Udemy(ユーデミー)講師の売上で毎月安定収入を稼ぐ方法【オンラインコース制作初心者・副業の方も大歓迎】



こんにちは、山田どうそんです。

僕は現在Udemyのオンラインコースで毎月2000ドル以上を安定して稼いでいます。

この月は2,367ドルだったので、日本円にして約26万円ほどでした。現在は毎月ほぼ何もしなくてもUdemyのオンラインコースからこのぐらいの収入が入ってきているので、ビジネスがとても楽になりました。ちなみに、Udemyの報酬は数ある報酬の中の一部でこの他にもStripeやPayPalなどからも安定して収入が入ってきています。

Udemyのオンラインコースでこれだけ安定した収益を作れるようになったことで、今では自宅で自由に仕事をしながら好きなことをして生活しています。

そんな僕が、これからUdemy講師として成功したいと思っているあなたにUdemy講師のメリットやどうやって結果を出せばいいのかについて解説していきます。

オンラインコース制作初心者の方や副業で始めたいと思っている方でもUdemy講師になれるように解説していますのでぜひ参考にしてください。

目次

YouTube

1.Udemy講師としての報酬

僕がUdemyに初めてコースを出したのは、2017年の12月です。無料のWordPressの使い方のコースを1つ出しました。テスト的に出したコースで、実際にどうなるかちょっと様子を見ていました。

そして、次の月に今度は有料のコースを1つ出しました。その時売り上がった金額が1ヶ月で74.50ドル。

たった1個のコースでこれだけの売上が上がったことに正直驚きました。でも、その時はすごいなと思いながらもそれほど力を入れておらず、毎月時間を見つけて1コースずつゆっくりと出していく程度にとどまっていました。気が向かない月は全くコースを作らない月もありました。

でも、2018年にUdemyの講師の報酬が30%から50%に引き上げられました。その時、本格的にUdemyのビジネスをスタートさせようと思ったんです。

そして、Udemyのオンラインコースを2018年の9月から本格的に作っていくことにしました。

その結果、2018年の10月には519ドル、そして2018年の11月には2081ドルに一気に収入が上がりました。

そこから、毎月安定的に2000ドル以上稼げるようになり、毎月の収入の柱の1つになっています。

2.Udemyのオンラインコースを始めるメリット

Udemyにはたくさんのメリットがあります。実際にやってみて思いましたが、今現在インターネットのビジネスでこれほど稼ぎやすいビジネスモデルはないと思います。

今の時代アフィリエイトで20万円の売上を出すのは至難の技です。でも、Udemyを活用すれば本気で3ヶ月も取り組めは、20万円は現実的な数字だということがわかりました。ここからさらに30万、40万、50万とコースを増やしていけば稼ぐことも可能です。では、Udemyのメリットを一つずつ見ていきましょう。

2−1.集客が不要でUdemyが勝手にコースを売ってくれるので不労所得化が可能

Udemyの何が一番すごいかというと、勝手に集客してくれて勝手にコースを販売してくれることです。あなたがやることは、オンラインコースを作ってUdemyに配信するだけ。

後は、決済もUdemy側が自動で行ってくれますし、コースを販売してくれるマーケティングも自動でやってくれます。

普通はオンラインコースを作ったら自分で集客して自分でセールスをしなくてはいけないのが当たり前ですよね。しかも、決済周りやセールスレターなどのシステムも本来は全て自分で用意する必要があります。

でも、Udemyはそれらのシステムを全て用意してくれています。講師のあなたがやるべきことはシンプルにたった1つでいいんです。オンラインコースを作ってUdemyにアップロードするだけ。たったこれだけです。

Udemyは現在3000万人以上ものユーザー登録数を誇り、日本でも前年比率で157%増加しています。これだけのユーザーがあなたのコースを検索して受講してくれるわけです。だから、オンラインコースが毎月安定して一定の売上を作れるんです。

2−2.自分の好きなことをオンラインコースとして配信できるので楽しい

あなたがこれからUdemyにオンラインコースを配信するに当たって、気をつけて欲しいのは、自分の好きなことをオンラインコースにして販売した方がいいということです。

釣りが好きな人、写真撮影が好きな人、ヨガが好きな人。色々な人がいると思いますが、ともかく自分にパッション(情熱)があることをオンラインコースにして配信してください。

なぜなら、自分の好きなことであれば、やり続けることができるからです。Udemyで成功するための一番のポイントは、この「やり続ける」ということにつきます。

ほとんどの人が成功できないのは、途中で諦めてしまうからです。Udemyの講師を見ていても、1コースや2コースで配信がストップしてしまっている人がたくさんいます。

それではもったいないですよね。きっと、思ったようにコースが売れずに挫折してしまったんだと思います。

でも、好きなことであれば、「売れる」「売れない」に関わらずやり続けることができます。最初の1コース2コースを作って大きな結果を得ようとするのはちょっと甘いと思います。そんなに簡単に成功できるなら苦労はしません。

