をカレンダー形式で表示できるWordPressプラ…
  3. WordPressのカテゴリのカスタマイズができるプラグイン「C…
  4. WordPressのアイキャッチサムネイル画像を一括でリサイズで…
  5. WordPressログインページのセキュリティ強化ができる「Si…
  6. 画像にホバーエフェクト効果を設定できるプラグイン「Ultimat…
  7. 簡易的な会員サイトを作るときに便利なサイト全体にパスワード設定で…
  8. さまざまなデバイス用のファビコン画像を自動生成してくれるWord…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter

Facebookページ

Googleブランドページ

PAGE TOP