Googleアナリティクスの設定

Googleアナリティクスのビューを効果的に活用して解析の幅を広げる

view-0

ビューは初期設定で利用している人が多いと思いますが、自分のトラフィックを除外したビューを作成したり、特定の情報だけを取得するためのビューを作成したりすると更に効果的な分析が可能になります。そのやり方について解説します。

ビューをコピーして新しいビューに設定を引き継ぐ

ビューは「どのような解析をしたいか?」を設定するための単位です。

ある程度Googleアナリティクスの運用に慣れてきたら、より細かな設定をして違う視点からサイト状況を見ることでまた違った見え方ができるようになってきます。

ただ、ビューにはたくさんの設定項目があり、新しいビューを作成するにも、大枠は既存のビューと同じにしたいということもあると思います。

そういう場合は、ビューをコピーするのが一番です。

ビューをコピーした場合引き継がれる設定は次のとおりです。

引き継がれる項目

  • ビュー設定
  • 目標
  • フィルタ
  • ユーザー管理
  • eコマース設定

引き継がれない項目

  • コンテンツグループ
  • チャネル設定

「アナリティクス設定」>「ビュー」>「ビュー設定」>「ビューのコピー」をクリックして、ビューの名前を入力することで、ビューをコピーできます。

デバイスごとにサイトの利用状況を確認する設定

最近は、PC、スマホ、タブレットなどのようにさまざまなデバイスからサイトを見られるようになりました。

サイトの改善もユーザーのデバイス環境ごとに実施していくことが大切になります。

そのために、デバイスごとのビューを持つことでそれらのデータをより詳しく計測することができます。

次のような5つのビューを設定すると良いでしょう。

デバイスでフィルタしないビュー

社内や関係者からのアクセスを除いて、目標などを設定した基本ビュー。

パソコンのみのビュー

ビューに対するフィルタで「デバイスのカテゴリ」が「パソコン」に一致するビュー。

スマホのみのビュー

ビューに対するフィルタで「デバイスのカテゴリ」が「モバイル」に一致するビュー。

タブレットのみのビュー

ビューに対するフィルタで「デバイスのカテゴリ」が「タブレット」に一致するビュー。

フィルタ無適用

何もフィルタを適用していないビュー

ビューを作る手順

それでは、実際にこれらのビューを作る手順を見ていきましょう。

「アナリティクス設定」>「ビュー」>「フィルタ」に進んでください。

「新しいフィルタ」をクリックし、「ビューにフィルタを適用する方法」を「新しいフィルタ」にチェックを入れます。

「フィルタ名」を「スマホのみ」などフィルタをかけたいデバイス名を入力します。

では、「フィルタの種類」で「カスタム」をクリックしましょう。

次に、「フィールドの選択」で「デバイス」と入力して、「デバイスのカテゴリ」を選択します。

その下に出てくる「1つ選択してください」を「モバイル」にします。

view-1

これでスマホデバイスのみのビューが作られました。

この場合、デバイスでフィルタしないビューは必ず残しておいてください。

元のビューがないと、全体の数字が見れなくなってしまうからです。

必ずコピーしてこれらのビューを作成しましょう。

フィルタが全くかかっていないビューを残しておく

Googleアナリティクスをはじめて設定した時のビューは何も設定がされていません。

その後に、多くの人が、内部トラフィックを除外するフィルタをかけます。

しかし、このフィルタはなるべくコピーしたビューに設定した方がいいです。

例えば、社員がどのぐらい自社サイトを閲覧してるのかということが知りたかった場合、元のビューがあると、概算でデータを計算できますが、その元データのビューがないと、全くわからなくなってしまうからです。

ですので、無傷のまっさらなビューを一つ残しておいて、ビューをコピーし、そこにフィルタをかけたりいろいろな設定をしていくのがおすすめです。

新しいビューの作成は、「アナリティクス設定」>「ビュー」>「ビューの名前」をクリックして下の方に「新しいビューを作成」というのがあります。

最大25個までビューを設定できます。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう



関連記事

  1. channel-g0 Googleアナリティクスのチャネルグループを設定して流入元のラ…
  2. ga-japan Googleアナリティクスに日本の検索エンジンを追加してキーワー…
  3. cd-0 Googleタグマネージャでカスタムディメンションとカスタム指標…
  4. ga-setting-place グーグルアナリティクス設置場所
  5. ga-top-no Googleアナリティクスの計測でトップページがわかれないように…
  6. InterestCategory0 Googleアナリティクスのユーザー属性とインタレストカテゴリを…
  7. converjon Googleアナリティクスでコンバージョンの設定をする
  8. cg-0 Googleアナリティクスのコンテンツグループを設定して情報を分…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

colorful0 LPテンプレートColorful(カラフル)をおすすめする9つの理由

この記事では、LPを簡単に作ることができるLPテンプレートColorful(カラフル)がどんな人にお…

gtmwp0 WordPressにGoogleタグマネージャーを設定できる「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」

WordPressにタグマネージャーを設定できるプラグインってないのかな〜と思っていたらありました。…

push-auto WordPressからプッシュ通知を自動で配信できる公式プラグイン「Push7」

Push7の購読者にWordPressを更新すると同時に自動通知できるプラグインが「Push7」です…

cta WordPressでメルマガ登録を促せるCTAプラグイン「WordPress Call To Action Plugin」

ブログを読み終わった後に「Ebookを無料でプレゼント」というボックスを見たことがある人は多いですよ…

pc-weak-like パソコンが苦手な人がパソコンを好きになるための5ステップ

「パソコンの前に座るのが苦痛だな〜。パソコンってすごく難しいからいやだな〜。」と思っているそこのあな…

プッシュ通知を購読

Twitter でフォロー

PAGE TOP