最初からうまくいかなくても、何度もなんどもコースを作って配信していけば、どんどんオンラインコース作りが上手くなって、売れるコースが作れるようになります。

だから、まずあなたがオンラインコースのジャンルを選ぶときは、ぜひ自分の好きなことをコース制作の柱にしてください。

2−3.自分のスキルがものすごく向上する

自分の好きなことをオンラインコースにすることで、その分野のスキルがどんどん向上していきます。人は、インプットよりもアウトプットすることでスキルを習得していきます。

なので、オンラインコースを作っていると、自分でも驚くほどその分野のスキルが身についていくのが実感としてわかるようになってきます。

自分の好きな分野のスキルが向上することで、さらに高品質なオンラインコースを作れるようになります。そうなってくると、どんどんプラスのスパイラルに入っていき、さらに売上も上がるという好循環が生まれます。

自分の好きなことのスキルが上がるのはとても楽しいことです。僕はコンテンツマーケティングと動画を専門にしてコース配信していますが、この分野のスキルが驚くほど向上しました。

ぜひ、あなたもこの楽しさを味わって欲しいと思います。

2−4.受講生から日々感謝のメッセージが送られてくる

あなたは「自分だけ儲かればいいや」というビジネスと「人に感謝される」ビジネス。どちらのビジネスがしたいですか?

僕はUdemy講師になるまで、こんなに日々感謝のメッセージが送られてくるビジネスをしたことがありませんでした。

こんな風に、毎日のように★5つのレビューをもらい、メッセージをもらうことができています。

こうやって、自分の作ったオンラインコースに日々フィードバックをもらうことで、さらにやる気が出ますし、何より自分のオンラインコースでこれだけの人たちの人生にプラスの影響を与えているんだという喜びが僕の生活をより素晴らしいものにしてくれているのは間違いありません。

ここまで人に感謝されるようなインターネットのビジネスは他にはないのではないでしょうか?

アフィリエイトや転売をしていても、誰からも感謝されません。

別に、感謝されたくてやっているわけではありませんが、少なからず、自分のやっていることが、社会貢献の一つに慣れているという事実は嬉しいことです。

2−5.トーク力がどんどん身についていく

オンラインコースは、基本的にスクリーンキャスト形式でパソコンの画面を撮影しながら動画で解説していくものです。トークをしてコンテンツを作成していきます。

毎日のようにUdemyのオンラインコースを作っていたら、以前よりもはるかにトーク力が上達しました。決してうまいとは言えないかもしれませんが、以前の僕に比べたらはるかに成長しています。

初めて、僕が動画作成をしたとき、何を話していいかわからず、めちゃくちゃ気持ち悪い感じになっていました。

でも、あれから何度も繰り返しオンラインコースを作成するようになり、いつの間にか口が先に動いて自分の思っていることをある程度明確に伝えることができるようになりました。

オンラインコースはトーク力がある人しか作れないと思っている方がいるかもしれませんが、そんなことはありません。もともと僕も全然ダメでした。何度も繰り返し撮影することで上達していったんです。

だから、ぜひ、あなたも何度もオンラインコースを作成して、トーク力を磨いてください。必ず1回目よりも2回目。2回目よりも3回目と、上達していくのがわかると思います。

ビジネスで重要なアウトプットスキルは、「書く」か「話す」の2つしかありません。そのうちの一つである、「話す」スキルを上達させることができれば、あなたのビジネスの幅を確実に広げることができるようになります。

しかも、一生もののスキルです。僕にとってこのスキルが上達したことはとてもありがたいことでした。

2−6.動画編集スキルが向上する

これからは動画ビジネスの時代です。5Gという通信規格が2019年から一般化されることで、スマホのネット速度が1000倍以上になると言われています。そうなると、これまで動画を見るときわざわざWi-Fiに繋がなくてはならなかったのが、そのままの通信回線で快適に閲覧できるようになります。

そうなると、スマホ片手に、電車の中で映画や動画を見る人が今以上に増えることになります。そんな時代がもうすぐ目の間に迫ってきているときに、動画編集スキルがある人とない人ではビジネスの成功確率に大きな差が生まれてくることが予想できます。

動画編集のスキルがあれば、クラウドワークスなどで動画編集を請け負って稼ぐこともできますし、YouTubeのコンテンツを作って、広告ビジネスで稼ぐこともできるようになります。

動画編集ができるだけで、人から仕事の依頼が増えることでしょう。そんなスキルを身に付けることができれば、より稼ぎやすくなることは言わずもがなです。

2−7.Udemyで高いレビューと多くの受講生を得ることができればブランド価値を持つことができる

ビジネスで一番大事なのは「集客」だ。というのを聞いたことはありませんか?

集客は、最もお金がかかるし新規のお客さんを獲得する上でとても重要なことに変わりはありません。

しかし、これからの時代は「集客」の前に「認知」という工程を挟む必要があります。まず、知ってもらっているかどうかが大事だということです。

これをもっとわかりやすく言い換えると「ブランド」があるかどうかとも言えます。

これまで、個人がブランド価値を作るには10万部のベストセラー作家になるとか、早稲田大学卒業してるとか、MBAを持っているとか、一部の人しか自分のブランド価値を提示することができませんでした。

そのほかにも、弁護士資格があるとか、公認会計士の資格があるとか難問資格を取得していないと自分のブランドを一発で人に伝えるのが難しかったんです。

でも、Udemyで高いレビューと多くの受講生を抱えることができるようになれば、特別な学歴や難問資格を持っていなくても、一発で自分のブランド価値を示せるようになります。

Udemyは第三者のコンテンツマーケットプレイスのプラットフォームです。誰が見ても偽ることができないサービス上で結果を出しているというのは、大きな信頼に繋がります。

ブランド価値というのは、「1億円稼いでいます」とか「タワーマンションに住んでいます」とか「メルマガリスト10万リストあります」とかそういうものではありません。これをブランド価値だと勘違いしている人をいまだにFacebook上でよく見かけますが、こんなものはブランドではないんです。

なぜなら、いくらでも偽れるからです。実際にそういう人たちを見てきたので知っています。

  • 「1億円稼いでいます」と札束を動画で撮影して自分が1億稼いでいる金持ちのように見せて、実は本当の金持ちから撮影のためだけに1億円借りてきてすぐに返しているような、情報弱者を偽っているヤカラ。
  • 「タワーマンションに住んでいます」と言って、知り合いのタワーマンションを借りて撮影し、自分が住んでいるように偽っているヤツ。
  • 「メルマガ10万リストあります」と言って、お金を出してリストを購入して(スパム行為です)無理やりメルマガスタンドに突っ込んで自分のハウスリストがたくさんあるように演出しているヒト。

信じられないかもしれませんが、本当にこういう人たちがいます。事実です。

こういう、偽れるような証拠はブランド価値を持っていません。

ブランド価値というのは、偽ることができないプラットフォームで実績を出している人です。それこそ、Udemyの受講生の数。他には、YouTubeのチャンネル登録者数。インスタグラムのフォロワー数。ツイッターのフォロワー数。ブログのアクセス数(誰でも外部から調べることができます。)

こういう誰が見てもわかるような結果を持っている人はブランド価値を持つことができます。

僕は現在Udemyで33コースを出し、レビューを520個もらい、受講生が3348人います。まだまだだとは思いますが、これは偽りようのない事実として、提示できる僕のブランド価値です。

合計コース登録数は6950人で平均レビューは★4.23/5.00です。

第三者が客観的に評価している結果です。このような、誰が見ても信頼に値するような実績を残すことができれば、それはブランド価値として人に信頼してもらうことができる要素の一つになります。

広告を出して「集客」をする。確かにこれは重要なことですが、その前にブランド価値を提示できる要素を持っておかないと、もう普通に広告を出しても誰も信じてくれません。

だから、ビジネスをする上で自分のブランド価値を高めるためにもUdemyにオンラインコースを出して実績を作っていくことはとても重要なことなんです。

3.Udemyは儲かる

ハッキリ言います。Udemyは儲かります。もし、Udemyは儲からないということを言っている講師がいるのであれば、その人は売れるオンラインコースの作り方を知らないだけです。

Udemyのベストセラーコースを作れれば1コースだけで10万円近い売り上げになる場合もあります。しかも、毎月安定して売り上げが上がるんです。何もしなくてもです。

これが、どれだけすごいことかわかりますか?最初に売れるオンラインコースを作れれば、あとは自動でオンラインコースがあなたの代わりに働いて毎月給料を運んでくれるようなものです。

だから、Udemyは儲からないとか稼げないとか言っている人の話を鵜呑みにしないでください。稼げないのは、その人が売れるオンラインコースの作り方を知らないからです。

売れるオンラインコースの作り方を学べばちゃんとUdemyで儲けることができます。

ちなみに、僕は「Udemyでオンラインコースを販売する方法」という8日間の無料Eメールコースを提供しています。もし、Udemy講師になって、ベストセラーになるオンラインコースを受講したい方は無料なので受講してみてください。

3−1.Udemyで稼ぐために押さえておくべきポイント

Udemyで稼げるようになるためにこれだけは絶対に押さえてほしいというポイントがいくつかあります。このポイントを外すと、まず持って稼ぐことは不可能です。

3−1−1.質の高いコースを作る

あなたが今現在作れる最高のオンラインコースを配信して高品質なコースを作ることがとても重要です。「質が高い」というのは抽象的なのでわかりずらいと思いますので、どのようなコースが質が高いかどうかは実際にベストセラーになっているUdemyコースを購入してリサーチしてみてください。

音声、話し方、構図、アウトライン、コンテンツ内容、売れているコースには他とは違う特徴があります。

まずは、「売れるコースの基準」を知ることが大事です。Udemyはキャンペーン中に購入すれば1200円〜1400円で購入できます。

こんな価格では本来学ぶことができないような高品質なコースがたくさんあります。

質の高いコースを作成する上で重要なのは、売れるジャンル選定と適切なアウトラインの構成です。

「初めてユーデミーコースを作る人のコースジャンルの決め方とアウトラインの作り方」で詳しく解説していますので、確認してみてください。

3−1−2.関連ジャンルのコースを複数作る

コースを複数作っていくときに、バラバラのジャンルのコースを作ると相乗効果が生まれにくくなります。例えば、料理のコースを1つ作って、もう一つは、Excelの使い方のコースを作ったとします。この2つは全く関連性がありません。なので、料理のコースを買った人がExcelのコースを買うことはほとんどないんです。

例えば、料理のコースを1つ作ったら、料理を撮影するための一眼レフカメラの使い方というコースでしたらどうでしょうか?自分の作った料理をカメラで撮影したいという人はもう一つのコースを購入してくれる可能性が高くなりますよね。

このように、複数のコースに関連性を持たせることで、一人の人が複数コースを購入してくれる可能性が高くなります。そうすることで、売上アップに繋げることができるんです。

3−1−3.ベストセラーコースになるまでやり続ける

ベストセラーコースというのは、1個ポツンと出してなるようなものではありません。実は、僕の一番売れている「オウンドメディア構築プログラム」というベストセラーコースははじめは全く売れていませんでした。

しかし、複数のコースを出すことで、「オウンドメディア構築プログラム」を購入してくれる人も徐々に増えていき、少しずつコースに高いレビューがつくようになりました。そして、だんだん雪だるまが転がって大きくなるように売り上げが上がっていったんです。

だから、ほんのちょっとコースを出しただけで売れないと諦めないでください。本当にコースが爆発的に売れ始めるのは、高いレビューがたくさんつくようになってきてからです。それまでは諦めず、やり続けることが大事です。

4.Udemy講師の初心者が気をつけるべきこと

これからUdemyで稼いでいきたいと思っている人が絶対に気をつけるべきポイントがいくつかあります。この4つを軽視すると多大な労力と大きな時間のロスをしますので、この4つは絶対に意識してコースを作成してください。

4−1.撮影環境と音の品質

Udemyのオンラインコースを作る上で一番大事なのは、コースの内容以上に「音」の品質です。なぜなら、音が悪いとUdemyから作り直すように言われて、コースを出すこと自体ができないからです。

まず最初に気をつけたいのは、撮影環境です。エアコンの音、冷蔵庫の音、加湿器の音など普段生活していたらあまり気にならない音でも、マイクで録音するととてもうるさく聞こえてきます。なので、全ての機械の音を止めて、静かな場所で撮影する必要があります。

もし、自宅でそのような環境を作れない場合は、時間貸しの有料会議室をレンタルして撮影するしかありません。

そして、もう一つ大事なのはマイクです。間違ってもパソコンの内蔵マイクで撮影はしないでください。120%の確率でUdemyから撮影し直すように指示が入ります。

あと、Amazonの安いベストセラーマイクも買わないでください。

僕は、以前このマイクが安いのとベストセラーになっているという理由で購入してこのマイクでUdemyコースを作成しました。そしたら、ホワイトノイズが入ってしまって全く使い物になりませんでした。

Amazonで「マイク」と検索するとこのような安いマイクが出てきますが、このマイクではUdemyのオンラインコースは作れないので間違ってもこのマイクは買わないでください。

僕がオススメするのはBlue Snowballです。

このマイクは価格は9000円ほどですが、非常に高品質な音で音声を録音できます。ホワイトノイズも入りませんし、ものすごく聴きやすい音質で録音できます。軽いですし、持ち運びもできて本当にオススメなマイクです。

音声録音に関してさらに詳しく知りたい方は「ユーデミーコース制作で質の高い音声で録音する方法」を参考にしてください。

4−2.Udemy初心者はスライドを使ってスクリーンキャスト形式で撮影するのがオススメ

Udemyのオンラインコースの作り方は大きく2種類あります。パソコンの画面を録画して動画コンテンツにするスクリーンキャスト形式。

もう一つは、顔出しして撮影するライブ配信形式です。

どちらの形式でオンライコースを作成してもいいのですが、初心者はスクリーンキャスト形式で撮影することをオススメします。

顔出し不要なので、見た目を気にせず素早く撮影することができます。他にもスライド形式で撮影するので話しやすいです。顔出しだと話す内容をある程度覚えて話さないといけないので難易度が上がります。

スクリーンキャスト形式は高品質な音声を取るのにBlue Snowballで十分可能ですが、顔出しのライブ配信形式ですとラベリアマイクを使わないといい音が取れない場合があります。

なので、まずはスクリーンキャスト形式で撮影してどんどんオンライコースを作ることに慣れていってください。慣れてきたら、ライブ配信形式にもトライしてみてください。

4−2−1.オススメなスクリーンキャスト撮影ツール

Windows10の方にオススメなスクリーンキャストツールはCamtasia(カムタジア)です。

正直、これ以外のツールはオススメできません。僕はWindowsとMacの両方持っていて、Windowsの安いスクリーンキャストツールを使ったことがありますが、とても操作が面倒で苦労しました。Camtasia(カムタジア)を使えばスピーディに撮影から編集までを一括で行うことができるので、作業効率もよくオンラインコースを作成することができるます。

Macの方にオススメなスクリーンキャストツールはScreenFlow(スクリーンフロー)です。

MacにもCamtasia(カムタジア)はありますが、MacはScreenFlow(スクリーンフロー)が使えるのでこちらの方がオススメです。アメリカのコンテンツマーケッターはみんなこちらのツールを使っています。

安定感がよく、操作性も軽くてとても使いやすいです。

どちらも有料ですが、本格的にUdemy講師になって稼げるようになりたいのであれば必要な投資です。

4−2−2.オススメなスライドツール

スライドツールは何でもいいのですが、一番オススメなのはGoogleスライドです。無料で使えますし、クラウド上でも使えるので、場所やOSを選ばずに使うことができます。

もちろん、パワーポイントやキーノートを普段使っている人はそちらでスライド素材を作ってもらっても問題ありません。

4−3.撮影データの扱いと書き出し方法

スクリーンキャスト形式で撮影して動画データとして保存します。

書き出すときに、必ず撮影したファイルに番号とコースの名前をそのまま入力してデータを管理してください。このようにしておくことで、Udemyにコースを配信するときにかなりスピーディにアップロードすることができます。

そして、書き出すデータは.mp4形式で1920 x 1080の画像サイズで書き出してください。これがUdemyで推奨されているデータ形式になります。

あと、動画ファイルはとても容量が大きくなります。パソコンそのものに保存するよりも外付けのHDDを購入してデータ管理した方がパソコン自体への負荷が少なく済みます。

4−4.聴きやすい話し方

動画撮影するときにスクリプト(台本)を用意して撮影する方法と、用意しないで撮影する方法の2種類があります。

それぞれ、一長一短があります。

スクリプトを用意すると撮影中に噛んだり、取り直しする回数が減るのでとても高いクオリティのオンラインコースを作成することができます。ただ、どうしても読みながら撮影しているので機械的な話し方になりがちでパーソナリティが出にくくなります。

逆にスクリプトを用意しない場合は、即興で話すので、噛んだり編集する箇所が増えてしまいますが、スクリプトを用意する手間が無くなりますし、パーソナリティが出て話が得意な人にとってはメリットも多いです。

実際にスクリプトを作ったバージョンと、ないバージョンで撮影してみて自分に向いている方を選択するといいと思います。どちらもメリットデメリットがありますので、どちらがいいということは一概には言えません。

ただ、初心者はスクリプトがある方が撮影しやすいかもしれません。あなたが好きな方を選んでやってみてください。

5.Udemyを副業としてスタートさせる方法

Udemyは働きがら稼ぐ方法として最も最適だと思っています。なぜなら、ストック型のビジネスモデルだからです。コース数が増えれば増えるほど収入が上がっていきますから、副業でスタートし、時間をかけて収入を上げていって、今の会社と同じぐらいの収入になったら、Udemy一本にすることも可能だからです。

5−1.一番の問題は時間の確保

副業でビジネスを選ぶ上で一番大事なのはそのビジネスをできる時間を確保できるかどうかです。フルタイムで働きながら空き時間でやるわけですから、時間の確保が最も課題になります。

Udemyのコースを作っていくには2時間以上のまとまった時間がどうしても必要になります。細切れで作業をするのにはあまり向いていません。時間を作って、ガッと一気にコースを作っていく時間がどうしても必要になります。

僕の提案の一つは、平日の夜寝る前の2時間を毎日Udemyコースの作成にあてるというやり方です。そして休みの日はもう少し多めにコースを作る時間を取ります。

Udemyのオンラインコースを1個作るのに必要な時間はコースの中身にもよりますし、作成する人の力量にもよりますから一概にどのぐらいというのは言えません。

ただ、一つの参考例として僕のクライアントのかたがどのぐらいでオンラインコースを作っているかをご紹介しますので自分に当てはめて参考にしてください。

僕のクライアントで斎藤みなさんという38歳二児の母がいます。このかたは、現在専業主婦ですが、お子さんが小さいので、自分が作業できる時間は、毎日多くても3〜4時間ほどです。

このかたは、もともとタイピングもほとんどできないほど、パソコンが苦手でせいぜいネットサーフィンができる程度でした。しかし、このかたが初めてUdemyのオンラインコースを作ったとき、スライドの作成からコースの録画、書き出し、そしてUdemyへの配信まで全て行って二週間で完成させました。

平均2〜3時間ぐらい、空き時間でコツコツやったらこのぐらいで1コース作れたと言っていました。

ちなみに、これは初めて作ったときのケースです。今ではコース作成に慣れて、この半分ぐらいの時間で1コース作成しています。

どうでしょうか?仕事をしている人でも一週間に1コースは出せそうですよね。こうやって、コツコツとコースを作っていけば、どんどん収入が上がってきます。

副業としても最適だと思いませんか?

5−2.長期スパンで結果を出す計画を立てる

Udemyにちょっとコースを出したからといって、すぐに思ったような結果が出るとは思わないでください。2〜3ヶ月程度ちょっとやったぐらいでうまくいかないからと辞めてしまわないでください。

大事なのは長期で計画を立てて、一歩ずつ小さな階段を登っていくことです。

ビジネスで結果を出すために一番大事なのはこのコツコツ毎日小さな一歩を積み上げていくことです。

たまに、ビジネスで「あっという間に数百万稼いだ」なんていう話を聞くことがあると思いますが、あんなものは一時的なもので長続きしません。そんなやり方で稼いだお金はあっという間に使ってなくなってしまいます。

そうではなく、大事なのは、日々お金を生み出す仕組みをコツコツと積み上げて作っていくことです。その仕組みそのものがあなたの金の卵を産むニワトリになってくれて、永続的にあなたに安定した収入をもたらしてくれるんです。

だから、焦ってあまりに短期間で結果を出そうとせずに、1年単位で長期スパンで計画を立てて1コース1コースしっかりとしたコースを作っていってください。

ある時から、その1コースずつが雪だるまの束のようになって、あなたに大きな収益をもたらしてくれるようになります。そうなった時、初めて会社を辞められるほどの大きな収入になっていくんです。

5−3.副業で成功するポイントはストック型のビジネス

副業などで転売やせどりを選ぶ人がいますが、僕はこのような労働集約型の副業は反対です。そもそも時間がないのに、さらに帰ってきてから労働収入で稼ぐなんてただのアルバイトと変わりません。まだ、コンビニでアルバイトしている方が確実に稼げると思います。

副業は時間がない中で始めるものですから、毎日のコツコツした作業がストックされて積み上がっていかないと、いつまでたっても副業の枠を超えることはできません。

転売やせどりは現金は入るかもしれませんが、何もストックされませんので、収入を増やすには寝る時間を減らして働く他にありません。

でも、Udemyでオンラインコースを作成していけば、どんどんコースがストックされていって、数が増えれば増えるほど収入が上がっていき、働く時間がどんどん減っていきます。

じゃあアフィリエイトはどうなんだろう?と思う方もいるかもしれません。アフィリエイトはサイトアフィリエイトが一般的ですから、確かにストック型のビジネスモデルだと言えます。

しかし、アフィリエイトは、これから稼ぐのがどんどん難しくなってきます。理由はいくつもありますが、まず一番の大きな理由としては、一部上場企業がアフィリエイト事業に本格的に参入してきているということです。

アフィリエイトはGoogle検索結果の上位10位以内を勝ち取るための椅子取りゲームです。資金が豊富な上場企業が毎日100記事単位で高品質な記事を配信してアフィリエイト事業を行っている時代です。

そんな時代に、個人がちょこちょこ記事を書いて勝てると思いますか?

しかも、アフィリエイトは売れたからといって100%承認されるわけではありません。商材にもよりますが、80%承認されればいい方です。

メーカーの都合で非承認なんてザラです。一時期、美容系のアフィリエイト広告担当をやっていた時期があり、アフィリエイトの承認などの管理をやっていたからわかります。渋谷に事務所があるA8ネットやAFBなどの会社に行って、担当者とやり取りをしていました。

アフィリエイトがいかに難しいビジネスか裏側から見てみてよくわかりました。アフィリエイトはもう個人レベルでやるようなビジネスモデルではなく、企業単位で行うビジネスモデルです。個人がアフィリエイトに参入して月に20万円以上稼ぐなんて至難の技です。

よほど文才があるか、何か特別な能力がないと稼ぐなんてほぼ不可能です。

もっと、専門的な話をすると、以前はリンクSEOという技を使って自分で被リンクを作ってメインサイトにリンクを貼れば、自分のサイトを上位にあげることができました。このようなことができた時期は、個人でも頑張れば、検索上位に上がってアフィリエイトで稼ぐことができた時代もあります。

でも今は、リンクSEOはGoogleがチェックしていて、自作自演の被リンクを行っていると、ペナルティを与えられてサイトが飛ばされてしまいます。

だから、今はこういう裏技で稼ぐことができないんです。今の時代は、しっかりと価値ある記事を作っている人しか検索上位に上げることができません。

なので、副業レベルでやるにはアフィリエイト事業は難しすぎるんです。

でも、Udemyのオンラインコースはまだまだチャンスが大きいビジネスです。はっきり言って、ライバルがとても少ないんです。まだまだ提供されていないコースジャンルが山ほどあります。

Udemyは2015年から日本でスタートしてすでに3年以上経っていますが、まだまだチャンスが大きいんです。

5−4.顔出し不要でニックネームでも大丈夫

Udemyは顔出しせずにスクリーンキャスト形式でオンラインコースを作ることができますので副業に向いています。しかも、本名を公開する必要もなくニックネームでも始めることができます。

しかも、報酬はPayPal(ペイパル)で自動で振り込まれますから、銀行口座などを入力する必要もありません。

副業をやる人の心配の一つは、会社にバレたくないことだと思います。Udemyのオンラインコースはそのような人にはうってつけなんです。

良質なオンラインコースさえ作れていれば、そのコンテンツの質の高さで評価されるのでちゃんといいレビューも付きますし、売れるコースを作ることができます。

実際、僕はコースの中ではほとんど顔出ししていませんが、それでも、ちゃんとベストセラーコースが幾つかできています。

5−5.税金の問題はどうするのか?

副業をやる人のもう一つの心配は、税金の問題ですよね。でも、これも安心してください。

例えば、アルバイトやパートの場合は年間20万円以上の収入になると確定申告をしなくてはなりません。これを怠ると脱税になります。逆にしっかりと申請してしまうと会社にバレてしまいます。

最近は副業がOKな会社も増えていますが、それでもまだ副業できない会社も多いと思います。そういう人はアルバイトやパートで収入を得てしまうと、会社にバレてしまうんです。

でも、副業がクラウドソーシングや内職などの事業を行っている場合はどうでしょうか?

この記事を見てください。次のように書いています。

本業がサラリーマンでその給料以外の副業がアルバイト・パート以外、例えばクラウドソーシングや内職の場合などは、副業の所得が20万円以下であれば確定申告する必要はありません。

ここで注意しないといけないのが「所得が20万円以下」です。アルバイトやパートの場合のように収入ではありません。

所得とは「売上 – 経費」のことです。例えば売上が100万円あったとしても経費に85万円かかっていれば、所得は差し引き15万円になるので、確定申告不要です。

引用元:freee

つまり、Udemyで収入があっても、経費で落とせば、確定申告が不要だといことです。仮にUdemyで毎月5万円稼げるようになり、年間60万円だったとしても、45万円を経費として計上すれば、確定申告する必要がないということです。

だから、普段食事したら領収書をもらったり、洋服を買ったら領収書をもらったりして45万円を経費計上できれば、確定申告は不要なんです。

最初からUdemyで大きな収入を得ることは難しいでしょうから最初はこのように少ない金額しか稼げないでしょう。でも、少ないと言っても、20万円以上を所得として上げてしまうと、確定申告する必要があり、会社にバレてしまいます。

なので、Udemyである程度まとまった収入になるまでは、全て経費計上して、所得額を減らすことで、副業として安心してビジネスを行っていくことができるんです。

もし、Udemyで毎月30万円とか稼げるようになっていれば、あとは、会社をやめるという選択肢も出てきますよね。確定申告は年に1回ですから、その時に、30万円稼げていれば、もう確定申告でバレることを恐る必要はなくなるわけです。

5−6.仮に副業が会社にバレてもビジネスモデルがクリーンなので心配無用です

それでも心配性な方は、もしかしたら「それでもバレたらどうしよう…」と思っているかもしれません。かなり確率は低いですが、あなたの会社の同僚が、Udemyを受講していて、あなたの声を聞いて、誰なのかを特定してしまう可能性です。確かに0ではありません。かなり確率は低いですが、多少は心配になるかもしれませんね。

でも、安心してください。もし、仮にバレたとしてもUdemyはとてもクリーンなビジネスモデルなので大丈夫だと思います。(個人的な意見ですよ。)

例えば、アフィリエイトなどは、いまだに社会的に胡散臭いビジネスモデルだと思われている節があります。なのでアフィリエイトを副業でやっている人は、自分の顔や名前を出してサイトを作っていませんよね。アフィリエイトの場合、記事を書いて商品を紹介するだけなので、バレずにビジネスができるという理由で副業としてスタートさせようと思う人が多いのだと思います。

もし、アフィリエイトをやっていることが会社にバレたらどうでしょうか?おそらくイメージが悪いと思います。もしかしたら、やめなくてはならないかもしれません。

でも、Udemyは違います。Photoshopの使い方やカメラの使い方など、人に価値ある教育をして、その受講料でお金を稼ぐビジネスモデルです。しかも、コースの中身が素晴らしいと人から日々感謝されます。

アフィリエイトで商品を売って感謝されるということはありませんが、Udemyは毎日のように人から感謝されるんです。

こんなクリーンなビジネスモデルが他にあるでしょうか?

だから、仮に会社にバレたとしても、なんの心配もありません。自信を持って、あなたが受講生からもらっている素晴らしいレビュー見せて、いかに価値のあることをしているか伝えればいいんです。

それで、やめろとかいう会社は逆にどうかしてます。問題があるので会社をやめたほうがいいでしょうね。

6.Udemy講師で成功して今の会社をやめる方法

Udemy講師として成功して今勤めている会社をやめたい人は次の3つを意識して取り組んでください。

6−1.諦めずにやり続けること

これは、何度も言っている事なのでもうわかっていると思いますが、ともかく結果を出せない人の特徴はすぐに諦める事です。諦めたら本当に終わりです。もうどうにもなりません。

そのためのコツは、楽しんでUdemyコースを作る事です。そして、自分の成長を楽しんでください。そうする事で、結果が出るまでやり続けることができますので。

6−2.結果が出ることを信じること

頑張っても頑張ってもなかなか結果が出ない時期があるかもしれません。それでも、自分にはできる。結果を出せると信じてください。

自分で自分を信じられなくなったら終わりです。正直、うまくいかない時期もあります。スランプに陥る時もありますよ。

でも、大丈夫です。必ずその時期を乗り越えて、結果が出る時期がきますので。ともかくそれを信じてください。

6−3.本業以上の高いモチベーションで取り組むことが大事

副業というと、サブ的なイメージが強いですが、そんなマインドで仕事をしていてはいつまでたっても結果は出ません。

副業でも、本業以上の意識とモチベーションで取り組むことで結果を出すことができるようになります。

だから、決して手を抜かず、本気で取り組みましょう。本気でやっていることが一番楽しいものです。だから、まずは楽しむためにも、本気で取り組んでほしいと思います。

まとめ

Udemy講師になるためのノウハウをガッツリとお伝えしました。

どうでしたか?自分でもできそうじゃないですか?トライしてみたくありませんか?

もし、少しでもそう思ったのであれば、最初の一歩を踏み出してください。

最初からうまくできる人はいません。まずは、1コース作ってみることです。

きっと、あなたの人生を変えるきっかけになるビジネスだと確信しています。

それでは。

コンテンツ・サブスクリプションで守る力を身につける

安定した収益を作ることができるコンテンツ・サブスクリプションのビジネスモデルを作って大切なものを守れる力を身につけませんか?

YouTubeのチャンネル登録をする>>>

ブログ更新通知を受け取りたい方はこちら



ABOUT US

Udemy受講生1万人以上のベストセラー講師。会員制サイト【YDO】山田どうそんオンラインスクールを運営。コンテンツ・サブスクリプションで安定したビジネスモデルを作る方法を教えている。安定した売り上げと時間の自由を同時に作り出せる仕組み構築が最も重要だと思っている。